« Mele Kalikimaka | トップページ | 結びつける力 »

新年

Dscf3873

2011年が始まった.

年末年始は神戸の実家に帰省し,"Advanced language learning: The contribution of Halliday and Vygotsky" (Byrnes, 2006)を読んで過ごす. つもりが,結局,集中して読めたのは行き帰りの新幹線の中だけになってしまった. お雑煮やおせち料理をいただいたり,「大木こだま・ひびき」の漫才を見たり(「そんな奴おらんやろ〜」はやはり最高です),甥っ子や姪っ子と戯れたり(「ババぬき」をして2位になりました.中途半端やね),いちばん年長の甥っ子(中学1年生)が「遠隔英才教育(by satchy)」の結果英語の成績が「5」だったという報告を聞かせてもらったり(英検の問題集を送っただけだけれども),近所のサティの玩具売り場で姪っ子に「リカちゃんのスウィーツデコラハウス」を買って差し上げたり,楠公さん(湊川神社)に初詣に行って研究やその他諸々のことに関して祈願をさせていただいたのちに屋台のたいやきを食べたり,神戸ハーバーランドから夜景を見てああhomeに帰ってきたーと感傷に浸ったり,そのあと中学生と小学生の甥っ子たちがガチャガチャで織田信長の鎧兜をゲットして大興奮しているのを見てなんでガチャガチャで鎧兜なのさー?(しかもすごい金色)とわけがわからなくなってしまったりしていると,とても「研究モード」にスイッチを切り替えることはできなかった. しかし,仕事をしているときは感じられないあたたかな時間を過ごすことができた. 家族がいて,帰る場所がある,というのはとてもありがたいことだなとしみじみ思いました. 

帰りの新幹線では,気持ちを切り替えて本を読むことに集中した. ちょうどUターンラッシュの日に当たり,通常の指定席は満席だったが,グリーン車に一つだけ余っていた席を確保することができた. 初めてのグリーン車ぐりーんぐりーんわーいとわくわくしながら乗り込んだものの,通常の座席より少し幅が広い程度でそれほどプレステージ感は感じられなかった. あるとしたら席についたとたんに「おしぼり」をサービスしてもらえたくらい. 別におしぼりいらん. ところで, "Advanced language learning: The contribution of Halliday and Vygotsky"のeditorであるHeidi Byrnes先生は,ジョージタウン大学で,"Developing multiple literacies"という教育目標を掲げた全学レベルのライティング・プログラムを展開しておられる方である. ジャンル・アプローチに基づくライティング教授法を取り入れ,様々な社会的コンテクストで異なるジャンルを書く活動を通して,リテラシーを強化することを目指すタスクが組み込まれている. このタスク・デザインには,ハワイ大学のジョン・ノリス先生も携わったらしく,Task-Based Language Teaching (TBLT)のアイデアも取り入れられている. 大変システマティックで,その教育効果がいかほどのものか大変気になるプログラムなのだが,その報告がこの著書の中でなされている. このプログラムはドイツ語のライティング教育だが,私は同様のライティング・プログラムを日本の大学の英語ライティング指導に取り入れたいという秘かな夢を持っている. 正確にいうと,英語に限らず日本語での文章力育成も視野にいれた"multicompetence"涵養のためのカリキュラムを作ることが最終的なゴールである. 「外国語教授とは母語の能力向上をも視野にいれたものであるべき」という千葉大学の大井恭子先生のお考えに,わたしは全く持って共感している一人である.

書いていて恥ずかしくなるくらい大きな目標を語っている. しかし,目標を公表し自分を追い込むことは,達成に一歩近づく有効な戦略である. って,元旦の日の朝日新聞に書いてありました. 新聞に書いとったんかい. 頭の中で考えていることを文字化すると,やはりモチベーションが上がってくる. ライティング・プログラムの件は長期的な目標だが,今年の短期的な目標として,本格的にジョギングを開始し,2012年のヨロン・マラソンに出場することを目指すことにした. 長い間忙しくて走ることから遠ざかっていた. 何となく直感で今年は走ることを再開しなければという気持ちになった. 

Dscf3869

新しいジョギング・シューズを買いました. 

リーボックのTAIKANシリーズは,とても軽くて,足が前へ前へ自然に出る感じがします. って,神戸ハーバーランドのゼビオの店員さんが言ってました. 店員が言っとったんかい.

でも,実際走ってみると,本当に軽くて,足が前へ前へ自然に出る感じ. 

この調子で前へ,前へ・・・だ.

今年もがんばります.

|

« Mele Kalikimaka | トップページ | 結びつける力 »

コメント

satchyさん、今年もよろしくお願いいたします。

お正月はご実家で楽しく過ごされたご様子で宜しかったですね。
また、ヨロンマラソンにチャレンジされるとか、
前向きに動いていらっしゃるのは、素晴らしいなぁ〜と思います。

私は、お正月に日頃の運動不足解消に長距離ウォーキング
しましたら翌朝、見事に足がつってしまいました。

日頃の運動不足を痛感しました。

走られるときは、準備運動をされてジョッキングされてくださいね。

日増しに寒くなっておりますが、お身体ご自愛いただき
お仕事にご趣味にとお励み下さい。

それでは・・・。。

投稿: nepcom | 2011年1月10日 (月) 12:11

nepcomさん,

明けましておめでとうございます.
本年もどうぞよろしくお願い致します.

このところ毎日本当に寒いですね.
目標を決めてジョギングを始めましたが,早朝の暗くて寒い中を走っていると,ペナルティを受けているような気持ちになります☺ 休日は太陽が昇ってから走れるので快適ですが.

それにしても,このリーボックのシューズは軽くて本当に走りやすいです.

ヨロン・マラソンは,与論島を旅したいという気持ちもあって出てみたいと思うようになりました.

20キロがどのくらい大変なのか想像がつかないのが今の私のレベルですが,できるところまでがんばってみようと思っています.

nepcomさんの楽しい旅のお話を聞けるのを今年も楽しみにしています.

投稿: satchy | 2011年1月14日 (金) 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mele Kalikimaka | トップページ | 結びつける力 »