« 時間と手帳 | トップページ | 新天地 »

PhD Defense

Dscf4099

博士論文が無事に完成し,4月30日にディフェンス(最終口頭試問)を受けに,ハワイ大学に行って来ました.

5人のコミティの先生方の前でまず20分間プレゼンをするのだが,先生方がまるで石のように微動だにせず,無表情でこちらをじっと見ているので,「おーい聞こえているのかい」と確認したくなってしまうほどだったのだが,「おーい」とか「ちょっとー」とか声かけができる雰囲気ではとてもなかったので,ただただその冷たい視線に耐え,プレゼンを続けるしかなかったのである. こんな雰囲気の中でのプレゼンは初めてで緊張しすぎて吐きそうになりました. 吐かなかったけど.

20分のプレゼンが無事に終わると,恐怖の質疑応答が始まった. これが90分ほど続く. 先生がしてくださった質問は想定していたものもあれば,想定していなかったものもあり,ああやっぱりさすが先生だなと改めて先生方の偉大さを再認識したし,自分のリサーチのweaknessesにも改めて気づかされ,大変厳しい質疑応答となったけれども,90分はあっという間に終わってしまった. 

その後,部屋を一時的に出るように指示される. 外で待っている間,先生方は合否判定の会議を行うのだそうだ. たぶん儀式的なものなのだろうけれど,やはり待っている間は心配で心配で吐きそうになりました. 吐かなかったけど. 同じPhDプログラムに所属している私の尊敬するYさんが一緒にいてくださったのが支えになりました.

Dscf4105_2

その後,指導教授のオルテガ先生に呼ばれて部屋の中に入ると,コミティの先生方があたたかい表情で迎え入れてくださった. あれ約1時間前は確か石でしたよね...と思っていると,先生方が一人ずつ,レイをかけてくださった.  "Congratulations"という言葉とともに. 

この瞬間を心に思い浮かべることが,この6年の間に何度あったことだろう. 向いていないことをしているんじゃないかという思いがちらつくことも同じくらいの頻度あったと思うが,その度に,この瞬間を心にイメージし,向いていないことをしているんじゃないかという思いを抑えてきたように思う. 自分がずっと心にイメージしてきたこの瞬間に,今実際に自分が存在していることがとても不思議なことに思えました. 

とりあえず6年間のPhD生活に一区切りがつきましたが,このディフェンスでまだまだ自分はリサーチャーとしては未熟で,リサーチにも課題が多いことを思い知らされ,これからが始まりであることを再認識しました. 

2012年4月30日が次のステップのスタートラインである.

Dscf4106

|

« 時間と手帳 | トップページ | 新天地 »

コメント

さっちーさん、おめでとうございます。この喜びはこのスペースではとても表現することはできませんが、今までの自分の人生の中でこんなに人のことで喜びを表現したい瞬間はなかったです。その理由はやはり、さっちーさんの今までの人生の trajectory を近くで見させてもらってきたことも大きな理由の一つだと思うのです。我々の2年間は比較したら怒られると思いますけれど、なんとなく想像はできるので、勝手ですが我々も喜びを共有させていただける幸福を味わわせてくださいね。いやあー、本当に素晴らしく、嬉しいですね。What an accomplishment! です。defense の様子も我々もハワイにいる時に何度かあの古い Moore Hall で目にしたこともあったので、手にとるようにわかるような気がします。中の様子は見た事はないのですが、それぞれの教授のほとんどの授業は受けたことがありますので、なんとなく、これも想像がつくような気がします。ただし、吐くような経験は体験したことはありませんが、教授たちがその雰囲気を故意に作っているような気もしないでもありません。professionals として固辞したい線をしっかりと提示し、責任というものの現れかもしれませんね。なんか、偉そうなことを言ってすみません。我々も可能であったら、UH についていきたかったです。最近息子がやたらに、ハワイに行きたい行きたいと言っていますので。ただし、家内は飛行機が駄目でそんな気は起こらないようですが。写真を見せてもらってしばし、懐かしさで拡大して見入ってしまいました。感想は「変わってないなー」という感慨です。その変わっていないことを想定していましたが、しばし、日本の価値観を離れ、昔の battling fieldsを少しの間訪れてみたい、そんな気持ちを最近持っているところです。話はそれてしまいましたが、6年間ご苦労さまでした。さっちーさんは、多くの人が達成し得ない大きな仕事をやり遂げられたことを勝手にですが、我々も誇りに思います。そしてそれから大きな勇気を頂きました。我々ものんびりなんかしとられんばいという気持ちになっています。博多もんとして嬉しいばい。いつ、福岡に戻ると?

投稿: 福岡の2人 | 2012年5月 5日 (土) 09:56

おめでとうございます!!

投稿: | 2012年5月 6日 (日) 10:24

>先生,

ありがとうございます.良い報告ができて私も嬉しいです.3年ぶりのハワイでしたが,何かふるさとに戻ってきたような気持ちになりました.Dちゃんはハワイ大学に留学するかもしれないですね.

投稿: satchy | 2012年5月 8日 (火) 19:12

> ありがとうございます.

投稿: satchy | 2012年5月 8日 (火) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間と手帳 | トップページ | 新天地 »