« 2013年3月 | トップページ | 2013年9月 »

資料資料資料

来年度から,全学教育で新カリキュラムが始動するのだが,昨年4月赴任と同時に「新カリ委員会」のメンバーを仰せつかり,カリキュラムの理念と構想から,各科目の概要,教育目標と教材案に至るまで,いろいろと重要な任務を任されている.


今年に入ってからは,突然,ライティングセンター構想が出てきたりして,これまた,自分のピンポイントの分野であることと,前前任校のW大学でライティングセンター専属の助手をしていた経験もありで,新カリの中でライティングセンターをどう位置づけるか,その理念から運営方法まで,案を出す役割を担っている.


EGAP(一般学術目的の英語)やESAP(専門学術目的の英語),"learner-centered approach"(学習者中心の授業), "autonomous learner" (自律学習)などが新カリの理念のキーワードになるわけだけれど,こうした一連のコンセプトは決して新しいものではないし,むしろ,もうありきたりのものになってきている感もある. 同様のコンセプトでカリキュラムを運営している大学は星の数ほどあるに違いない. しかし,ここ九州では,というより,少なくとも私が所属している大学では,こうした教育学のキーワードは,大変目新しいものであるらしい.


なので,案を出せば出すほど,「それでは先生,ぜひ資料のまとめをお願いします!!」という感じで,どんどん仕事が回ってきます. 最近は,資料だけではなく,予算の申請書まで書かないといけなくなり,どうしたものかなと思いますが,長い目で見て,カリキュラム開発に携わったことも自分の業績になるのかもしれないし,また,カリキュラムがよくなって授業の質も高まれば,ひいてはそれが学生のためにもなることなのでしょうし,今は私がやらなくてはここは一生変わらないかもしれないと思ってやっています. というか,最近書いた申請書の内容というのは,カリキュラム評価を実施するための「マークシート用紙」と「カード読み取り機」の購入だったのだが,地方大学とはいえ,旧帝大・国立大学と言われる大学で,いまどきマークシート用紙とカードリーダーが存在しないって,そんなことあるんかい!とのけぞるくらいびっくりしてしまいました. 


今日は,ライティングセンターではなく,セルフ・アクセス・ラーニングセンター(Self-Access Learning Center)の必要性を述べる報告書を書く仕事が回ってきました. 回ってきました,というよりも,自分から「やります」と言ってしまったのだが,それを担当していた先生がいらっしゃったのですが,毎週毎週,代わり映えのしない資料を書いて持ってくるので,さすがにしびれを切らしてしまったのと,「僕一人じゃもう無理かな」とご自分で限界をお認めになられたので,手を差し伸べたといったところでしょうか.


みなさんご専門が異なるので,よく分からない分野について執筆するというのは,学術目的ではなくても,やはり容易なことではないのだと思います. あとは作文力. でもこれも,考えが整理されていないと,簡潔明快に書くことは難しいのでしょう.


ということで,これからセルフ・アクセス・ラーニングセンターの必要性について資料をまとめなくてはなりません. これでまた書きかけの論文がスタックしてしまうのが恐ろしい. 昨年度から,科研Bの大型研究に分担者として携わっていて,お偉い先生方と仕事をさせてもらっている. 昨年のパイロットスタディの結果を今,まとめているところですが,9月半ばまでに完成させないといけない. これもたぶん手分けして,A先生はintroductionをお願い,B先生はliterature reviewをお願い,と分担すれば効率的に進むのかもしれないが,一貫性を持たせるためにやはり一人の人間が書いた方が結果的に効率がいいようにも思います. それに,一人で書くチャンスをいただいたので,それを利用せねばと思ったりもします. 共同研究をされているみなさんは「分担」はどうしているのかなと思います. 科研の分担者って,こんなに大変だとは実は最初は思っていなかったのですが. これも大変だと思うか,有り難いと思うか,考え方次第というところもありますが.


なんかこうして文章を書きながら,仕事や研究を改めて振り返ってみますと,結局は,自分で自分の仕事を増やしていっているんだなと思ったりします. 新カリの案を出すとか,資料を書くとか,申請書を書くとか,だまっていればどなたか別の先生が担当していたのかもしれませんし,実際,うまく逃げている方もおられます. ほとんど出張で不在にしててプロセスには全く関わらないのに,できあがったプロダクトだけ持っていってしまう(美味しいとこどり)不合理なことをする方も実際おられます.  でも,たぶんみなさん,「今の体制は変えなくてはいけない」とは思っているはずなのですが,でも,自分が口火を切ったら自分がやらなくてはいけなくなるからだまっている,結局はそういうことなんだと思います. なんかずるいと思いますが,私も10年後,20年後は年老いて,そうなっているのかもしれません. いまは学位を取得したばかりだし,能力は別にして,とにかく「勢い」はあるんだと思います.


資料とか申請書とか,研究の業績にならないことはあまり時間をかけてはいけないのだが,やらなくてはいけないので,とにかくやるしかない. 勢いのあるうちに,資料作りも論文作成もがんばらなくてはいけない. 台風が接近していて,風が強くなってきた. 強風が吹くと,なぜか,メラメラと力が湧いてくるので,台風は嫌いではありません. やはり,本物の変人になってきたのかもしれません.


|

充実土曜日

低血圧で朝が弱いのだけれど,今日は朝から頭が冴えていて,それはたぶん久しぶりに雨が降って涼しい風が吹いていたせいもあるし,昨日やっと抱えていたアドミニ関係の仕事を全部終えることができて,今日からやっと研究ができる環境が整ったせいもあるかもしれない.


週末にこんなに調子がいいことはあまりないことなので,これはチャンスと思って,朝からいつもの場所に行って論文を3本読む. 今日はやっぱり調子がよくて,内容がスイスイ頭に入ってくる. やはり読む時のコンディションって大事なのですね. 授業期間中は,明日の授業のこととか,添削しないといけない学生さんのペーパーのことが常に頭にあって,こんなに集中して論文を読めることはほとんどありません. このごろは,もう自分の勉強は8月−9月,2月ー3月の間しかできない,というふうに割り切りつつあります.


論文を一通り読んだあとも,やはりまだ調子がよくて,帰宅してからクリーニング店へ出していた衣類を取りに行く. 「お預かり票」に印刷された日付が「5月28日」って,3ヶ月も経過しているではないか. その下に「早めのお引き取りをお願い致します」という文が印字されていて,クリーニング店のお兄さんに怒られないかなーと恐る恐るお店に入ったのだが,何も言われませんでした. 一安心. というか,クリーニング店というのは多くが19時に閉店してしまうので困ります. 24時間受け取り可能なクリーニング店には,ビジネスチャンスがあると思うのですが.


ところで,クリーニング店というのは,男性スタッフが対応してくれるところの方が"efficiency"の点でよいなあというのが私の印象です. クリーニング店の女性スタッフの方は,往々にして話が長い傾向にあると思います. 福岡に来て最初に利用したクリーニング店は,ご年配の女性のスタッフだったですが,カーデガンについたシミを見て,すかさず「このシミは何ですか?」と質問を受けました. 「はあ...ソースですかね」と返答すると,「え?ソース?どの種類のソースですか?」と,再び質問. うっせーよ. と思ったけど,「はあ...たぶん,BBQの時だったので,バーベキューソースでしょうかね」と真面目に返答すると,「えー!!バーベキューソース!!」と思わぬオーバーリアクションをとるおばさん. そんなにびっくりしなくていいと思うんですけどね. すると,「そのとき,すぐにウェットティッシュかなんかでふいたらよかったですね」とご丁寧なご助言をいただく. うっせーよ. 


こんな感じで話が長くなってしまうので,それ以来,そのクリーニング店には行っていません. 今のクリーニング店は,寡黙な男性スタッフで,カーデガンについたシミを見ても「これは何のソースですか?」なんていう愚問をしてくることはありませんし,3ヶ月も衣類を取りにいかなくても黙って丁寧に対応してくれます. というかそのうち豹変したりして. 


きれいになった衣類たちを家に持って返ってきて,またそれをクローゼットに片付けたりする作業もなかなか時間が取られます. ハンガーからはずして保管しておきたいもの,別のハンガーにかけかえたいもの,しばらく着ないようなものはクローゼットの後ろ側に移したりして,これもなかなか大変な作業です. 


その後,洗濯をして食事を作ったりしていると,夜9時になっていました. 家の中の仕事もきちんとやろうとすると,体一つではもたないなあと思ったりします. そして,ランニングもしなくてはいけませんし. でも,私と同じ条件で仕事をしていて,これらの諸々の仕事に加えて,さらに,お子様を育てている方がおられることを考えると,「忙しい」とか「大変だ」とか絶対に言ってはいけないなと思わされます. 皆さん,口をそろえておっしゃることは,「適度に手を抜いてうまくやってるんですよ」ということですが,「適度に手を抜いて」って,例えばどういうふうにやってらっしゃるのかなと思います.


上手に生きていくって難しいことですね. でも,今日は自分としては充実していた方かなと思います.


P1060103_2


|

意味付け

お盆中に仕事が入っていたので,19日から21日まで振替休暇をいただいて,神戸に帰省していました.


13


普段はJRを使っているのですが,今回は姫路に行く用事があって,何年かぶりに山陽電車に乗りました.

神戸では乗客のほとんどをJR西日本に奪われてしまっている山陽電車. ボロイ,ダサイ,遅い,高い,と散々な酷評をもらっている路線ですが,特定のグループのニーズは高いようで,廃線の危機からは逃れられているようです.


でも,ホームに人がいない! 

姫路行きの特急が来たけど,特急なのに人がいない!


こんなのでやっていけるのかな山陽さん,と心配しつつ,

人が乗っていない特急で姫路へ.

しばらくすると,こんなに美しい景色が見えてきます.


14


須磨ー垂水間は,瀬戸内海と淡路島が見渡せる絶好のスポットです.

このあたりの海岸は,オカマさんが交流する場にもなっているようで,

「オカマ」のカテゴリーに属さない人々は,このエリアには足を踏み入れないということが,神戸では,暗黙の了解になっています.

そこには,どんなファンタジーワールドが広がっているのか,幼少の頃から夢は膨らむばかりです.


P1050675_2


舞子駅の手前あたりで,明石海峡大橋が見えてきます.

学生の頃に,ここの駅前の「舞子ビラ」というホテルで,結婚式の配膳のアルバイトをしていたことを思い出しました. 

毎週末,ウェディングドレス姿の花嫁さんを少なくとも2回は見ていた気がします. でも,今でも強烈な記憶として残っているのは,花嫁さんの姿ではなくて,花嫁さんを取り囲む酔っぱらいのおっちゃんたちの赤顔です. 身内の結婚というのは,それだけ祝福に値することなのだと悟ったのはその頃でしょうか. 


P1050679_2


神戸にずっと住んでいたら,この美しい景色を見ても何も感じなかっただろうし,この海もこの橋もこの道路も,ただの名もない景色になっていたのだろうと思います.

故郷に限らず,何でもそうなのだと思いますが,ものの価値というのは,離れてみて,失ってみて,初めて「意味付け」されるものなのだと思います.


九州の大学に移ってから,いろいろと仕事が舞い込むようになってきて,それらの多くは業績にはならないものが多いのだけれど,一つ一つのことをきちんとこなしていれば,それが最終的には,一本の線でつながって,そのとき初めて疑問を持ちながらやってきたことが「意味付け」されるのかもしれないな,

と,神戸の懐かしい景色を見ながら,思ったのでした.

"You cannot connect the dots looking forward. You can only connect them looking backwards."

というスティーブ・ジョブスの言葉の重みを,こちらの大学に移ってから更に強く感じるようになりました.

|

全国英語教育学会

全国英語教育学会北海道大会で,発表してきました.


P1050464


神戸で院生をしていた頃から,身近な先生や先輩方が発表されていた学会で,

自分にとっては「いつかここで発表したい!」という憧れの存在でもあった学会でしたが,

今回,念願かなってやっとその学会で発表することができました.

神戸で院生をしていたのは,約15年くらいまえのことですので,年月経ち過ぎやないかい!というツッコミが入るかもしれないのですが,

諸々の事情があり,なかなか発表のチャンスがありませんでした. 正確には,チャンスがあっても,つかみにいっていなかった,ということなのですが.


私は海外の大学院で学位を取っているので,

日本国内で「大御所」と呼ばれている先生が,取り巻きの指導生を引き連れて「どけいどけい!○○先生のお通りじゃい!」てな感じでやってくる国内の学会の雰囲気に止め込めず(といっても,国際学会でも溶け込めていないのですが),

この全国英語教育学会も,いつの頃か敬遠するようになっていました. メソッドが軽視されている発表も国内では少なくないので,国際学会で刺激を受けた方がプラスになるのかなと思ったりしていたこともありました.

でも,国内で仕事をしている以上,ネットワークを拡げることも大事なのでしょうし,人の発表から学ぶことは必ずありますので,今回,意を決して札幌まで行って参りました.

P1050476_2

結果,やはり,意を決して参加して正解でした.

私はこのところ,genre analysisから,systemic functional analysisの方へと関心が移行しつつあるのですが,同じ興味・関心を持っている方と知り合うことができました. 

また,国内で大御所と言われるT先生から,講演の依頼を受けることもできました.

その他,いろいろな先生方と名刺交換ができました.

いわゆる「ネットワーク」って,こうした小さなことの積み重ねによって,どんどん広がっていくものなのでしょうね. 

チャンスはどこにでも転がっていて,それをつかむかつかまないかは,全て自分次第.

国内の学会にも積極的に参加しなくてはいけないなという気づきのあった全国英語教育学会北海道大会でした.


P1050480

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年9月 »