« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

Serendipity セレンディピティ

Img_e3352_18


冬休み最後のお休みの日.

お散歩がてら,最寄り駅の近くにある「Space R」という雑貨店に行ってきました.

この雑貨店には,オーナーさんがセレクトしたとってもかわいくて癒されるデザインのカレンダーが販売されているのですが,毎年1月を過ぎると,これらのカレンダーがすべて半額になるのです.

Img_e3357


今年もかわいいのを見つけました. 

今年の干支の亥の柄のカレンダー(写真右側)には "I want to meet the new me."(新しい自分と出会いたい?)と書いてあります. 

この英語は間違っていると思いますが(笑),これも含めてほっこりする癒しのカレンダーです.

1階でカレンダーを買う目的を達成したら帰る予定だったのですが,1階のレジの方が「2階にも見て行ってください」と言ってくれたので,階段を上がってみました. 2階に来たのは初めてだったのですが,衣類とか食器とか,またまたかわいい雑貨がたくさん.

暖かそうな靴下を見つけたので,買うことにしました. いろいろな色と柄があって,悩みに悩んだ結果,選ばれた靴下さん二足です.


Img_e3354

最近は,日本製のものも少なくなってきているので貴重だと思いました. 「はくひとおもい」のNISHIGUCHI KUTSUSHITAさんのものだそうです.

カレンダーと靴下を買ったら帰るつもりだったのですが,2階のレジの方が「よかったら3階も見てください,スタイリストさんたちによる蚤の市をやっているんですよ」と. 時間があったので,階段を上がってみました.

「蚤の市」って行ったことがなくて,なんとなくガラクタ市場みたいな印象を(何の根拠もなく)勝手に持っていたのですが,このSpacerの蚤の市は,センスに長けたスタイリストさんのお眼鏡に叶ったアイテムだけを並べているだけあって,まさにSerendipity(セレンディピティ,掘り出し物)の宝庫. ピカピカの新しさはないけれど,中古だからこその深み,そして「一品だけ」しかない重みが感じられて,まるで博物館に来たかのように,じっくりゆっくり一つ一つのアイテムを観察させていただきました.

お部屋の雰囲気に合いそうなきれいな木製の額とアートフラワー,「つれて帰って」と言われているような気がして購入.

自宅に帰って早速飾ってみました. 素敵!

Img_3355_2

あとは,フランス製のガラスの器を. いつまでも見ていたくなるほどの美しさです. 


Img_3359_2

雑貨店の1階だけで終わるつもりが,2階,そして3階と足を運んだことで,素敵な出会いがありました. 久しぶりにお買い物を楽しみました.

Serendipity (セレンディピティ)… 「思いがけない偶然から,目的としていなかったまったく新しい発見が得られること」という意味です. 「失敗したと思ったことや何気なくやったことが,思いがけなく良い結果を生むこと」という意味でも使われます.

昨年は,国際誌に出した論文が通らなかったりと,うまくいかないこともあったのですが,こうしたプロセスがいずれは良い結果につながっていきますように. Serendipity的な生産物となりますように. そのためには,あきらめないこと,止めないこと.

明日から仕事始め. がんばります.

| | コメント (1)

淀まず止まらず

Img_3302


新しい年がスタートしました.


2019年.


元旦は,それまでの時間の流れをいったん止めて気持ちをリセットする日. 今日の朝は,年末に買っておいた石田ゆり子さんの本を読んで過ごしました.


「人生は小さなことの積み重ね」


「大切なのは日々の小さな努力と鍛錬の積み重ね」


「淀まず止まらず」


共感できることの多い文章にあふれた,とてもいい本でした.


そして,きれいなゆり子さんをお手本に,メークアップの勉強も.


早速影響を受けて,ESTEE LAUDERのお化粧品を通販のサイトでポチリ(はやっ). お化粧が楽しみになってきました.

「歳を重ねていく」ということをじっくりゆっくり楽しんでいきたいと思います.


本年もどうぞよろしくお願い致します.


| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »