奇跡

今週で無事に前期が終了しました.


怒濤の毎日を乗り越えたことを讃え合うため,そして,これから9月末まで自分の勉強のための時間が持てることの喜びを共にかみしめるため,同僚の先生方とお食事に行ってきました.


Img_0189

「長浜に美味しい寿司の店があるんだぜ」と,いつも素敵でしぶい感じの男性の先生が連れてきてくださったお店です. その先生のしぶい雰囲気から,いわゆる和風の寿司店を想像していたのですが,想像とは全く違うおしゃれな外観に,先生のポイントが2倍くらい上がりました. ぷぷ.

Img_0190

このお店は,カリフォルニアのSushi Restaurantをイメージしているようで,スシロールの種類の多さで知られているのだそうです.


その種類といったら,スペシャルロール,ドラゴンロール,レインボーロール,カリフォルニアロール, キャタピラロール,クラブシュリンプロール,フィラデルフィアロール...うーん,カタカナだらけで目がチカチカしますロール. って思わず文末にロールをつけてしまうくらいロールだらけなのでした. 

しかし,ここのスシロールはめちゃくちゃ美味しかったです. こんなふうに巻き寿司,いえ,スシロールに特化したレストランは初めてで,にぎり寿司よりは「巻き寿司派」の自分としては,このようなお店がこの世に存在していたことを知り,そのことにまず感動した次第です.

福岡でも,こうして新しいお店を見つけられたり,一緒に時間を過ごしてくれる仲間や友人ができはじめました. 

毎日顔を合わせて毎日一緒に仕事をして,そのことを当たり前のように過ごしているけれど,福岡という場所に来なければこの人たちと会うこともなかったのだと思うと,この出会いは,「奇跡」以外のなにものでもないと思えます.

人との出会いってなんでもないことのように思ってしまいがちですが,一人ひとりが「奇跡」のようにめぐりあっているのかもしれません.

スシロールをいただきながらそんなことを考えました. 

| | コメント (0)

ちらしずし

Dscf3877

図書館のYさんとランチにお寿司屋さんに行く.

「ちらし寿司」を注文.

巻き寿司が「巻いてある寿司」,押し寿司が「押してある寿司」,にぎり寿司は「にぎってある寿司」,回転寿司は「回転する寿司」,そしてちらし寿司は「ちらしてある寿司」ということで,日本の寿司は「そのまんまやんか」とつっこまざるを得ない実にシンプルな名前を持つものが多い. 回転寿司とかは「回転サーブ」の「回転」とはちょっと意味が違う回転なのだけれども,確かに寿司が回転していることに変わりはない. 回転サーブ級の回転寿司もちょっと見てみたい気がするしアイデアとしては斬新だと思うのだが,いかんせんその速さで回ってこらるとお客様は寿司を食べられなくなるし若干の危険も伴うのでスシローさんはこのアイデアを却下することだろう. それはともかくとして,この実にシンプルな名前で占められた寿司群の中でも「ちらしてある寿司」という意味の「ちらし寿司」は,「またちらかして!」というお母さんの叱責の声が聞こえてきそうな音声を伴っており,日本を代表する食文化の名前としては決して美しいとは言えないと思う. ちらしとるんかい. 確かに,今日注文したちらし寿司も,サーモンやらマグロやらイクラやらいろいろなお魚があちこちにちらされており,「こんなにちらかしてもう!」というお母さんの甲高い声が聞こえてきそうなちらばり具合である. しかしこのちらばり具合がまたいいのである. だからお寿司の中でも「ちらし寿司」がいちばん好きである. 

よく分かりませんがおいしくいただきました.

| | コメント (2)

リセットと勇気

ひさしぶりの再会とひさしぶりの外食とひさしぶりの楽しい会話で,

疲れきって動きが止まりかけていた心と体をリセットすることができた土曜日.

フランス・リヨンで修行したというマッサさんのフランス家庭料理のお店へ. 

ちなみに「マッサ」という名前は本名の政之(マサユキ)から来ているらしい. マサユキの「マサ」の間に促音の「ッ」を挿入するだけでなんとなく響きがリヨンぽくなるから不思議だ. マッサッサッサー. あれ. 「政之さんの煮込みハンバーグのお店」というより「マッサさんの煮込みハンバーグのお店」といったほうがなんとなく洗練されて聞こえる. そんなこと言ったら政之さんが洗練されてないみたいで失礼だろ. マッサさんも政之さんも同一人物だから問題はないだろうが. よくわからないが.

それはさておき,今回マッサさんが作ってくれたお料理は次の3品である. 


Dscf3623

じゃがいもとほうれんそうのキッシュ.

キッシュという食べ物はなぜゆえにこんなのおいしいのだろう.

これでもかっていうくらいじゃがいもが入っていてマッサさんのイモに対する熱意が伝わってきた. どんな熱意や.

Dscf3624_3

煮込みハンバーグ. 

この煮込みハンバーグは本当においしい.
   
家庭的であたたかくてマッサさんの気持ちがこもっていると思った.

また食べたくなる一品だ.

Dscf3626

アップルパイと黒ゴマのプリン.

デコレーションに使われている白いフワッとした雲みたいなものは飴細工らしい. これがあるだけでデザートプレート全体がとても優雅になる. さすがリヨン仕込みのマッサさんのセンスだ. 無駄に小さい「ッ」を名前に入れてるわけじゃない.

18時にお店に入って,お店を出たのが22時半.

楽しい時間というのはあっという間に過ぎてしまう.

新しいことを始めようとしている人の話,マッサさんのフランス修行の話などを聞いていると,自分の背中をドンッと押されているような気持ちになってきた.

このごろ気持ちが内向きになりがちだった. 頭の中でやったほうがいいと分かっていても前に踏み出せずにいた. なぜなら,新しいことを始めたり,次のステップに進んだりするためには「勇気」がいるからだ. 勇気ってとてつもなく大きなエネルギーがいる. 最近の自分の心と体の中にはそんなエネルギーがもはや残されていなかったのだ.

一歩を踏み出す勇気を二人からもらえた気がする.

| | コメント (0)

塩らーめん

0035

本丸亭の塩らーめん.

「塩らーめん」って英語に訳すと"Salt Flavored Ramen"というのだろうか. 塩の味がするラーメンだから塩らーめん. 実にシンプルな名前だ. インスタントラーメンの「日清ラ王」などと比べると,ネーミングのクリエイティビティ&オリジナリティという点において「塩らーめん」の勝ち目はないと言えるだろう. なんといっても相手はラーメンの王なのだ. キングですよ. キング・ラ. 塩のらーめんで悪かったですね,といじけてしまいそうになる.

しかし,本丸亭の塩ラーメンは,ただの塩味のラーメンではなかった.

具に鶏チャーシューと菊菜,そしてエビワンタンが添えられているのが斬新だった. この3つの組み合わせもそうだが,チャーシューとお野菜だけでは終わりませんよ,エビワンタンもいれましたよどうだいという主張が心に響いた. 普通ならここは「ゆで卵」が担うポジションだと思うのだ. 「エビワンタン」にしたのは近所に「海老名(エビナ)」という街があることと何か関係があるのかもしれない. ちがうか.

そして,何と言っても,あっさりしていて,でもコクのしっかりある塩スープが絶品だった. 

また食べたくなる塩らーめんだ.

| | コメント (2)

福岡から

July13_005 福岡のアルデュール(ARDEUR)というお店のマカロン.

 福岡在住のK先生ご夫妻に送っていただく. 

 お二人のお心遣いとお二人の優しさが心に染みた.  

 K先生ご夫妻とはハワイ大学で知り合い,仲良くしていただいた. ハワイ大学留学中,わたしにとってお二人はいろいろな意味で大変貴重な存在だった. お二人と同じ時期にハワイ大学に留学できて本当によかったと思う. もし一,二年前とか後に留学していたらK先生ご夫妻に出会えなかったと思うと,自分はつくづくよいタイミングでハワイに留学したと思う. このご縁はこれからもずっと大切にしていきたい.

この6月に無事ハワイ大学大学院を修了され,日本に帰国されたK先生ご夫妻. おめでとうございます. 日本でまたこうしてお二人とつながっていられることがとてもうれしい.

ちょっと先生の声が聞きたくなって電話をしてみた. 久しぶりに先生の声を聞いて,わー先生の声だーーと思った. 懐かしい声を聞いて,ハワイの思い出がぶわっとよみがえってきた. そして,日本でこうして先生と電話で話していることが不思議に思えた. 先生の声を聞いていると福岡まで会いに行きたくなってしまった. というか,どんだけ好きなんでしょうか. ちょっとキモチワルイと思われてしまうかもしれない. でも大好きです. にゃー.

アルデュールのマカロンは美しすぎて食べるのがもったいないと思ったけれど,せっかくいただいたものなので,今日,仕事中に一ついただいた. 外はふんわり中はしっとり,果物のいい香りがして,とても優しい味がした. K先生ご夫妻のような優しい香り. やっぱりキモチワルイ. にゃー. 

学期末でかなり忙しくなってきた今日この頃. 来週から試験なのに試験問題を作っていないという深刻な問題に直面している今日この頃. マカロンの優しい味が体にじわーと染みました. 体が疲れているときのこの一口. 心が満たされる瞬間です.

ありがとうございます.

| | コメント (2)

treasure every encounter

Dec19_004  週末,ハワイ大学近くの和風創作料理のお店へ.

 つくねとやきそば. そして,シャンパン. ルネッサーンス.

 美味しい美味しい美味しい.

 日本食の美味しさが体にしみた. 日本人でよかった. 本当に心からそう思った.

口に入るものひとつひとつがこんなに美味しく感じられるのは,大好きな人たちが一緒にいてくれたおかげでもある. 心優しい人々の温かさに包まれていただく食事というのは,さらに美味しいものに感じられる.

「なんとなく波長の合う人」というのがいる. 

毎日毎日一緒にいるわけではなく,たまにしか会えないのだけれど,その人が近くにいると思うだけで,なんとなく安心する. 何もかもが自分と似ているというわけではなく,自分にないものをたくさんもっていらっしゃるのだけれど,そのギャップがあるからこそその人にひかれてしまう. 「なんとなく波長の合う人」というのは,そういう人をいうと思う.

今日一緒にお食事をした人たちは,自分にとってそんな「何となく波長の合う人」たちだった. ハワイ大学で出会った人たちである. 所属するプログラムは,業界では全米でも一,二を争う厳しいところで,その厳しさに耐えうる強さとプライドを備え,自分の弱さやもろさを人に見せることを良しとしない人々が多かったように思う. 自分ももしかすると他の人からそのように見られていたかもしれないけれど. そのようなはりつめた環境の中で,自分の心をコントロールすることにしんどさを感じることがあった. だから,無理をしなくても,自然な自分を受けて入れてもらえる,自分のもろい部分もすべて受け入れてもらえる「なんとなく波長の合う人」と出会えたことは,自分にとっては,まるで砂漠の砂の中から宝石を見つけ出せたような貴重な財産となった.

Dec19_008 プロポーザル・ディフェンスに合格してPh.D. candidate になれたお祝いにと,この創作料理のお店でのお食事をプレゼントしてくださった. 

 本当にありがたい. 自分のことをこうして一緒になって喜んでくださる人がいるというのは,本当に幸せなことだと思った.

 デザートの杏仁豆腐の素朴な味がまた体にしみた. 

「なんとなく波長の合う人」たちと一緒に過ごす時間は本当に楽しく,夜が更けていってももっとお話していたいと思った. 

お店を出て,記念に一緒に写真を撮った. お別れをして,University Avenueを一人てくてくと歩きながら,何となく寂しくなった. 今度はいつ会えるのだろう. 

ハワイに来たばかりの頃,毎日が苦しく,こんな生活が後で振り返って良い思い出に変わるはずはきっとないだろうと思っていた. しかし,University Avenueを歩きながら,ハワイでの生活が良い思い出に変わり始めていることに気がついた.

出会いは未来を変える力があるのかもしれない.

この出会いに心から感謝をしているし,これからもずっと大切にしていきたいと思う. Tresure every encounter, for it will never recur. 

| | コメント (2)

サンライズ

Aug3_002  ブランチに日本から持って帰ってきた「サンライズ」をいただく.

 関西では,世に言う「メロンパン」のことを「サンライズ」と呼ぶ. 英語で表記すると"sunrise"となる. 形が太陽に似ているからだ. 

 写真は,神戸コープさんの「ふんわりサクサクサンライズ(レモン風味)」である. 神戸で「サンライズ」というと,神戸コープさんのこの「ふんわりサクサクサンライズ(レモン風味)」がいちばんおいしいと思う. ハワイに帰る日,妙法寺駅前のコープさんに行って店頭に並んでいる「ふんわりサクサクサンライズ(レモン風味)」を買い占めてきた. 今,その「ふんわりサクサクサンライズ(レモン風味)」がハワイのお部屋の冷蔵庫の中でしっかり冷凍保存されている. というか何度も「ふんわりサクサクサンライズ(レモン風味)」って書かなくていいですから.

神戸コープさんの「ふんわりサクサクサンライズ(レモン風味)」(もういい)は,表面はクッキーのようにサクサクしていて,中はふんわりしていて,レモンの風味がするのが特徴である. パン博士のウンチクでした. というかネーミングそのままじゃないですか. というか誰がパン博士やねん.

はっきり言って,わたしはサンライズが好きである. あまりに好きすぎて,大好きなOrtega先生(わたしの指導教授)もサンライズにして食べてしまいたいくらいである. 

名前だって「オルテガ」より「サンライズ」の方が愛嬌があってかわいいと思うのだ. 「サンライズ先生」. オルテガという名前には何となく「強さ」とか「たくましさ」というメタファーがあって,たとえば「機動戦士ガンダム」というところを「機動戦士オルテガ」といったとしても,何の違和感も感じないのである. これからは「サンライズ先生」ということで. ちょっと意味がよく分かりませんが. というか,こんなこと書いてるのがご本人の耳に入って,「誰が機動戦士オルテガですって?」とか「わたしをサンライズにして食べてしまいたいですって?」とか言われたら大変ですが. ディフェンスで不合格になったりして. その際は,SLSでの博士をあきらめてパン博士を目指しますかね. というか,例として「機動戦士ガンダム」を出しているあたりが古い. 

もうすぐサンライズ先生,いや,オルテガ先生に修正したプロポーザルを見せに会いに行かなければならない. 大好きな先生のはずなのに,会いに行くのがゆううつだったりする. ほんとうに先生のことをサンライズにしてパクリと食べてしまいたい. カモーン.

ところで,先日,ブログの読者の方から,「satchyさんのブログは,パンに対する熱意と気迫が感じられますね」というお褒めの言葉をいただいた. どうもありがとうございます. というか褒め言葉だったのでしょうか. やはり目指すはパン博士でしょうか. 

| | コメント (4)

ハイティ @ Waioli Tea Room

Aug10_013  日曜の午後,マノアの山奥深くにある Waioli Tea Room で,ハイティをいただいてきた.

 「ハイティ(High Tea)」という音を聞くと,なんとなく,「ハイソなティ」という意味なのかと思ってしまいがちだが,

 上流階級が発祥のアフタヌーンティと比べ,ハイティはぐっと庶民的で,優雅に午後のお茶をする時間のなかったロンドンの労働者達が、空腹を満たすべく夕方にいただいたボリュームのある軽食を指すのだそうだ. アフタヌーンティーが小さなラウンジ・テーブルで供されるのに対し、ハイティーはメインの(high)テーブルで供されることからその名がついたのだそうだ (wikipediaより引用). 

アフタヌーンティはいただいたことがあるけれど,ハイティは初めての経験である. どんな上品なハイティ・スタンドが運ばれてくるのだろう. お友達三人でわくわくしながら待つ. 

Aug10_009

 運ばれてきました. 三人分のハイティ. 

 わー,これがハイティ.

 ・・・

 というか三人分まとめて一皿に乗せとるんかい!

 山盛りてんこ盛りやんか.

と,すかさずツッコミをいれさせていただく.  

強引に乗せすぎです. お皿がきつきつになっております. 一番上のお皿はケーキがはみ出して落ちそうになっております. ハイティなのに,ぜんぜん品がありません.

さすが「ロンドンの労働者達が空腹を満たすべく夕方にいただいたボリュームのある軽食」という由来だけあります. 「食えー食うのじゃ,満たせー満たすのじゃ」という気迫が感じられる盛り付けです.

しかし,本場イギリスでのハイティは,おそらくこのような強引な盛り付けはしないだろうと思われる. ハイティというのは,「軽食」を「お皿に少しだけ」盛るのが原則だと思うからだ. イギリス人がこんな山盛りてんこ盛りハイティを見たら,目を丸くしてNo way!とか言いそうです.

まぁここはハワイだから仕方ない. これがハワイのハイティなのだ. 所変われば品変わる. よい異文化経験ができた. 何でしょうかこのまとめ方は.

Aug11_001  そんなツッコミどころ満載のハイティだったけれど,緑あふれるティールームでお友達と過ごすひとときは,とても優雅な時間となった. 自分の話ばかりではなく人の話にも誠実に耳を傾けられる大人の人と一緒にいると安心する. 

 お二人の出身地である場所が,今,話題のNHK大河ドラマ『篤姫』の舞台になっていることもあって,今日はそのお話で盛り上がった.

日本に一時帰国中,全部で4回しか見られなかったけれど,『篤姫』にはまってしまった. 大河ドラマとしては久々のヒットだと思った. おもしろかった. その4回の中で,薩摩藩の島津斉彬という人物に興味を持った. 幕末に新しいものを積極的に取り入れようとし,その目は広く世界を見据えていた. その役を高橋英樹さんが演じていたこともあって,島津斉彬ってすてきかっこいいと思った. 島津斉彬が病気で他界してしまったときは,もう会えないのかと思って悲しくなった. はまりすぎです.

今日,お二人にも島津斉彬について語っていただいた. 薩摩の人々は島津斉彬という人物について特別な思いを持っておられるとのことだった. お二人がいらっしゃることだし,今度日本に帰ったら島津斉彬のゆかりの地を訪ねに薩摩を旅してみたいと思ったばい. あれ. 

とてもよい休日を過ごせた. 

| | コメント (4)

日本のパンについて語らせていただく

日本に一時帰国するたび楽しみにしていることがある.

パンを食べることだ.

なんだハワイにだってパンはあるじゃないかとよく言われる.

が,あちらのパンはおいしくない. おいしくないので買わなくなる. 買わないので食べなくなる. 

食パンなど日本の食パンと同じ形をしているのだけれど,日本の食パンと同じ味を期待しながら食べていると,期待している味と異なる味がしてくる. なんか変な味がするのだ. 説明できないけど. 一体どのような原料を使いどのような製造過程を経ればこのような変な味を実現することができるのだろうかと常々不思議に思っている. 

さらに,アメリカにはいわゆる「菓子パン」というものが存在しない.

類似品があるとすれば,レーズンパンとかジャムパンくとかシナモンロールくらいだ. だいたいアメリカ人がちょっと創意工夫して変わったパンをこしらえようとするとこの程度なのだ. 何かあればレーズンかジャムかシナモンなのだ. このくらいしか思いつかないのでしょうきっと. それが,日本に帰ってくるとどうでしょうかこの菓子パンの種類の豊富さ. メロンパン,あんパン,チーズ蒸しパン,クリームパン,デニッシュパン,カレーパン,焼きソバパン,コーンとマヨネーズがのっかったパン,・・・ すごすぎる. 常にあれこれ創意工夫し新しい味を追究している. すばらしい. 

July8_003

 新しい味を追求しているパンのお店が神戸にはたくさんある. 老舗のフロインドリーブをはじめ,カスカードやドンクやイスズベーカリーなどなど. 神戸の人のパンの消費量は日本一だとよく聞く. 

 わたしが好きなのは,Fredsのチーズスターというパンである(写真左). なんかしらんけど星の形をしているのだ. めっちゃかわいいではないか. さらに,このパンのすごいところは食感である. なんかしらんけどすごくモチモチしていているのだ. お餅みたいなのである. なんなんだこれは. どうやって実現しているのだろう.

写真右はカレーパンである. 言われなくても分かりますか. チーズスターに比べてカレーパンは普通である. 特にどうということのない普通のカレーパンなのであるが,ハワイでは絶対に手に入らないものだいうことを考えると,パンの中にカレーを挟みそれを油で揚げるという発想に改めて感動する. そして,ありがとうカレーパンという感謝の気持ちでカレーパンをいただくことができる. そこにいけば当たり前に手に入るものが当たり前に手に入らなくなった時,そのものの価値に改めて感謝をすることができる. そのことをカレーパンが教えてくれた.

だいたい「パン」という題材であんたどんだけ文章書いてんねんというツッコミがこのあたりではいるのでしょうか. ありがとうございます. それくらいパンには思い入れがあるということで. それにしても最近パンの値段が上がっているのですね. カレーパンひとつのお値段が200円. 驚きです. 「昔は100円でカレーパンが食べられたのよ」なんていうと年寄り扱いされてしまう時代がやってくるのでしょう. きっとそんなこと言ってるおばあちゃんになりそうですけれども.

ハワイに帰ったらまたパンが食べられなくなる. 日常生活で自分の好きなものが好きなときに食べられないということが心理的ストレスの遠因になっているように思う. スーツケースに入れられるだけパンを買って帰ろうと思う. ペーターのおばあさんに食べさせてあげるために白パンをこっそり持ち出していたハイジみたいだ. ホノルル空港に着いたらロッテンマイヤーみたいなこわい検疫官がいてパンを取り上げられるかもしれない. カレーパンの中には牛肉が入っているから持ち込みはだめとか言うのだ. ロッテンマイヤーめ. でも今回もあきらめずたくさん持って帰るつもりだ. がんばれハイジ. だれがハイジやねん.

だいたいパンという題材でどんだけ書いてるんでしょうか. くだらない. 

日本のパンは大好きです.

| | コメント (8)

素敵なご夫婦と

May21 とても素敵な日本人ご夫婦がハワイ大学におられて,いつかゆっくりお話させていただきたいなと思っていたのだが,

 本日それがやっと実現した.

 うれしい.

 カパフル通りにある「茂蔵」という日本料理のお店で,お寿司をごちそうになる.

その後,素敵なお宅にお招きいただく.

素敵なご夫婦は,住んでいらっしゃるお宅もやはり素敵だった.

久しぶりに目にする高層マンション.

久しぶりに目にするエレベーター.

(わたしの寮は二階建ですから. 高い建築物には憧れますから.)

そして,お部屋に通された後,さらに衝撃を受ける.

窓が大きい.

明るい.

ワイキキの海とダイヤモンドヘッドなど素晴らしい景色が一望できる.

開放感があって,ハワイの美しい自然の景色が目に飛び込んでくる感じ.

いつかは住みたい理想のマンション. 

いつかは住みたい憧れのお部屋.

(わたしの寮の部屋は窓がとても小さいですから. ときどき独房に入れられている囚人のような気分になりますから.)

素晴らしい景色を楽しみつつ,いろいろなお話をさせていただき,とても充実したひとときを過ごすことができた.

素敵なご夫婦は,素晴らしいキャリアをお持ちであるのに,それを全然ひけらかさない. とても謙虚な方. 偉大な人ほど知識をひけらかさないのですね. 「能あるタカは爪を隠す」とはまさしくその通りだと.

こんなに素敵なご夫婦にハワイでお会いできたことをとてもうれしく思う.

お二人を見ていると,夫婦っていいなぁと思う.

「二人で一つ」という感じがする.

素敵なご夫婦とご一緒させていただき,とてもしあわせな気持ちになれた.

心が和んだ.

独房に帰ってきた今も心がぽかぽかしている. 大きな窓いいな.

ありがとうございました.

| | コメント (5)

より以前の記事一覧