« 6才児 | トップページ | アラビックヤマトです »

子どもたちとお母さん

Dscf4203

束の間の日本滞在を終え,メルボルンへ帰っていく子どもたちとお母さん.

そういえば,お母さんだったのだとこの文章を書いて改めて気がつく. 10年前にメルボルンで知り合ったときは,子どもたちはこの世に誕生していなかった. お友達はモナシュ大学の日本研究センターに日本語の本を読みに来ていて,私はそこで日本語講座のアルバイトをしていたのだ. 読書室にかわいい女の人がいるなーと思っていたら,声をかけてきてくれたのだ. へー,鳥取出身なんですね,え?鳥取県日野町ってどこ? え?もう結婚してるんですか? それにだんなさまは香港人の弁護士で名前をジャッキーというって,なんか映画に出てきそうな感じですよね,え?ジャッキー・チェンじゃないって?そうかそうか...というような会話だったと思います. あの会話から10年. あの日あの時間にモナシュ大学の日本研究センターに行っていなかったら,このお友達との出会いもなかったのだと思うと,人との出会いというのは偶然のようで実は必然なのではないかと思えてしまう. 10年という年月が経過し,海を隔てた遠い国でお互い暮らすようになっても,こうしてつながっていられることは何にも代え難い財産である.

そして,もう一つの財産は3人の子どもたちだ. 10年の間に新しい生命が3つも誕生したことが何かとても神秘的なことに思える. そして,10年前モナシュ大学の日本研究センターで日本語の本を読んでいた鳥取県出身のお友達は3人の男の子のお母さんなのだ. この大きな変化が,わたしには映画とかドラマの中で起きているような何かとても劇的なものに思えてならない.

3人の子どもたちは,鳥取県出身のお母さんと香港出身のお父さんに育てられる中で,日本語と中国語を習得し,学校に行くようになってからは英語も習得しているという. ヒューゴ君(6才)と英語あそびをしていて「sから始まる単語で知ってるものは?」とたずねると,"STALK!"という単語が第一声で返ってきた. すばらしい. あれ?でもそれって"STALKER(ストーカー)"の動詞形ですよね. なんでそんな単語を知っているのでしょうか. やはりこの6才児は天才に違いない. さらに,6才児は今回の一時帰国でなんと鳥取方言も習得したらしく,わたしの知らない言葉を話していた. 「それは中国語?」とヒューゴ君にたずねると,「ううん,これは日本語だよ」というお返事. あれれ. ということは4カ国語を話せるということではないか. これは素晴らしい. こんなに小さな頭の中で,いったいどんな言語処理が行われているのだろうか. まさに想像の域を超えた世界であり,これも神秘と言わざるを得ない.

国際線出発ゲイトで3人の子どもたちとお母さんを見送り,その姿が見えなくなるまで手を振った. 目頭が熱くなり鼻の奥がツンとする感覚に襲われた. 帰国したメルボルンは今は真冬. 地球は広い. でも見上げた空は一つ. 

次に会える日を楽しみにして.

|

« 6才児 | トップページ | アラビックヤマトです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6才児 | トップページ | アラビックヤマトです »