« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

10年の重み

2018年も残すところ後一日となりました.

この時期は,一年間の出来事と自分の学びを振り返るタイミングとなっていますが,加えて,かれこれ13年間続けているこのSatchyblogは,「10年前の今頃の自分」にアクセスできる貴重なデータベースのようになっていて,現在だけでなくこの10年を振り返り,自分をリセットするタイミングともなっています.

今から10年前,2008年12月

忘却のかなたに消えそうになっていましたが,2008年12月は,私が2年半のコースワーク(Ph.D.の学生が必要な単位を揃えるために大学院の授業を履修する期間)を終え,Comprehensive Examに無事合格し,晴れて博士候補生(Ph.D. Candidate)となり,やっと博士論文研究を開始できる資格を得た時でした. そして,日本人EFL学習者からデータを取るために,博士論文を日本で書くことを決め,就職先を決め,帰国の準備を進めていた時期でもありました.

あれから10年.

本当にいろいろなことがありました. 博士論文研究はこの後およそ3年半かかって,2012年8月に博士号を取得. コースワークも入れると6年かけて博士号を取得したことになります. 

これだけの時間をかけて勉強したことは,今でも間違いなく自分の財産となっていると思います. 自分の強みだけではなく弱みも客観的に分析できているという意味で. 自分の領域を外れるとまだまだ知らないことはたくさんありますが,知らないことを「知らない」と堂々と言えるのは,「知っている」ことについては,ある程度誰にも負けていないという自信があるからなのだと思います. 

Img_2987_5

この10年の間には,大学の移籍もありました. ハワイ大学から帰国後,2009年4月に就職した東京の大学では,博士論文研究のデータを取らせていただいたことに加えて,英語が専門でない学生にどのように英語を教えるか,English for Specific Purposes (ESP)のプログラムをどうデザインするか等,特に大学英語教育のカリキュラム開発について,本当にいろいろな勉強をさせていただきました. あと,動物や植物が好きな学生と触れ合う機会は自分にとってまたとない貴重な時間となりました. 英語がびっくりするくらいできなくても(笑),生き物が大好きな学生たちは動植物に関する知識がとにかく豊富で,とにかく他者に対して優しい. こんなに楽しい職場は,後にも先にも,ここだけだったのではないかと思えます.

2012年4月には,福岡にある大学に移籍しました. こちらに移籍できたのは,L2ライティングという研究内容に加えて,それまでの東京の大学でのカリキュラム開発の経験が大きかったと思います. ちょうど新カリキュラムを構築しようとしているタイミングでの移籍でしたので,カリキュラム開発委員会のメンバーに入れていただき,新任でありながらも,新しいカリキュラムの内容について自由に意見を述べる機会をいただくことができました. その結果,この大学での3年間は,しょっちゅうプロポーザル(予算をつけていただくための申請書)を書いていたような気がします. この経験を通して,読み手を引き付ける申請の書き方のコツを学ばせていただきました. 科研費申請の際にも大いに役立っていると思います. その他,この大学では,素晴らしい先生方,学生,そして職員の方々との出会いがありました. 新しいプロジェクトを始められたこと,初フルマラソンに出場して完走できたこと,福岡という不慣れな土地で孤独を感じずに楽しく毎日を過ごせたこと,これらの人々のサポートがなければ,どれも実現しなかったと思います.

そして,2016年10月. 故郷である神戸にあり,出身大学でもある現在の大学に移籍し,現在に至っています. こうして文字化してみると,この10年で経験したことすべてが自分の糧となり肥やしとなり,「一本の線」となって,現在の自分を形成していることに気づかされます.

移籍が3度目となり,それなりに経験値やものごとを見るモノサシが増えてきたためか,今年一年は,いろいろな場面で「なんでやねーん」と(心の中で)疑問に思ったり,「ちゃうやろー」と辛辣なツッコミを(心の中で)いれたりと,何かと目の前の現象に対して批判的になることが多かったように思います. でも,こうした現象は,程度の差はあれ,どの組織でも起きていること. いろいろあっても「まあしゃーない」と(心の中で)寛容な姿勢で着地ができるのも,この10年で観察したこと,経験したこと,学んだことが活きているからなのかもしれません. そして,やはり,いつもどんな時も支えてくれる人がいてくださることが大きい.

2018年12月. この10年とこの1年を振り返り,思いを文字化してみました. 頭の中の思考が整理され,忘却のかなたに消えそうになっていたことが蘇ってきて,気持ちをリセットしてまた新しい力が沸いてくる...やはり「文字化」は大切です. 最近忘れっぽくなっているので(年齢のせいでしょうか),「書き留めること」の大切さを肌で感じる毎日です.

来年の今頃はどんなことを文字化しているでしょうか. 毎日を大切に,感謝する気持ちを忘れず,いらいらせず(笑),新しい目標に向けて前進していきたいと思います.


 

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »