« lifting up | トップページ | AAAL 2011, Chicago »

一歩でも,半歩でも

東日本大震災の発生を受けて,大学の卒業式は中止となり,学科単位での証書授与式のみが行われた.

私は本学に赴任してまだ二年目なので,今日巣立って行く4年生の学生さんたちとはほとんど関わりがなかったが,これから社会人として新たな一歩を踏み出そうとしている学生さんたちの爽やかな笑顔を見ていると,この4年間で一人一人が刻んで来た歴史,そして築いてきたものの重みがじわりじわりと伝わってきて,一人一人に心から「卒業おめでとう」という言葉を贈りたい気持ちになった.

地震の後は気持ちが沈みがちだったが,新たな一歩を踏み出そうとしている若者たちの笑顔に励まされ,そして,自分も沈んでばかりいないで前に進んで行かなくてはいけないという気持ちになった.

そして,主任教授のB先生が卒業生に贈った言葉にも大きな力をもらえた. 尊敬する人物が岡本太郎氏だというB先生は,現在開催されている「生誕100年岡本太郎展」で目にした氏の次のメッセージを学生に贈っていた.

「何でもいい,見物人ではなく,とにかく自分でやってみよう. 動いてみよう. 一歩でも,半歩でも前に自分を投げ出してみる. 出発は今,この瞬間からだ」

何かはっとさせられた.

特に「見物人になるな」というフレーズが今の自分の心にずしりと響いた.

わたしは何をやっていたのだろう. つらいとか悲しいとか寂しいとか苦しいとか自分で自分を暗い気持ちにさせているだけで,自分からエネルギーを外に放出することをしてこなかった. 自分にできることは限定的だが,少なくとも,教員としてこれからの未来を担う若者と関わっている以上,若い人たちにエネルギーを与え,前へ前へと導いていく使命が自分にはあるはずで,その努力をこんな時だからこそしなくてはいけないのだった. 地震で被災された方々に直接的な形で手を差し伸べることはできなくても,若い人たちにエネルギーを与え育てていくという形で,自分にできることはたくさんあり,その使命を自分から放棄していてはだめだということに改めて気がついた.

見物人になっていてはいけない. 

一歩でも,半歩でも,前に自分を投げ出してみよう.

|

« lifting up | トップページ | AAAL 2011, Chicago »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« lifting up | トップページ | AAAL 2011, Chicago »