« 春 | トップページ | 末吉@浅草 »

lunch box

Dscf3935_2

Afternoon Teaで新しいランチボックスを買った.

このランチボックスは見た目の可愛さに加えていろいろな意味で斬新である.

Dscf3939_2

何がすごいかって同じランチボックスでもこのランチボックスは「保温ジャー付きランチボックス」なのである. 炊きたてホクホクの美味しいご飯が,数時間経っても炊きたてホクホクの美味しいご飯の状態で食べられるのである. 研究室にふりかけを常備したくなってきました. ちなみにわたしは「のりたま」派です. これはすごい. 

さらにこのランチボックスはおかず用のケースが二つに分かれているため,忙しい朝でも,そのへんにあるおかずをドサドサっとそれぞれのケースに放り込むことが可能となる. つまり,お弁当全体のデザイン,見た目のバランス,色の配置といったミクロな部分を考える手間が省けるということである. これはすごい.

おかず用ケースが二つに分かれていることの利点はもう一つある. それは「おかずA」と「おかずB」というそれぞれにinherentであるべきはずの味がいつのまにかintegrateされ「おかずA×B」に変化してしまう危険性を事前に防ぐことができるという点である. よくある例としては,「ひじきの煮物」のだし汁がお隣の「白身魚フライ」の領域に侵入したために「ひじきの煮物白身魚フライ」というintegrateされたおかずが完成するという現象が挙げられる. というかもうこうなったらフライじゃねーじゃんかよというツッコミをここで入れなければならない. しかし,このAfternoon Teaの斬新なランチボックスのおかげで「ひじきの煮物」と「白身魚フライ」がintegrateされる可能性はほぼゼロ%となった. これはすごい.

最後に,この二つのおかずケースの形をご覧になっていただきたい. 通常のおかずケース,一般に「タッパー」と呼ばれるものであるが,その形といえば,丸か四角というのがconventionであった. しかしながら,このAfternoon Teaのおかずケースの形は丸でも四角でもない. この形を何と描写すればいいのか今考えているところだが,なんかグニャっとなっててなんかヘンテコなボデーをしている. 我ながら描写能力のなさに驚いているところである(グニャっとかヘンテコって). ボデーって. ボディー. しかし,このグニャッとなっててヘンテコなボディが思わぬ威力を発揮する場面がある. それは,保温ジャーとこのおかずケースをランチボックスに今まさに収納しようとする場面である. 何と,このおかずケースのグニャッとなってる部分が保温ジャーの丸みとまるでパズルのごとくぴったり一致するのである. その結果,保温ジャーとおかずケース二つという比較的かさばる物体の集団が小さな可愛いランチボックスに美しく収まってくれるということになる. 丸みと丸みの一致の実現. 奇跡の合体だ. 緻密に計算されつくした設計となっており,数学の美しさを感じずにはいられない瞬間である. これはすごい. 

普通に新しいランチボックスの写真を載せるだけのはずがすごい長文になってしまいました. 奇跡の合体って.

お弁当タイムが楽しみになってきました.

|

« 春 | トップページ | 末吉@浅草 »

コメント

私もほとんど毎日、銅色のThermos保温じゃーつきランチボックスを職場に持っていってます。サッチーさんのような素敵なShapeのおかずケースではなく、楕円2つです。サッチーさんのおかずケースのShapeを例えるなら、パックマンとかBeanとかくまさんかうささんでしょうか。。。私も思いつきません。

この形、うらやましい限りです。私はお昼家からランチを持っていったときは必ず写真を撮るのですが、このお弁当箱で写真を撮る日は、楕円形2つと円がうまくかみ合わなく、デジカメ画面の長方形の枠にしっくりこないんです。ますますサッチーさんのがうらやましくなりました。

このおかず容器の中に、シリコンのミニケースを組み合わせたりして、いろいろとおかずを詰めています。ちなみに、おかずだけ食べ過ぎてしまって白ご飯が残りすぎた場合、私の職場の机に常備してある、丸美やのごーごーごましお君か、アンパンマンふりかけか、金か銀ののりたまぴよぴよをかけます。同僚はゴーゴーごま塩君(手乗りごまぴーらしい)が何にでもOKといっていました。

最近USBあったか弁当箱ポーチとか、ご飯の炊けるお弁当箱とかすごいですね。ジャーを持ってきてみんなでご飯をシェアしたいのですが、同僚は外食が好きなようでなかなかできません。ジャーでいろいろ出来るのにぃ。

Thermos保温じゃーつきランチボックスは中学生のときから使っていましたが、それは恐ろしく重く、今思うとよく持っていくことが出来たなぁと思います。しかもそのころの保温弁当は工事現場で働いていらっしゃる方々用中心だったなんて事実をつい先日知りました。今は女の子にも持ちやすい、かわいいらしいデザインで私も持って行くのがすきになりました。中学のとき、おかず容器やご飯容器には、冷やしておいたそうめんをいれ(もちろん事前に麺の水をよくきって、冷蔵庫にいれてひえひえにしてあります)、保温の水筒におつゆを入れて持っていったり、固焼きそばの具と固焼き麺を別々に入れてもって行ったりしました。おすすめですので、まだしていらっしゃらなかったら是非お試しを!

投稿: girigiri | 2011年4月18日 (月) 14:04

girigiriさん

保温のお弁当箱って確かに昔は工事現場のおっちゃんのアイテムってイメージがあったね(笑).でもgirigiriさんが中学生の時代というのはそんなに昔のことではないと思うので,その頃にはもう保温弁当も女子学生のアイテムへと変貌を遂げていたのでしょうね.そうめんとか固焼きそばとか美味しそう!ぜひ試してみますね.保温弁当デビューが人よりかなり遅くなってしまったけど,これはほんとに素晴らしいアイテムだよね.あったかいご飯って本当においしい.

ご飯が炊けるお弁当箱があるなんて知りませんでした.わたしは個室をもらっているので炊飯ジャーを持ち込むことも可能なんですが,あいつ部屋でコメ炊いてやがるって評判が立つのもどうかなーと思ってまだ実現できないでいます.

girigiriさんのお弁当の写真見てみたいです!

投稿: satchy | 2011年4月18日 (月) 17:49

是非今度お写真見てください!

そういえば、職場の個室でご飯炊いていてSmoke Alarmが鳴ったら笑い事ではすまなくなりますね~。うっかりしていました。それこそ「米(飯)炊き先生」なんてニックネームついてしまいます!!!

ただ、炊飯器があれば保温もでき、ほかほかの肉まん等が食べられますし、レトルトパックを入れておけばご飯に温かい具をかけられますし、炒め物もできますし、温泉卵も蒸し野菜も出来るし最高です。私は職場で個室がないのですが、天井がかなり高いオフィスなので、炊飯器は使えそうです。ただ、みんなの前で一人使用するのは少し気が引けるので、まだ一度も持っていったことはないです…

去年は100円ショップのフタツキオドンブリ容器と卵を何個か職場に持っていき、熱湯を容器に入れ、卵を入れてから蓋をして放置しておくと、お昼頃には温泉卵が出来ていました。またまたおすすめです。

話はかわりますが、うちの外国籍のある同僚(男性で独身)は、朝からミニ炊飯器で一合分のご飯を炊き、秋刀魚を焼くことで有名です。この人と一時期同居していた同僚であるご夫妻の証言があります。ご近所さんも朝からさぞ煙やにおいで毎週迷惑していることと思います。

では!お昼時間が終わってしまったのでまた描かせてもらいます

投稿: girigiri | 2011年4月19日 (火) 14:13

うーん,girigiriさん,おもしろいー.

温泉卵に蒸し野菜,極めつけに秋刀魚,すばらしいです.

投稿: satchy | 2011年4月23日 (土) 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春 | トップページ | 末吉@浅草 »