« リセットと勇気 | トップページ | Using models in teaching L2 writing »

ありあけのハーバー

0010

関東に来てから気になっているテレビCMの一つに,横浜名菓「ありあけのハーバー」がある.

「関東に来てから気になっている」理由は2つある. まず1つ目は,このCMが関東地区限定で,私の出身地である神戸では見たことがなかったことだ. この銘菓の存在自体を知らなかっただけにCMそのものも新鮮なのである. 「その土地の銘菓をテレビCMで宣伝する」ということになると,関西地区でまず思い浮かぶのは『551の蓬莱』である. というか銘菓じゃなくて豚まんでした. それはさておき『551の蓬莱』のCMでは,「551があるとき」と「551がないとき」で家族のしあわせ度がいかに異なるかが「動と静」の絶妙なコントラストで描かれている. 一方,ここ関東地区における『ありあけのハーバー』のCMは,「ハーバー持っておばあちゃんのとこ行こ」という横浜在住のチビッコの声が一言流れるだけという実にシンプルなプロットになっている. 「ありあけのハーバーがあるとき」と「ありあけのハーバーがないとき」という『551の蓬莱』に見られる動と静のコントラストという手法を使えばもっと視聴者の心をつかめるような気がするが,関東ではこういうシンプルなもののほうが受けがいいのかもしれない. というかパクリでしょう. そのシンプルさゆえに,おばあちゃんのところに行く→ありあけのハーバーを持参しなくてはという連鎖を視聴者に促し,それが結果的に潜在顧客の醸成へとつながっているのかもしれない. なんか適当なCM分析をしている. 

そして2つ目の理由は,このコマーシャルで子供が歌っている「ありあけのお〜♩ハ〜ああバ〜♫」という歌が,決して上手とは言えないにも関わらず,一度聞いてしまうとずっと頭の中に残り続ける独特なサウンドを醸し出していることだ. 「ありあけのお〜♩」の「お〜」の部分で音程が上がり,「ハ〜ああバ〜♫」の「ああ」の部分で突然音程が下がったかと思ったらまた突然「バ〜」で音程が挙るのである. この「お〜」と「ああ」と「バ〜」が織りなすサウンドが,視聴者の頭の中に残り続ける要因になっており,それが結果的に商品の認知促進という効果へつながっているのかもしれない. なんか勝手なCM分析をしている. 

こんなどうでもいい極めて適当なCM分析をしてみたのは,今日学生さんに,ありあけの「黒船ハーバー」をいただいたからである. ありあけのハーバーのチョコレート味は「黒船ハーバー」っていうのだそうだ. ちなみに白餡が入ったほうのハーバーは「横濱ハーバー」というらしい. アナロジーで行くと,チョコレート味が「黒船ハーバー」なら,白餡は「白船ハーバー」でなければならないと思う. さらに,「黒船」と「横濱」は区分の異なるものを同列に並べているという点で,論理学の観点から言うと,カテゴリー・ミステイクを犯しているという指摘を受ける可能性がある. しかしながら,そんな論理的誤謬に対する指摘も,「ありあけのお〜♩ハ〜ああバ〜♫」というダイナミックなサウンドの前では何の威力も示せないのだろう. その前に「あの歌のどこがダイナミックなの?」という指摘を受けるかもしれませんが. というか関西地区にお住まいの方々にはなんのこっちゃさっぱりわからんエントリーになってしまいました.

ところで,学生さんにいただいた「黒船ハーバー」はその名の通り,色は真っ黒であり,形は船の形でした. ここまで黒くしちゃうの?と問いたくなるくらいの黒さ加減に,ありあけハーバーさんのハンパない力の入れようを見た気がした. 一口食べると,カカオの濃厚な風味が広がり,ペリー提督横浜上陸の図が鮮やかに脳裏に蘇りました. カカオとペリーのつながりがよく分かりせんが. というか見たんかい. なんか適当なことばかり言っている.

黒船ハーバーはとてもおいしかったので,今度おばあちゃんのところに行くときには必ず持参したいと思いました. 

やはりCM効果はかなりあるみたいだ.

|

« リセットと勇気 | トップページ | Using models in teaching L2 writing »

コメント

I had a dream to make my own business, but I did not earn enough amount of cash to do that. Thank goodness my close colleague said to take the loan. So I received the short term loan and made real my dream.

投稿: RandolphLARA26 | 2010年6月24日 (木) 00:30

おばあちゃんにあげたら

ありあけの婆ー婆ー♪になりそうですね。

投稿: girigiri | 2010年7月12日 (月) 13:00

ARIAKE BABA
と表記すると,どこかのファッションブランドぽい響きになると思いました.

投稿: satchy | 2010年7月17日 (土) 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リセットと勇気 | トップページ | Using models in teaching L2 writing »