« ありあけのハーバー | トップページ | White Tim Tam »

Using models in teaching L2 writing

外国語でのライティング指導において学習者に「モデル」を示すことは効果があるのだろうか.

先行研究では意見が分かれる. 「モデル」を示すことについての反対意見は,「モデルを示すことは学習者に一つの型(template)を押しつけることにつながる可能性があり,そのことによって学習者が自ら考える力や創造力が育たなくなる」という教育学的立場からのものや,「書き言葉のテクストというのは状況や目的や読み手によって変わるものであり,モデルを提示することでテクストの多様性の意味が失われる」というコンポジション研究の立場からのものなどがある.

これらの反対意見に対して,「モデル」を示すことには賛成意見もある. しかし,これは「条件付き」の賛成である. 条件とは二つある. 一つは「提示するモデルは2つ以上(multiple models)であること」. 二つ目は,「『同じジャンルの複数のモデルが目的や読み手によってどう異なるか』を書き手本人に分析させる活動を取り入れること」である. この二つの条件をクリアすれば,モデルは有効ではないか,というのが賛成意見の主張である. そして,モデル賛成意見の多くは,あるコミュニティーに参加したばかりの(たとえばアメリカの大学に到着したばかりの日本人交換留学生)初級の書き手(novice writers)に焦点を当てている場合が多い. スキーマが十分に構築されていない初級の書き手に「モデル」を示すことは,ある特定のジャンルの「特徴(features)」や「慣例(conventions)」や「ルール(rules)」を明示的に伝えることになり,書き手がコミュニティーに参加する第一歩としてモデルは有効である,というものである. この立場を取るのはジャンル・アプローチ(genre approach)とかジャンル研究の人々だ. わたしはこちらの立場である.

先日,このモデルの有効性に関する論文を読んで,改めてこの問題について考えさせられた. その論文とは,

Macbeth, K. P. (2009). Deliberate false provisions: The use and usefulness of models in learning academic writing. Journal of Second Language Writing, 19, 33-48.

である.

この論文でMacbethは「モデルを示すことは負の影響がある」と主張し,学習者が実際に書いた文章を例に挙げて,モデルの負の影響を"false provisions"として紹介している.

興味深かったのは,Macbethの分析が社会学理論をバックボーンにしていることだ. ブルーマーの「感受的概念(sensitizing concepts)」(シンボリック相互理論)を使って,ライティング指導におけるモデルの非有効性について説明している. 

ブルーマーによると,私たちが対象をとらえるとき,その多くは「定義的概念(definitive concepts)」ではなく「感受的概念(sensitizing concepts)」に基づく. つまり,すでにあるルールに事例をあてはめていくのではなく,事例を感受してその個別性を理解していく,ということである. たとえば,おいしいラーメンのお店を開業するにあたっておいしいラーメンを開発しようとするとき,すでに確立した「おいしいラーメンの作り方」(=定義的概念)に忠実に従うことよりも,まず,いろいろなお店で「おいしいラーメン」を食べながら,麺やスープや具をリサーチし,「おいしいラーメンの個別性」を感じ取る(=感受的概念)ことが大事だということだろう. 「言葉はいらない,感じ取れ」というやつだろうか.

このブルーマーの「感受的概念」がライティング能力育成という状況にもあてはまる,とMacbethは主張している. そもそも,「よい文章」とは「よいラーメン」と同じで一つに絞ることはできない. いつ誰にどこで何のために書くかというコンテクストによって「よい文章」は大きく変化する. 従って,「よいラーメン」の個別性を理解するのと同様に,「よい文章」だってその個別性をちゃんと認識するべきなのである. これがMacbethの「モデルは負の影響がある」という主張の根拠である.

しかし,もしMacbethが主張するようにライティングが「感じ取る」ものなのだとすれば,ライティングの教師の役割とはどうあるべきなのだろうか. 「先生は何も教えません.さあ君たち,感じ取れー感じ取るのじゃー」って言うのだろうか. (そんなわけはないけど)

また,ライティング能力が感受的概念と結びついているというのであれば,だからこそ,複数のモデルを示すことで感受的概念が促進される,と言うことはできないだろうか. 塩ラーメンとみそラーメンと豚骨ラーメンという複数のラーメンを比較してみることで,つまり個別性を理解することで,自分にとってのおいしいラーメンとは何かがそこで初めて「感じ取れる」のではないかと思うのである.

「感じ取る」ことの重要性は理解しつつも,初めて外国語でパラグララフレベルの文章を書こうとしている人々には,ある程度の「定義的概念」が必要ではないかと私は考えている. たとえば,アカデミック・ライティングの場合だと,「Toulminの論証モデル(Toulmin Model of Argument)」は,読み手を納得させる論理で構築された文章を書くための定義的概念として有効ではないかと思われる. 他に,たとえば,依頼メールなどの場合だと,「状況によって丁寧度を調節する("Would you mind ...?"や"I was wondering if...?など)」というルールは,定義的概念として明示的に説明されないと初級の書き手が「感じ取る」ことは難しいのではないかと思われる.

そもそも,「対象を理解する」という極めて抽象的な概念を,「感受的概念」vs.「定義的概念」という二項対立で説明することにもちょっと無理があるような気がしてならない. この二つの概念は"interrelated"の関係にあるような気がする. 言葉なしに思考を深めることはできないし,思考がなければ言葉を発達させることもできない. 人間の能力の発達とはそういうものじゃないかと私は思う.

世間はワールドカップで盛り上がっているというのに,Macbeth(2009)の論文について語っている金曜の夜. そういえば「マックベス」という名前ってちょっとかっこいいじゃないかとくだらないことを「感じ取った」わたくしである. 

ところで「第二言語ライティング勉強会」なるものを立ち上げるというのはどうでしょうか.

|

« ありあけのハーバー | トップページ | White Tim Tam »

コメント

”モデルを示すことは負の影響がある”可能性など考えてもみませんでした。今まで使ってきたESLライティングの教科書はモデルだらけですし・・・でも確かに教えていて、モデルを提示するのは便利ですが、そのモデルから離れてくれない学生も居て、困ったりするのも事実です。モデルをお手本として、次の段階で感受性を使ってライティングを発達していってくれればいいのですが、学生の大半は「とにかく書けばいいんでしょ、書けば。合格点さえ取れるライティングをすればいいんだから、感受性とか、個性とか、Developmentとかそんなの時間ないよ、先生」というようなやりとりも時々起こります。私としては、なんてもったいない・・・と思うのですが。

マックベスさんのおっしゃるライティングにおける「感受的概念」は学生の年齢及びMaturity(Epistemological development)とは関わらないのでしょうか。ただ関わるだけではなく書き手の感受性のDevelopmental ステージによって、ライティングの出来やら向上が違ったり・・・しないかな・・・というのが前に高等教育で学生の考え方の熟成度について学んだときに思ったことです。(無理やりこじつけただけ、なんですけど・・・すみません)

それではよい週末を。

投稿: tressoles | 2010年6月26日 (土) 16:11

tressolesさん,

tressolesさん,コメントをありがとうございます.

モデルをどう使うかはとても難しい問題ですね.特にそのジャンルをほとんど書いたことがない(外国語で)学生の場合はどうしてもモデルにとらわれてしまうというのがありますね.中にはモデルを参考にしつつ,感受性を多いに働かせてオリジナリティあふれる文章を書いてくる学生もいるのですが,そちらのほうが少数派かなという気がします.ライティング力に加えてモチベーションも多いに関係しますよね.

「感受的概念」はmaturityやdevelopmental stageにも関係するはずですよね.特に外国語学習の場合は,ある程度のスキーマが構築されていないと感受は難しいと思います.Macbeth(2009)はオーストラリアの大学の留学生(undergrad)を対象にした研究でしたが,初級アカデミックライティングの指導でモデル文を提示したところ,thesis statementやintroductionの構成がモデルとほぼ同じだったという結果を報告していました.でも,ライティング経験のほとんどない留学生にモデルをたった一つだけ提示したのであればそうなってしまうのは当然かなという気がしましたし,もしもっと別のやり方でモデルを提示していれば(たとえばいいモデルと悪いモデルを混ぜるとか,いいモデルを2〜3つ見せるとか,ディスコースアナリシスを教室活動に取り入れるとか),ただの丸写しという結果にはならなかった可能性があるのでは...と思いました.

感受的概念でライティング力の発達を説明しようとするのはちょっと無理があるような気が私はしたのですが.ちゃんと反論できるようになるにはもっと経験を積まなくてはいけませんが.

tressolesさんのご意見をお聞きできて本当によかったです.ありがとうございました!

投稿: satchy | 2010年6月29日 (火) 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありあけのハーバー | トップページ | White Tim Tam »