« 雪 | トップページ | PhD Defense »

時間と手帳

Dscf4062

フランクリン・コヴィーのスケジュール帳を買いました.

そろそろいい年齢になってきましたし(「いい」の定義が不明瞭ですが.いー),加齢に伴って役割が増えてきて(「加齢」というと臭いがしてきそうですが.しゅー),最近のもっぱらの課題はタイム・マネイジメントでありますし,しっかりとスケジュール管理をすることによって,24時間という限られた時間を,より効率的に,より生産的に過ごせるよう,そんな気持ちを込めて,フランクリンを選びました なんといっても,フランクリンのキャッチコピーは「人生を変える第四世代時間管理ツール」なのである. 人生を変える第四世代ってなんだかよく分かりませんけれども,新たな道を切り開いていこうしている今,このスケジュール帳が,自分の後押しをしてくれそうな気がしている.

ちなみに,フランクリンさんによると,「第四世代」とは,過去から現在に至るまで,その時代の生活や社会に応じてメモ帳やスケジュール帳がどのように進化してきたかを表す指標なのだそうだ. 単なるメモとしての「第1世代」,更にスケジュール管理の要素が加わった「第2世代」,目標管理や能率・効率を追求する「第3世代」. ところが,第3世代手帳では,スケジュールを必要以上に詰め込んでストレスを抱える問題が生じてきたのだという. そこで,生まれたのがこの「第4世代手帳」なのだそうだ.

時間は管理できない.管理できるのは自分自身の行動である」という点に立脚し,大切なことに大切な時間を使い,自分自身の生活を効果的に管理する手帳へ.

これが「第四世代手帳」の定義であるらしい. 

そういえば,この世で管理できない(取り戻せない)唯一のものは「時間」ではないかという気がする. お金は失っても馬車馬のように働く覚悟があれば,失った分が戻ってくる可能性は高い. 人間関係は一時的に失ったとしても,努力次第でパッチアップが可能である(ただし相手が異性である場合は,破局した後に取り戻すことが可能かどうかは過去に試みたことがないので分からない). しかし,「時間」は,お金や人間関係とは異なり,「取り戻せない」という性質を持っている. irretrivable.  だからこそ,その「時間」の上を生きる「自分自身」を管理せんとあかんよということなのである. ちなみに「〜せんとあかんよ」というimperative formを関東圏で使用すると,とても喜んでもらえることを知りました. また,命令の強い意味を和らげる"hedge"の役割も果たすようである. 幼少時に習得した方言は場所が変わってもretrivableであるのが不思議である. 「時間」もこうであればいいのだが,いや,こうやったらええのにねえー.

第四世代手帳,フランクリン・コヴィーとともに,2012年は,限られた時間内に「たくさん生産できる」実り多い一年にしたいと思います.

明日から2月.

|

« 雪 | トップページ | PhD Defense »

コメント

satchyさん、お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
コヴィーさんの手帳、買われたんですね。きっと実りの多い年になりますね!
私、昨年職場の先輩に勧められて『7つの習慣』を読んだのですよ。satchyさんもお読みになられたのかなと思いまして。
(自分にとっては)とても大事なことが書かれていて、今も時々読み返しています。なかなか実践するのは大変ですけれど。
satchyさんはもう第四世代(!)、さすがです。

ところで、話は変わりますが、先日writing centerのシンポジウムに参加して、研究発表を聞いてきたのですが、satchyさんの論文を引用して支持していらっしゃる方の発表を聞きました。参考文献でもお名前よくお見かけしています。
L2ライティング教育におけるsatchyさんの貢献の大きさを改めて知った次第です。


投稿: yoppy | 2012年2月19日 (日) 21:05

yoppyさん,

お元気ですか.コメントとても嬉しく読ませていただきました.『7つの習慣』,私も先輩の先生にすすめられて読んだのですよ.yoppyさんと全く同じで,今の自分にとってとても大事なことが書かれている気がして,いつも手元に置いておきたい本です.類書で洋書になりますが,以下の著書もとてもenlighteningでしたよ.

18 Minutes: Find Your Focus, Master Distraction and Get the Right Things Done

ライティングセンター研究,年々,認知度が上がってきていますね.ハワイ大に留学する前に何としてもSILS WCでの経験をまとめておきたいと思い,JALTのジャーナルに投稿したものが2006のアーティクルです.reflection的なものでお恥ずかしいですが,書いておいてよかったと今は思っています.

ちょっとご報告したいこともあり,またメールも書かせていただきます.お元気でお過ごしくださいね.ありがとうございました.

投稿: satchy | 2012年2月22日 (水) 10:08

satchyさん、お返事ありがとうございました。私も嬉しいです。
ご紹介くださった本もぜひ読んでみたいと思います。
ご連絡楽しみにお待ちしていますね。
satchyさんのご活躍をお祈りしています。


投稿: yoppy | 2012年2月22日 (水) 14:36

!?

投稿: girigiri | 2012年2月23日 (木) 13:15

ご無沙汰してます。
久しぶりに読ませていただきました。
知的な内容なのに面白い。
楽しい気持ちになります。
手帳ひとつとっても実ははとても哲学的なんですね。
勉強になりました。
以前、「所詮、過去と他人は変えられないからねぇ」
といった友人の言葉にとても納得しましたが、
「時間は管理できない。管理できるのは自分自身の行動である」にもとても納得しました。
ま、管理できていない自分がいるので余計に納得です。
研究者としてもますます活躍されていて立派です。
私もがんばりたいですが、基本は自己管理ですね。
私もがんばろうという気持ちになりました。
お元気で!

投稿: hitomi | 2012年3月27日 (火) 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | PhD Defense »