« 太宰府天満宮 | トップページ | ハワイ大学のSatchyさん »

福岡

Dscf3737

福岡旅行最後の日に愛宕神社というところに連れて行っていただきました.

階段を上ると,穏やかな青い海とそこにぽっかり浮かぶ小さな島と福岡市内の街並が目に飛び込んできた.

「海」と「島」と「街」がこんなに近い距離で同時に視界に入るという種の景色を見たのは初めてかもしれない.

福岡の愛宕神社という場所からしか見られないこの景色. 

何だかとても得難い経験ができたような気がした.

Dscf3738

福岡空港に行く前に,市内にある16区という洋菓子のお店に連れて行っていただきました.

桃のケーキをいただいたのだが,これは普通の桃のケーキじゃなかとです. むっちゃくちゃ美味かったとよ. 博多弁の使い方なんかおかしいとよ. とよとよ言ってます.

この16区というお店は,福岡市の浄水通りという高級住宅街の中にある. 16区という名前は,オーナーの三嶋さんが「フランス修業時代にシェフを務めた『アクトゥール』がパリの高級住宅地16区にあったことにちなんだもの」(©16区ウェブサイト)であるらしい. なんか洒落とるとよ. うちの実家の近くにある「洋菓子キムラ」さんとは何か違うとよ. やかましい.

桃のケーキを堪能していると,オーナーの三嶋シェフがわざわざテーブルにご挨拶にやってきてくださった. なんてプロフェッショナルなのだ. こういう「おかげさま」精神がまだ日本に残っていたことに大いに感動した. ミシマー.

これから「浄水通り16区のミシマの時代」が必ず来るはずだ. そのミシマが明日から一週間,東京・渋谷の東急百貨店にやって来るらしい(大九州物産展). みんなでミシマを応援しようではないか. いつのまにか呼び捨てになっていました.

Dscf3740

ミシマが焼いてくれたマロンパイを先生がおみやげに買ってくださった. ほんに有り難かたい. あれ. ありがとうございます.

ミシマのマロンパイは,秋限定の商品なのだそうだ. ちょうど16区を訪れた日がマロンパイ解禁の日で,お店は大変な混雑ぶりだった. 明日からの渋谷での物産展でもマロンパイが販売されるらしいので,お近くの方はぜひ東急百貨店へ足を運び,ミシマを応援してあげてほしい. 呼び捨てにすんなって.

三日間という短い時間だったのだが,先生方のおかげで福岡を堪能でき,福岡が大好きになりました.

心からありがとうございます.

|

« 太宰府天満宮 | トップページ | ハワイ大学のSatchyさん »

コメント

何回もすみません。お騒がせしております。博多華丸ではなく、博多一丸でもなく、かじゅやでございます。意のおもむくまま、無計画に連れ回した結果、ミシマに会うことができ、そのミシマ(呼び捨てごめんね、ミシマさん)が東京に登場するとは、本当に偶然でございます。16区は福岡ではかなり有名(随分と前から)だと自分の中では思っています。でも少し従業員スタッフはちょっと多すぎたように感じましたが。
話変わりますが、TQのアーテイクルヨマセテ(アレ)いただきました。素晴らしい!感動した。感服。脱帽です。心を洗われました。冗談は本当にさておき、TQに publish されるとはスゴイことです。UH で学んだことが、すべてコンパクトに体現化されていて、大変勉強になりました。いくつか質問がありますが、また次の機会に質問させてください。すごーい。

投稿: かじゅや(また登場) | 2010年9月 3日 (金) 00:58

かじゅやさま,

先生,ミシマのマロンパイ,すごくすごくすごくおいしかったです.秋の味覚を感じさせる大きな栗がしっかり入っていて,ミシマの本物志向が伝わってきました.16区のウェブサイトも情報満載,見やすくデザインされていて,プロフェッショナルを感じました.すばらしいですね.これからミシマはどんどん有名人になっていくことと思います.というか呼び捨てにすんなって.

TQのアーティクル,早速読んでくださりありがとうございます.SLS750で取り組んだプロジェクトだったので,本当にシンプルでlimitationsの多い研究ですが,"metaphorical thinking"という新しい分野について知識を広げることができたという点で,自分にとってはとてもよい経験になりました.

先生から質問やコメントをいただけると私も良い勉強になりますので,またご連絡いただけるとありがたいです.

それからゆずのドロップもとってもおいしいです!

ありがとうございました.

投稿: satchy | 2010年9月 6日 (月) 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太宰府天満宮 | トップページ | ハワイ大学のSatchyさん »