« シャルロット・オ・ショコラ | トップページ | たまプラーザ »

オリンピックとメディアなど

Dscf3471_2

深夜にオリンピック・ダイジェストを見ようと思ってテレビをつけたら,女性アナウンサーが,「今日は2月22日.2・22だから,にがつ・にゃーんにゃん」とネコの手招きポーズをしたので,さ〜と血の気が引いていった. 何かとても恐ろしいものを見てしまった気がした. 普通に「にがつ・にじゅうににち」って言えばいいと思うのだが,なんで「にがつ・にゃーんにゃん」なのでしょうかね. おまけにネコの手招きポーズつきなのである. こういうことを女性アナウンサーにやらせておけば,深夜の男性視聴者はウヘヘって喜ぶに違いないと番組制作側は考えているのかもしれないが,世の男性は「にゃーんにゃん」くらいでウヘヘって喜ぶほどシンプルではないとわたしは考えている. というか,やっぱりうれしいのかな. だとしたら,毎月22日が来たら,「今日は22日.にゃーんにゃん」と言ってネコの手招きポーズをしてみることは十分に価値があるのかもしれない. ウヘヘ. あーきもちわる. さらに,その女性アナウンサーが番組のエンディングに,いきなりすごいテンションで「オリンピックの勝利を願って,ダブルピ〜ス!」と叫び,顔をはさむようにしてダブルピースサインをして笑っていた. これは強烈だと思った. やはり何かが間違っている気がした. というか,オリンピック・ダイジェストを見ていたはずが,頭の中に残ったのは,「にゃーんにゃん」と「ダブルピ〜ス」だけになってしまったではないか. なんだかんだ言って,番組制作側の策略にはまってしまったのかもしれない. 

オリンピックといえば,わたしが好きな競技は,フィギア・スケーティングである. それも女子より男子の方が気になる. 日本では女子フィギアの浅田麻央選手が人気で,メディアも麻央ちゃん麻央ちゃん麻央ちゃんとかなり偏った報道をしていて,安藤選手や鈴木選手が気の毒に思えて仕方ない. それはともかく,わたしが好きな男子フィギアの選手は,織田信成である. 技術もさることながら(本当はよくわからないけど),関西の人で,関西大学の学生さんで,普段は原チャに乗っているというような経歴に関西人のわたしは何となく愛着を感じてしまう. ところで原チャって関西弁なのでしょうか(原付という意味). それはともかく,何といっても織田信成選手のすごいところは,戦国武将・織田信長の末裔であるという点である. 先祖が織田信長なんてすごい. 彼の顔を見ていると,400年の歴史を超えてDNAはしっかり受け継がれるのだということを感じてしまう. なぜなら,彼の頭の後ろにちょんまげをつけたら,織田信長の肖像画にそっくりになるからだ. まさにサムライ・スケーターである. そんなわけで,テレビに織田信成君が出てくると,どうしても後ろにちょんまげをつけたくなってしまう. やっぱりどこから見てもサムライ顔だ. そんなことを考えながら見ていることがばれたら,なんたる不届者,やーっとか言って刀で斬りつけられそうな勢いである. それにしても,織田信長ご本人は,まさか自分の子孫が氷の上でクルクル回る人になるとは当時想像もしなかったことだろう. 靴ひもが切れてメダルに手が届かなかったのは,ミツヒデの仕業かもしれない. アケチー. 

京都,本能寺の住職さんたちも,もちろん織田信成選手に声援を送っていた. 座禅を組んでテレビを見つめる坊さんたちの姿がテレビに映ったとき,一瞬,何の関係があるのか分からなかったが,本能寺が織田信長の宿所だったこととのつながりなのだろう. しかし,本能寺の坊さんのところにまで押し掛けて行くメディアのちょっと無茶なところは,「にがつ・にゃーんにゃん」に相当する怖さがあると思いました. それにしても,坊さんが横一列に並んでテレビを見ている姿は,ツルツルしていてまさに氷の上を滑るフィギアスケート!って感じがしましたし,同時に,引いたカルタが坊主連続だったときに感じる敗北感もよみがえってきたりして,何かとても奇妙な気持ちになりました. 坊主めくりかい. というか,織田信成選手の滑りを見ていたはずが,本能寺の坊さんの姿の方が頭の中に強烈に焼き付いてしまったではないか. やはりメディアの伝え方は何かがおかしいと思う.

そのことの関連で最後にひとこと言わせていただくと,服装だけですべてを判断するような報道の仕方も,個人的にはあまり好きではない. 「人と違うこと,個性を持つことは重要だ」という哲学に基づいて生きてきて,そのことが他者からも評価される環境に幼少の頃から身を置いていた人は,「人と同じであることが重要である場面もある」というルールを知らない可能性がある. 人間の行動というのは,自身が築き上げて来たスキーマに基づいて決定される. 今回,そういう新しいルールが本人のスキーマの改革につながったと思うし,まだ若い選手なので,みんなで育てていきましょうという温かい目で見てあげればよいのではないでしょうか. そんなに目くじら立てて怒ることじゃないと思いますけどね. 腰パンの人は本学にもたくさんいますし,町田駅付近でもよく見かけます. というかなんで町田なの?って感じですが. 大学生を見ていると21歳なんてまだまだ子供だなと思えてしまいます. まだまだたくさんの可能性を秘めている21歳をみんなで育てていきましょう,そんな報道があってもいいのではないかなと思いました. しょせんは,本能寺で横一列に並ぶ坊さんを見て坊主めくりの敗北感を感じてしまう程度な人の意見です. にゃーんにゃん.

|

« シャルロット・オ・ショコラ | トップページ | たまプラーザ »

コメント

satchyさん、こんにちは。

フィギュアスケート、テレビがないので、オンラインで見ていたんですが、鈴木選手のFSを見ていて、うるっときてしまいました。見ていて、心に響くものがありました。

カナダの女子ホッケーチームが、優勝後、観客のいないリンクで、シャンパン飲んだり、葉巻を口にくわえて、写真を撮ってたりしたことが、報道されてました。カナダの選手団長は、問題ないんじゃないかという立場で、こっちの人のコメントとか見ていても、そんな感じでした。だけど、カーリングやフィギュアスケートで、同じことをしていたら、もっと問題になっていたのかなと思います。ホッケーがメイジャーなスポーツではない国から見ると、すこし、印象が悪いかもしれないですよね。

お仕事先は、町田の近くか、その辺を経由して、行ってらっしゃるんですか。町田、実家から意外と近いので、小さい頃から、良く行ってました。町田と聞くと、東急ハンズを思い出します。小さい頃、東急ハンズに行くのが妙に楽しかったんですよ。昔は、全フロア、ハンズだったので、半日いても、あきない感じだった気がします。

投稿: masaki | 2010年2月28日 (日) 13:46

masakiさん,こんにちは,

アイスホッケーはカナダの国技なのですよね.盛り上がり方はすさまじいものがあるのだと思います.今朝,金メダルとったと聞きました.金メダルでも,「アメリカを敗って」の金メダルというのは,さらに付加価値がつくような気がします.

町田経由で通勤しているので,ときどき降りることがあります.ハンズはわたしも大好きです.半日いてもあきませんよね.ハンズだと,町田より新宿に行くことが多いです.新宿南口のエリアはお気に入りスポットです.紀伊国屋→ハンズ→高島屋デパートという順序でお買い物するのが楽しいです.最近時間がなくて行ってないですが.

日本はだんだん春めいてきました.日本の四季は本当にはっきりしていて,これだけ見事に四季折々の風情がある国は他にないかもと思えます.そちらはいかがでしょうか.

投稿: satchy | 2010年3月 1日 (月) 11:09

カーリングとアイスホッケーは、カナダの国技のような気がします。決勝の前で、アメリカに一度負けていたので、きっと、カナダのhockey freaksは、たいそう、うれしかったに違いないです。ちょうど、夜外に出たら、国旗を車につけて走っている車が、honkingしてました。

たまプラの方で、町田の話を少ししてしまったので、こちらでは、新宿のお話を。高校が渋谷だったんですが、途中行っていた塾が新宿だったので、半年くらいは、週2、3日は、新宿に通ってました。が、塾は、西口側だったので、東口と(芯)南口の方は、写真をやっていた時期にたまに行ってました。が、新宿は、出口を間違えると、違う出口に行くのが大変なので、苦手です。やっぱり、渋谷、原宿、表参道あたりが、落ち着きます。

紀伊国屋→ハンズ→高島屋の三店セットは、楽しそうですね。本屋でinspiredされて、ハンズでenthrilledされて、高島屋でsophisticatedな感じで。南口の方に、紀伊国屋があるのは知りませんでした。本店と同じくらい大きいですか?漢字は違いますが、スーパーの紀ノ国屋も大好きです。

後6日で、day light savingが始まります。一時間、時間が進むので、しばらく、夕方が1時間長くなる感じで、変な感じになります。ここ最近、日が延びてきたなって言うのは感じていたんですが、日中の日差しが暖かく感じるようにもなってきた気がします。といっても、気温は、まだ零度前後を行ったり来たりな感じです。さっきも、学校から帰ってくるとき、道が凍っていて、友達と一緒に滑りそうになりました。まだまだ、油断はできません。

投稿: masaki | 2010年3月 2日 (火) 11:42

masakiさん

オリンピックが終わってもそちらはまだ盛り上がっていそうですね.カナダの人というのはアメリカ人に比べるとおとなしくて穏やかでそんなに大騒ぎしないようなイメージがあったのですが(もちろん個人差がありますが),やはり国技で金メダルとなるとfreak outしてしまうのでしょうね.アイスホッケーとカーリングは大学でも人気のスポーツですか.アメリカの大学だとバスケかフットボールで盛り上がりますけれど.ところでhockyはなぜホッキーじゃなくてホッケーと表記するのでしょうかね.

新宿駅は私も苦手です.といっても私の「苦手」はmasakiさんとは違うレベルですが.いまだに西口,東口のことはよく分からないので,いつも南口を使っています.

もうすぐday light savingが始まるのですね.夕方が一時間長くなるあのちょっと変な感じ,特にメルボルンに住んでいたときに感じていたのを覚えています.12月〜2月の夏の間は夜9時くらいまで明るかったんです.家に帰るのがもったいないなとよく思っていました.

春が待ち遠しいですね!

投稿: satchy | 2010年3月 3日 (水) 11:50

ちなみに僕のご先祖様は、そのアケチーの家来だったそうですよ。
落ち武者ってやつですね。

投稿: 学部生J | 2010年3月 5日 (金) 02:44

J君

そうなんですか.ひとりで海外でも国際学会でもどこでも行ってしまうJ君の志の大きさと度胸の強さ,戦国武将のご先祖様のDNAをしっかり受け継いでいますね.

投稿: satchy | 2010年3月 5日 (金) 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルロット・オ・ショコラ | トップページ | たまプラーザ »