AccountabilityとResponsibility

『プレジデント』2005.11.14号の特集は「会議の技術」。その中で興味深い記事があった。

アカウンタビリティーとリスポンシビリティー(Accountability and Responsibility)の区別について(p.41)

「アカウンタビリティー」とは、組織の中で、各部門の担当者が自分の職務を遂行することを指す。さらに、担当者の職務遂行を全員が合意していることも指す。

「リスポンシビリティー」とは、組織の中で、各部門の担当者が、プロジェクトの目標に対して、それぞれ100%の責任を共有することを指す。

例えば、「3年間でオンライン教材の売り上げを○○伸ばす」という目標に向けて、6人のメンバーがそれぞれに担当を決めてプロジェクトに取り組むとする。Aさんは「コンテンツ開発」、Bさんは「デザイン」、Cさんは「広告」、Dさんは「セールス」、Eさんは「カスタマーサービス」、Fさんは「資金」担当とする。

「アカウンタビリティー」だけの合意だと、AさんがBさんに対して「そんなデザインじゃ中身が生きない!」とケチをつけたり、DさんがCさんに対して、「もっといい広告を用意しろ!」という発言をしたりすることになる。つまり、プロジェクトの目標の6分の1だけが遂行されるだけで、全体として前に進むことはない。

一方、「リスポンシビリティ」の合意があると、各自が100%の責任を自覚しているので、「なぜ自分たちはDさんにミスをさせてしまったんだろう」とか、「Aさんのコンテンツ開発に向けて自分たちに何かできることはないだろうか」とかいう議論になる。つまり、全員が一体となってプロジェクトの目標に向けて進むことができる。

メンバーの間で、この「リスポンシビリティー」の合意ができていれば、会議で意見が出ないなんてことはないはずだし、少なくとも、問題解決のための体制はできている、ということである。

この「アカウンタビリティーとリスポンシビリティー」の定義は、チリの哲学者(天才哲学者と言われているらしい)のフェルナンデス・トローレスという人が提唱したのだそうで、ハイデガーのオントロジー(ontology: 存在論)がベースになっているんだって。

大きな組織の中で働いていると、「僕の担当はこれだけ、これ以外のことは絶対しない!」って人、結構いるよね。。。「リスポンシビリティー」ってつまり、仲間のことまで思いやれるような柔軟性と広い心を持つことでもあると思うんだけど、それがあれば、もっと組織自体をいいものにしていけるのかもしれないし、自分も仕事に対して生きがいを感じられるようになるのかもしれないなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)