« 研究の意味 | トップページ | Fake it till you make it »

富山

Img_0522

先週末,富山大学で開催されたライティング研究に関する国際学会 (ESBB 2018 Symposium on English Academic Writing in a Global World) に出席してきました.

富山を訪れるのは,実はこれが初めてです.


富山というと雪山のイメージしかなかったのですが,実際,イメージ通りの風景が広がっていました.


Img_0503


初めてみる雪山は,思っていた以上にスケールが大きくて,目の前に広がる雪山に吸い込まれそうになりました.

Img_0505


山,山,山...どこを見ても山. そうか,だから富山なのか. そんなことを考えたりしました.


それと,週末なのに街に人がいないことが気になりました. というか,好き勝手言い過ぎでしょうか(汗).

 

Img_0494


そんな富山には,アルプスの美味しいお水を活かすためか,美味しい珈琲のお店がたくさんあるのだそうです.


学会会場の富山大学の近くに,koffe というコーヒーのお店があることが分かったので,学会の合間をぬってお散歩がてら足を運んでみました.


最近,ちょっとしたきっかけがあって,コーヒーの世界に魅了されつつあります.産地や焙煎の仕方などいろいろなファクターによって,味や風味,コクがいかようにも変化するところが深くて面白くてそして哲学的でもあって,もっとその世界を知りたくなっています.


Dpp_37981024x682


「青空」というさわやかな名前のブレンドを注文してみました.


一口飲むとさわやかな味わいが口の中に広がって,名前の通り,さわやかな青空が広がっていくような気がしました.


学会で,研究者仲間のI先生の講演を聴けたことに加えて,初めての富山で見たインパクトのある雪山,人がいない街(まだ言ってる),koffeの「青空」,いろいろな新しい経験ができました.


3月末. 新年度に切り替わる前に,こうした経験を通して気持ちを新たに,また新年度からも頑張ろうと思えました. 

|

« 研究の意味 | トップページ | Fake it till you make it »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究の意味 | トップページ | Fake it till you make it »