« Toward recovery | トップページ | 台湾 »

今学期担当している授業で,苗字に「熊」の付く学生さんが3人いるクラスがある.

3人のうち2人は,「大熊(オオクマ)さん」と「小熊(コグマ)さん」である.

この2人が同じクラスにアサインされたことに何か運命的なものを感じてしまう. 名前だけではない. 大熊さんは身長が高く,小熊さんは身長が低いという外観的特徴は,この2人が同じクラスにアサインされることはもはや宿命だったのだという確信を抱かせる. さらに,この確信は,この授業(2限,12:10終了)が終わったら2人で近くの山に蜂蜜をなめに行くのかなというまるでクマのプーさんで描かれているような空想の世界へと私を旅立たせる. そして出席を取りながらこみあげてくる笑いを必死で押さえ蜂蜜をなめに行く2人を直視しないように努めている最低なわたくしである.

「熊」の付く苗字の3人目は「熊田(クマだ)くん」である.

「大熊」と「小熊」ペアに比べると,「熊田」は普通である. しかし,出席簿上で「熊田(クマだ)」が「大熊(オオクマ)」と「小熊(コグマ)」の間にしっかり挟まれている事実に気がついてしまった時,このインパクト有→普通→インパクト有の並びにも何か運命的なものを感じざるを得なくなる. そして,ー見すると中学生に見えないこともないまだ少年のあどけなさの残る熊田くんの外観的特徴が,蜂蜜をなめに近くの山へ向かう大熊と小熊を見て「あ,クマだ!」とか言って走って逃げる熊田くんの姿を思い起こさせる. そして,そこですかさず「あ,クマだ」ってそれ自分の名前でしょうが!というツッコミが入り,絶妙なオチで話がまとまってしまう時,もはやこの大熊→熊田→小熊の3人の並びは宿命以外の何ものでもなかったのだという確信を抱かせるのである. そして出席を取りながらこみあげてくる笑いを必死で押さえ「クマだー!」くんを直視しないように努めている最低なわたくしである.

こんなに熊率の高いクラスは初めてである.

|

« Toward recovery | トップページ | 台湾 »

コメント

LOL!

偶然とはいえスゴイですね。悲しい星座のお話を思い出しながら途中まで読んでいましたが、最後に大笑いしてしまいました。Satchyさんの想像力は豊か!午後も仕事ですが、笑い、とまらなさそうです。

同僚の熊野さんは北海道出身なので、この話をしてみたら、「うん、ランチタイムは蜂の巣よー」なんてさらっと言っていました。

脚、その後いかかですか。くれぐれもお大事にしてください。何か出来ることあったらおっしゃってください。

投稿: girigiri | 2011年5月23日 (月) 13:39

girigirさん

北海道出身の熊野さん!ぜひ私のクラスに来ていただいて,大熊さんと小熊さんと熊田くんのサークルに入っていただきたいです.熊率100%です.

ちなみにこのクラスには猿田(サル田)くんという学生もいるんですよ.猿田くんの趣味は木登りだそうです.なんだか飼育員みたいな気分になってきました.

# 猿田くんの趣味が木登りというのは今つくりました.

熊野さんがどんな人なのかイマジネーションが膨らみます.

投稿: satchy | 2011年5月23日 (月) 17:25

はじめまして。「ハワイ大学」の検索結果から辿り着きました。ハワイ大学大学院を目指す小学校教員です。
熊話、笑ってしまいました。そのお三方でくまのプーさんを創るとなると、是非熊田さんに主人公として、しかも語り手として、蜂蜜を舐めに行くお話をしてもらいたいです。

お話が面白いので、去年の1月頃まで遡ってしまいました。..なんか気持ち悪いですね。。
研究されている内容にも大変興味があるので、ご迷惑でなければ時々お邪魔させてください。

投稿: ルイ | 2011年5月23日 (月) 23:07

ルイさま,

いただいたコメントに気がつかずお返事が遅れてしまいました.

ブログに来てくださってありがとうございます.大学院はハワイ大のEducation Departmentでしょうか.私の所属はSecond Language Studiesでしたが,Educationからも統計学や発達心理学などの授業をいくつか取りました.学生の中には現職の小学校の先生もおられました.

何かお役に立てそうなことがあれば,遠慮なくおたずねくださいね.

投稿: satchy | 2011年5月29日 (日) 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Toward recovery | トップページ | 台湾 »