« レム睡眠 | トップページ | 記憶に残る日 »

Mixed Methods


週末,混合研究法学会のアジア大会に出席してきました.


「こんごーけんきゅーほー(混合研究法)」と日本語で聞くと,「は?」という反応が返ってきそうなのですが,要するに"Mixed Methods"(質的分析と量的分析を統合したアプローチのこと)です.


日本語で「混合研究」というと,なんか違和感が拭えないのですが,たぶん「混合」というのがしっくりきていないからなのかなと思います. 個人的には「統合 (integration)」とか「融合 (combination)」とかの方がいいような気がしますが.


混合研究法学会は,これが初めての参加だったのですが,こんなに学ぶことが多く有益だった学会は,ここ数年で,いや,正直に言うと,これまで参加した学会の中で初めてだったかもしれません.


P1090638


青山学院大学の抱井(Kakai)先生は,ハワイ大学のがん研究センターで研究員をされたご経験がある方で,博士論文は,ハワイ在住の日系人の癌患者の方を対象に,質的・量的アプローチを統合した手法で研究を実施されたそうです. 今回の学会では,「混合研究法としてのGroundedなテキストマイニングアプローチ」というタイトルでワークショップを開催してくださいました. 


私は,質的研究については主にMAを取ったモナシュ大学で,量的研究についてはPhDを取ったハワイ大学で勉強したのですが,別々の場所でそれぞれ別々の先生から学んだせいもあるのか,質的アプローチと量的アプローチがこれまで一つの線で有機的につながっていませんでした. つまり,世界を捉える哲学的な観点から,この二つの研究手法を考えたことがなかったということです. ですが,今回の抱井先生のワークショップに参加したことで,これまで別々に理解していた二つのアプローチが一気に一本の線でつながりました. 二つのアプローチが別々のパラダイムだった1960年代から,実証主義,ポスト実証主義,構成主義へのパラダイム・シフトとともに,混合研究という考え方が構築されていった経緯を,丁寧にご説明いただきました. 多いに,本当に多いに感銘を受けました.


個人発表も,さすが研究法を大事にしている学会だけあって,みなさん,「メソッド」の部分にいちばん時間をかけておられました. 「私はこんな質的データと量的データを統合し,こんなメソッドを使って分析をしました.このメソッドで得られるexpected resultsはこうなります」というように,非常に論理明快にメソッドの重要性をお話してくださいました. 


同じ現象であっても,どのようなメソッドを用いるかで,得られる結果は変わってきます. 研究というのは,これまで見えなかったものが見えるようなったり,理解できなかったものが理解できるようになることを目指すものなので,こうやって,一人一人が独自のメソッドを発信し,それを共有することでよりよいメソッドが開発,構築されていくという学会の考え方,信念には多いに賛同します.


よく参加している自分のフィールドの学会とは雰囲気が全く違っていて,disciplineが変わると学会の雰囲気もこんなにちがうんだなあ...という新鮮な発見がありました. 


会場の立命館大学いばらきキャンパスは,今年の4月からスタートした新しいキャンパスのようです.キャンパスの施設は,地元の人も利用しやすいようにしているようです. 日曜日の芝生の公園では,子ども達がサッカーをしていたり,スターバックスでは家族がお茶を飲んだりしていて,こんな風景が大学にあるのもいいものだなあと新しい大学の形を見たような気がしました. 


P1090668


非常に実り多い二日間でした. 本当に勉強になる学会なので,毎年参加したいと思います.


|

« レム睡眠 | トップページ | 記憶に残る日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レム睡眠 | トップページ | 記憶に残る日 »