« 塩らーめん | トップページ | 悩み »

6月

0004

6月.

夏が近づいてきたので,ネイルカラーを涼しげなブルーにしてみました.

大学生協のおばさま方に「んまーきれー」と褒めていただきましたが,ある男子学生からは,「先生,爪の先に青タンができていますよ」とコメントされしばいたろかと思いました.  

しかし,よく見てみると青タンに見えないこともないと思えてきた. いたいたしすぎるやろー. 学生の思わぬ描写能力にはしばしば驚かされることがある. というか「描写能力」というほど大げさなものでもないかもしれないが. 

毎日毎日,授業準備と課題の添削に追われ,その合間に自分の勉強や論文の執筆をして,あっという間に一日が終わってしまう日々が続いていて,そんな中で唯一心を落ち着かせることができる場所が月に一回訪れるネイルサロンというふうになってきている. 指先がきれいになると,しゃんとした気持ちになるのだ. しゃんしゃん. たとえ青タンと言われても. 

それにしても時間が過ぎるのは本当に早い. 毎年6月になると,あれから4年が過ぎたのだなという気持ちになる. 

あのときあの選択をしたことでそれまで知らなかったことを自分は知ることができたが,その反面,あのときあの選択をしたことで,つまり,自分がそれまで知らなかったことを知ってしまったことで,4年後の現在までそのことがずっと自分の心を縛り続けている. 4年前の6月のあの選択は正しかったと思うし,でも正しくなかったのかもしれないとも思う. しかし,あのときああしていなかったら…という仮定法過去完了の問いは全く無意味なのだということも分かっている. 時間は後戻りはできなくて,前に前に進んでいくしかないものなので,だから自分も前に前に進んでいくしかないのだから.

4年後の6月の自分はどうなっているのだろう.

今と同じようなことを相変わらず言い続けていない人になっていたいし,ネイルサロン以外に心が落ち着く場所を見つけていたい.

|

« 塩らーめん | トップページ | 悩み »

コメント

お久しぶりです!

お元気ですか?Satchyさんの生徒さん方はSatchyさんと似てつっこみがとても面白いですね!(ただし、あおたんには見えませんが。。。)とても素敵です。

Satchyさん、自分自身との日々の戦いは表現できないほど厳しいものと思いますが、必ず物事には終わりが来ると思います。それがいつになるかわからないし、果たして数年前に選択したことが正しかったか(よかったか)どうかはわからないと思いますが、例え正しくなかった(よくなかった)と思うようなときが来ても、またそれから時が経てば他の様々な出来事が増えることによって「やはりよかった」と思えるような時期がきっとくると思います。

最終的によかったかどうかは、亡くなるギリギリまで分からないから楽しみですね!

投稿: girigiri | 2010年6月 7日 (月) 13:18

girigiriさん

おひさしぶりですー!お元気ですか.

コメントをありがとう.
そのとおりだなと思いました.
そのことが正しかったのか正しくなかったのか意味付けをするのは結局自分なのですよね.

いつもありがとう.

投稿: satchy | 2010年6月 8日 (火) 09:37

6月ですね~そちらは、梅雨の時期ですね。
6月の札幌は、清々しくて私の好きな季節です。

選択が正しいのか、正しくないのかは、その後自分がどう生きたかで決まると思うけど…
気持ちは、いつも前向きにしていたいですね~
その4年間の途中、異国でお会いしたsatchyさんは頑張っていたと思います。私は、のーてんきな観光客でしたが(笑)

ネイルの写真を見た時、素敵~って思ったのに、青たんという文章を見たとたん、青たんに見える私は単純すぎ~(笑)

投稿: タロママ | 2010年6月 8日 (火) 10:07

タロママさん,

おひさしぶりです,タロママさん!

札幌は梅雨がないんですね.
これから札幌にも緑があふれてきますね.
旭山公園がなつかしいです.

その後自分がどう生きたか…
この言葉が胸に沁みました.
ありがとうございます.

青い爪って確かに普通ではないですよね(笑).
春に怪我をした薬指の爪は古いのがぽろっととれて新しいのが生えてきました.子供の歯みたいですね.

お元気でお過ごしくださいね.

投稿: satchy | 2010年6月 9日 (水) 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩らーめん | トップページ | 悩み »