« White Tim Tam | トップページ | ワタリガニなど »

歴史に学ぶ名言

0011

『日経ビジネスアソシエ』6月号を買ってみた.

特集は,「歴史に学ぶ金言・名言」である.

このごろ,「毎日一歩一歩前へ進む勇気をもらえるような言葉」に飢えている. 

わたしが直面している壁はもはや乗り越えられないのではないかとネガティブ思考に陥ってしまう時,勇気を与えてくれる「言葉」は,壁を乗り越えるための珠玉の方法論となる. 「言葉」って大事だと思う.

現在故郷のスペインに帰っておられるオルテガ先生から,執筆中の博士論文に対して濃厚な密度のフィードバックをいただき,その濃厚さに吸い取られそうになっている中身の薄っぺらなわたくしには,次の言葉が心に響いた.

今日も生涯の一日なり」 ー福沢諭吉ー

今日という日は人生の一コマでしかないが,その一コマの積み重ねが人生だ,という意味である.

目の前の課題や仕事に追われていると,そんな当たり前のことを忘れてしまうものである. 一日の始まりにこの言葉を声に出して,一つ一つのことに真摯に丁寧に取り組みたい.

ところでスペインに帰省中のオルテガ先生は,やはり一般市民と同じようにWorld Cupに夢中だったりするのだろうか. ほっぺにスペイン国旗をペイントし,パブリックビューイングで「カモーン」と叫んでいる先生を想像してみた.

何かが違う気がする.

「おもしろきこともなき世を おもしろく」 ー高杉晋作ー

|

« White Tim Tam | トップページ | ワタリガニなど »

コメント

はじめまして。私の専門とは異なりますが、
ブログを大変楽しく拝見させて戴いており
ます。

ちょっとした一言に救われるといったテーマ
で記事の執筆があったかと記憶しております
が、学生時代、「人生に迷ったら古典を
読め!」とアドバイスを受けていたことを
思い出しました。

教員にして見れば、学生が古典を読まない
ことに対し忸怩たる思いを抱き、そのような
言葉になったのかなと思い返すときがあり
ます。

最近は古典など読まず新書で済ませている
我が身を振り返り、当時の教員は嘆いている
かなと自戒すること暫しですが、時間は流れ
ました。

関係ないことを書き連ね恐縮しておりますが、
読者として今後とも期待していることを付け
加えさせて戴きます。

それでは失礼!

投稿: Takashi Suzuki | 2010年7月 6日 (火) 20:44

Takashi Suzuki さま

コメントをありがとうございます.お会いしたことのない読者の方からこういうコメントをいただけると,本当に嬉しく思います.

Associeの記事の中で多くの名言に触れるうち,古典を読んでこなかった自分を少し反省しました.学生時代は,古典は試験のために勉強しているという感覚でしたが,実は珠玉の言葉の宝庫だったのだということに今になって気がつきました.日本語の美しさにも,改めて気づかされます.

これからSuzukiさんのブログにもおじゃましようと思っています.ところどころに時代を感じる懐かしい言葉が出てきてうれしくなりました.

これからも宜しくお願いいたします.

投稿: satchy | 2010年7月 9日 (金) 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« White Tim Tam | トップページ | ワタリガニなど »