« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

バンクーバー

8月一週目,学会出張で,カナダ,バンクーバーに行ってきました.

Img_1022


Img_1029_3


学会会場は,Simon Fraser University (SFU)のダウンタウンにあるキャンパス.


そこから徒歩10分ほどの場所にあるPinnacle Hotel Harborfrontというホテルを手配し,滞在中は,ホテルと学会会場のSFUを往復する毎日を過ごしました. 


せっかく暑い日本を離れカナダに行きましたので,バンクーバーの夏をもっともっと満喫したかったのですが...(汗).


ですが,学会最終日だけ午前中で学会会場を出て,バンクーバーの街とブリティッシュコロンビア州の大自然を海から眺めるクルージングに参加してきました.


Img_0952_2


Img_1326


Img_0944


海からバンクーバーの街と自然を眺めるという経験に加えて,「日差しは強いのだけど,風が涼しくて心地いい」という日本の夏ではちょっと考えられない貴重な経験ができたのがよかったです.


後は,個人的には,やはりカナダのサーモンは非常に美味しかった. 添えてあるマッシュポテトも.


Img_0965


学会出張と書きながら,バンクーバー観光のお話からスタートしてしまいましたが,学会もいつも通り実り多い有意義な時間となりました.


自分の発表は,学会初日,しかも早朝の第一セッション(8:15スタート)というスロットでした. それもあってか,または,私自身の研究者としての知名度が低いこともあるのですが,聴きに来てくださった方の数がこれまでと比べて少なかったことが,やや残念ではありました. 


それにしても,学会発表というのはあっという間に終わってしまいますね. 相当な時間をかけて準備をしても発表時間はたった30分. そのうち話しているのはほんの20分くらい. なので,丁寧に準備をした時ほど終わった後の空虚感が大きいように思います. 今回も割と(かなり)丁寧に準備していったので,発表の後,「あっという間に終わってしまったなあ...」と一気にモチベーションが下がっていく感覚がありました.


でも,発表の後で,「あなたの発表から学ぶことが多かったのでスライドを送ってもらえませんか」というメールがスウェーデンから来たり,尊敬しているアメリカ人の先生がご発表の中で私の論文を引用してくれているのを目にしたり,マイナーな領域ではありながら同じテーマで研究をされているカナダの先生とお話できたりと,諸外国の先生方と"scholarly communication"が取れていると実感できる瞬間があると,「たった20分の発表」にも大きな意味があることを再確認できます.


なので,これからもこの「たった20分」のために,国際学会で発表し続けるのだろうと思います. でももっともっと人を集められるような研究者にならなくてはいけないし,もっともっと実力をつけなくてはいけませんが.


もう「失敗を成長の糧とする」というレベルのことを言える年齢ではなく,「結果がすべて」の年齢になっているから.

 
Img_1056


記念撮影してきました. ハートのオブジェと...(結果がすべての年齢といいつつ).


| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »