« 大谷ヨネ子さん | トップページ | curiosity and innocence »

Valentine's Day

Dscf3535

今日も始まってゆく一日.

1月末に後期授業が終わり,期末試験があり,採点をして,評価を出して,入試の仕事をして,やっと雑務から解放されたと思ったら,2月も半ばにさしかかっていることに気がつく. 

この前,「あけましておめでとうございます」って新年の挨拶をしていたような気がするのに,時間が過ぎるのは本当に早い. 気がついたらもう明日はバレンタインデーである. 好きな人にチョコレートケーキを焼いて持って行かなくっちゃ. なんて乙女チックなことはア・ラ・サーの人は言ってはいけないのでしたね. というかどう考えても「ア・ラ・サー」は無理があるような気がしてきました. フォー. それにしても,チョコレート好きなわたくしとしましては,バレンタインデーには「送る」よりも「もらう」ほうの立場に憧れます. 毎週土曜日に楽しみにしている『日経プラスワン』の「旬のスイーツ」の本日の記事は,福岡にある「お菓子のいちりゅう」というお店の「シャルロット・オ・ショコラ」でしたが,濃厚なカカオの香りが漂ってきそうなケーキの写真に引きつけられ,このケーキがバレンタインの日に自宅に届くというようなことが起こらないかしらと甘い妄想をしてみたりした. それに,「シャルロット・オ・ショコラ」って名前も濃厚で引きつけられる. シャルロットですよ. シャルロット・オ・ショコラ・サッチーとかいう名前を勝手に作ってみた. なかなか濃厚な名前で,本名が実に普通に思えてきた. ばかばかしい.

そんなわけで,2月半ばにさしかかってやっと雑務から解放され,今日からやっと研究に打ち込める. 
新学期が始まるまでの約一ヶ月の間に,書きかけの論文を一本書き上げることと,博士論文のプロポーザルの修正版をコミティの先生方に出してOKをもらうことが目標. 気がついたら4月になっていましたあれれ,とうことにならないよう計画的に進めて行かなくてはいけない. 

そんなわけで,気合いをいれて大学にやって来た土曜日. でも静かな研究室でパソコンと向き合っていると息がつまりそうになって,結局カフェに移動してきた. 人の話し声とか音楽が聞こえる中でパソコンと向き合っていると,自分だけがふわっと浮き上がっている感じがして,仕事がはかどる. いつも孤独だけど,そういう場所に行くと,その孤独というラインにさらにくっきり線が入るような気がする. だから自分だけの世界に集中できるのかもしれない.

相変わらずの生活である. たぶんこの仕事をしている限り,これからもずっと同じことを続けていくのだろう. でも,Billsでブランチを食べて,江の電に乗ってぶらり電車の旅をして,江ノ島の「湘南の宝石」を見に行って,Amalfi Dolceでお茶して,シャルロット・オ・ショコラ・サッチーという名前にツッコミを入れてもらってとかそんな土曜日がいいなー,と本当は思っている. ありそうでない時間です. 

一人より二人がいいという当たり前のことを,一人で研究をしているとよく思う. 

そんなバレンタインデーの前夜.

|

« 大谷ヨネ子さん | トップページ | curiosity and innocence »

コメント

Satchyさん、こんにちは。

Valentine's Dayの思い出、ほとんどなく、Valentine's Dayがあってもなくても良いんですけどっていう態度で生きてます。

といいつつ、どこかの写真で見たらチョコレートに包まれているイチゴを見て、ちょうど、うちに99%カカオのチョコがあったので、イチゴを買ってきて、バナナ、リンゴ、イチゴを溶かしたチョコでコーティングして、軽く冷やして、食べました。(一人でですが。)99%になるとかなり苦みが強く、果物の甘みと調和して、しっとりした甘みを堪能しちゃいました。

今学期は、節約のため、自宅で勉強しているので、スタバなどのカフェに行って勉強してないんですが、カフェとかで周りに会話している人がいる中勉強していると、自分だけの空間見たいのができますよね。だけど、面白い話を盗み聞きし始めると、なかなかやめられませんが。

シャルロット・オ・ショコラ・サッチーって、ある意味、栗入りどら焼きセバスチャンみたいな組み合わせですね。

投稿: masaki | 2010年2月15日 (月) 08:22

Satchyさん
こんにちは

お久しぶりです。

今、上の方の「栗入りどら焼きセバスチャン」という表現を読んで笑いが止まりません。笑わせてくれてありがとうございます。月曜日が明るくなりました。

私は昨日、相変わらず骨董市で土埃にまみれながら骨董のお勉強をしていました。

バレンタインデーはまたしても女性から貰ってしまいました。戴けるのであればチョコを期待していたのですが(図々しいですね)、彼女によると私のイメージが「和風で、日本家屋に住み、ふだんから着物で『お母様ぁ お茶入れてまいりました』『お先に休ませていただきます』などと言って生活している完全和風女性らしく、いただいたのは鼓月の和菓子セットでした。チョコレートを食べている私は「想像も出来ない」らしいです。自分では頭の中は半分以上オーストラリアなので意外でした。

確かにSatchyさんのおっしゃるとおり誰かから自宅にバレンタインデーの日に素敵なお菓子が届いたら嬉しいのですが、今回は複雑な気持ちでしたね。

週末がバレンタインデーの日と重なる年は、チョコレートの売上高がかなり落ちるので、多くの企業が「逆チョコ」を昨年・今年とかなりすすめていたようですが、残念ながらその恩恵を受けることはありませんでした。。。

バレンタインデーの2・3日前から連日デパートのチョコレート売り場で山ほど男性が並んでいたのを見かけましたが、Satchyさんも見ましたか?あれは一体なんだったんだろうと今さら気になります。

投稿: girigiri | 2010年2月15日 (月) 13:34

masakiさん,こんにちは.

99%カカオのチョコって食物繊維もポリフェノールもたっぷりとれて,とってもヘルシーですね.それをフルーツにコーティングとは,さすがmasakiさんです.

カフェでの勉強,良い面もあり悪い面もありですね.行き帰りだけで結構時間をロスしているような気がするので,勉強は自宅でやるのが一番効率がいいのでしょうね.

日本のスタバは時間制限を設けているところが多いですね.混雑時には当たり前のことなのかもしれませんが,その点ではハワイのスタバは寛大だったなぁと思えます.

シャルロット・オ・ショコラ・サッチーは自分ではなかなかいけてると思っていましたが,栗入りどら焼きセバスチャンには負けたと思いました.セバスチャンって聞くと「執事」のイメージです.たぶんアルプスの少女ハイジの影響ですかね.ドラ焼きを持ってハイジのところに走るセバスチャンを想像してしまいました.栗も入ってますよ.ロッテンマイヤーは意地悪なので嫌いでした.

ありがとうございました.

投稿: satchy | 2010年2月17日 (水) 11:09

girigiriさん,こんにちは.

栗入りドラ焼きセバスチャンのほうがおもしろかったですか(競ってどうする).フランス語のauをカタカナで「オ」って表記するのが私にはとてもおもしろく思えますオ.

>日本家屋に住み、ふだんから着物で『お母様ぁ お茶入れてまいりました』『お先に休ませていただきます』などと言って生活している完全和風女性…


背が高くてすらっとしていて黒髪の和風美人でいらっしゃるgirigiriさん.まさにそのイメージです.ハンティングデール駅で突然一目散に走り出したgirigiriさんの姿はそのイメージとあまりにもギャップがあり,私にはとても印象深い思い出として残っています.でも,そこがgirigiriさんの魅力ですよ.ところで,本学に英会話を教えに来ているオーストラリア人の先生がメルボルン出身だと分かり,なんと日本に来る前はマイヤーデパート勤務だったのだそうです.フットボール体型のまさにオージーって感じの人ですが,担当セクションをたずねたところ「玩具売り場」ということでした.玩具かい.こちらもイメージとのギャップがおもしろかったです.

チョコレート売り場に男性が並ぶって逆チョコ現象が始まっているのでしょうか.もらいたいなー.

ぜひ骨董市にもご一緒したいです.よい一日をね.

投稿: satchy | 2010年2月17日 (水) 11:22

いやいやとんでもないです、栗入りどら焼きセバスチアーンもシャルロット・オっ・ショコラ・サッチーさんもどちらも同じぐらいおもしろかったです。

>ハンティングデール駅で突然一目散に走り出したgirigiriさん

やっとなんだか最近笑われている理由がわかったような気がします。自分のこと、知らなさすぎでした。

バレンタインデーの和菓子を下さった方に、わざと旧白洲邸の日本家屋のうつっている葉書に紫式部の切手を貼って御礼状を書いたら、「本当に古風なんですねー」と感心されてしまいました。やはりからかわれているような気がします。

メルボルンのマイヤーで働いていらした方の件、驚きました。Toys Dept.ってどこだったのか全く覚えていません。Satchyさんは覚えていらっしゃいますか。唯一働いたことのない部署かも。

今から久しぶりマイヤーのサイトを見てみようと思います。

懐かしいニュースを有難うございました。

では またお会いできるのをたのしみにしています。

投稿: girigiri | 2010年2月17日 (水) 13:14

girigiriさん

今日は少し暖かくなったね.お元気ですか.

「紫式部」とか「日本家屋」というメタファーがgirigiriさんにぴったりです.和服姿を見てみたくなりました.

マイヤーというと,やっぱり一階のサングラス・セクションとピアス・セクションですね.ブラックのワンピース姿,印象に残ってます.

良い週末をね.

投稿: satchy | 2010年2月19日 (金) 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大谷ヨネ子さん | トップページ | curiosity and innocence »