« めもむし | トップページ | 煮込みハンバーグ »

不安定

Dscf3583_2

4月に入り,入学式,新入生オリエンテーション,学科会議,英語プレイスメントテストなどの大事な行事が続き,忙しい毎日が始まりつつある. 来週からはいよいよ授業が始まる.

3月中は勤務時間のほとんどを自分の研究にあてることができた. この期間中に自分に課していた二つの宿題,「パイロットスタディのペーパーを完成させること」と「プロポーザルの修正版を完成させること」は,どちらとも計画通りに終えることができた.

ということをこうして文字化してみると,自分がまるで「優等生」であるかのように着色され美化される気がする. でも,当たり前のことだけれど,上から着色して美しく見せることは簡単なことで,つまり,大事なのはどれくらい質のいいものに仕上がっているかという中身なのである. それは外からは見えにくく自分だけにしか分からない. そういう面では相変わらず自分の力不足を痛感せざるを得ない結果となった. たとえば,パイロットスタディを行ってみて,最初のリサーチデザインに大きな穴があったことに気がついた. パイロット段階で気がついたのだから本番で修正すればいいのだけれど,こういう基本的な失敗をしてしまう自分を情けなく思った. 

そんなことも含め,3月中は自分を改めて振り返る機会がたびたび訪れ,そのたびに気持ちが下へ下へと下がっていった. そして,そのたびに自分の心を苦しめたのは,4年前にハワイ大学に留学することを決意したときに思い描いた「4年後になっていたい自分」のイメージと,4年が過ぎた今もそのイメージを実現できていない「今の自分」の姿とのギャップである. あのときなりたいと思った自分にはまだなれていない. その原因は,「力不足」と一言に尽きることはもう十分に分かっている. その不足した「力」が努力して獲得できるレベルのものではないこともすでに気づき始めている. もうやーーんぴと言ってあきらめたらいいのかもしれないが,これまで積み重ねて来たものを無駄にすることは一生の悔いになることもよく分かっている. 一生悔やみ続けることが怖くて,また同じことをこつこつと続けて行くことになる. 大波にさらわれまいと,転覆した船の破片に必死にしがみついているような状態だ.

春という気候のせいもあるかもしれないけれど,このところ,こんなふうに不安定な毎日を過ごしていて,大波にのまれて遭難する夢を見たり,海で出会ったオットセイの顔がなぜか指導教授のオルテガ先生の顔で,びっくりして悲鳴をあげたら「カモーン」と言って噛み付かれた夢を見たりした. なんでオットセイだったのかは分からない. でも顔はオットセイでもやっぱり「カモーン」って言っていた. また,昔のいろいろな出来事を突然思い出して,急に涙があふれてくるようなこともある. 泣くとすっきりするので泣くのはきらいじゃない. でも,弱虫な自分を認めなくてはいけないので,できれば泣きたくない.

神戸に帰ったとき,実家の庭は春の美しい花々で彩られていて,その美しさに心が癒される反面,自分は女性に生まれながらこんなに小さなお花さえも上手に育てることができないという現実と向きかい,何だかつらくて涙があふれてきた. パンジーを見てメソメソ泣く人なんてちょっと変だと思う. わたしが部屋のベランで育てているパンジーは,どんなに頑張っても実家のパンジーのように美しくは咲いてくれないのだ. 花を育てる力もなければ研究を遂行する力もない. このごろは卵焼きを焼いても失敗してしまう. 自分には一体なにができるのだろうと思ってしまう.

今のこの下がりきった状態を乗り越えたとしても,その乗り越えた先にどんな幸せなことが待っているのだろうと思ったりする. 

そんな不安定な春のひととき. 

|

« めもむし | トップページ | 煮込みハンバーグ »

コメント

ご無沙汰しています。
私は無事北京に戻ったのですが、なぜか北京ではこのブログが開けず、(もしかしてアクセスが制限されてる???)、今一時帰国で日本に来てやっと見ることができました。

がんばっているサッチーの姿が目に浮かびます。
大丈夫です。がんばり続けていれば必ず結果は得られるはずです。(自分に言い聞かせています。)「力不足」、私も承知の上ですが、やめたらそれまで。やはり前に進むしかないんですよ。進み続ける人は常に力不足や新しい課題を見つけるからやり続けるんだと思います。力がある人もきっと同じですよ。

ところで、パンジーですが、地面に植えて育てるのとプランターや鉢でベランダで育てるとのでは全然育ち方が違うみたいです。お庭のパンジーは、ほうっておいても雨水を吸い、太陽を浴びて育つものです。

うちのベランダにおいていた草木はすべて枯れました。だって、毎日水やるとか日のあたる位置に移動させるとかしてられないもん。
お互いがんばりましょう!花育ても勉学も。

投稿: Hitomi | 2010年4月14日 (水) 00:08

Hitomiさん,お元気されてますか.コメントいただけてとてもうれしかったです.そして,このメッセージを書きながら,1月に年賀状のお返事をいただいたときにメールを書こう書こうと思いながら,そのままになっていたことに気がつきました.失礼をお許しください.日本にはいつまでいらっしゃるのですか.一時滞在ということは,また戻ってしまわれるのですね... このブログも政府のネット検閲でアクセスが制限されているのかなー.Hitomiさんと交流ができなくなるのはちょっとさみしいです.

前に進んでいかなくてはだめですね.onとoffの差が激しくて,調子が悪いときにはどんどん後ろ向きになってしまいます.歳を重ねるごとにon/offの差がどんどん大きくなってきてる気がして,自分で自分をコントロールするっていくつになっても難しいことなんだなと改めて思います.

お花を育てるのも人間を育てるのも同じですね.たっぷり愛情を注がないと育ってくれない.花育ても勉学もがんばります.Hitomiさん,ありがとうございました.

投稿: satchy | 2010年4月14日 (水) 10:13

サッチーさん

大きな夢を見られたんですね。

先日正岡子規の本を読んでいたら、スケールの大きな夢を見る人は、未来・可能性も大きい人だとありました。

(その一方、私は歯が全部ボロボロに抜け、ふひゃふひゃふひゃと騒いでいる夢を見ました!)

サッチーさんは一般より大きな運・実力を兼ね備えていらっしゃる方ですから、私はSatchyさんのこれからがもっと楽しみです。

投稿: girigiri | 2010年4月14日 (水) 13:09

girigiriさん

歯が全部抜ける夢,わたしも見たことあります.ふひゃふひゃふひゃおーほっほっほっんがんがって言ってました.カモーン.

girigiriさんこそ,可能性の大きい人だとわたしは思っていますよ.

いつもありがとうね.

投稿: satchy | 2010年4月17日 (土) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めもむし | トップページ | 煮込みハンバーグ »