« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

my students

Dscf3493_4

学生から,名古屋のおみやげをいただく.

「キットカット・みそ風味」

「ちょこ」と「みそ」のコラボとは斬新である. どえりゃーおいしそーだぎゃ.

って名古屋の人はみんなこんな話し方するのかなと思って学生にたずねてみたら,

「誰もそんなしゃべり方はしてません.たわけ」ということだった. 「たわけ」とは言われてません.

ちなみに,この学生によると,「たわけ」は現在でも使用頻度は高いということだった. 若い名古屋人(特に男性)は「たーけ」というように,たわけの「わ」を長音の「ー」に変化させて使用するらしい. どえりゃーおもしれーだぎゃ. ちなみに,名古屋の人は「エビフライ」という単語が発音できなくて「エビふりゃー」という音声になってしまうという噂を聞いたことがあったが,これも確認してみたところ,

「いいえ,ちゃんとエビフリャイって発音できます」ということだった. あれ,やっぱりフライじゃなくてフリャイって聞こえましたよ. 見栄はってるけどやっぱりフライって言えないのかもしれない. 名古屋の方すみません.


Dscf3497

こちらの絵は,本学の学生が描いた油絵である.

学園祭に展示されていたものだが,あまりにプロフェッショナルなので感動してしまった. そのことを本人に話すと,「じゃ差し上げます」と言って持ってきてくれた. ありがたい.

この学生のお母様は芸大出身で現在も画家として活躍されているらしい. この絵を見ていると,やはりDNAは受け継がれるのだということを実感する.

絵の才能があるこの学生は,外国語の才能はあまりないようで英語は6クラス中いちばん下のクラスに入っている. ローマ字もままならないようで,"Tom and John"を「トムとジェリー」とか言っていた. おーい. そんなこと言ったら,トムさんとジョンさんがネコとネズミ呼ばわりされたって怒ってきますよ. もうかんべんしてくださいって感じがします. でも,こんなにすばらしい絵が描けるのですから,トムとジェリーだって許せてしまいます. 英語力なんてその人を表すほんの一面に過ぎないのだ,というついつい忘れてしまいがちな重要なことを,こういう一芸に秀でた学生に出会うたび再認識する.

こんなふうに,本学の学生は,学力はそんなに高くないけれども,他者に気遣いができたり一芸に秀でていたりと,人としての魅力にあふれた学生が多いと思う. たとえば,切れやすいとか暴力をふるうとかそういう形で他者を傷つけるようなことをする学生は,知っている限りいない. 暴力は困りますね. 暴力反対. 最近,大学によってはそういう学生も少なからず入ってきていると聞くと,本学はましなほうなのだろうと思えてくる.

しかし,暴力ではないにしても,別の形で教員のストレスを増やす学生もいる. 秋学期も終わりに差しかかったここ数週間,再履修クラスにいるある一人の学生の対処に困っている. 最後の授業の日,なんか見たことない人が座っているなーと思っていたら,授業後,その人が13回分の授業の欠席届を何のためらいもなく持ってきた. 授業初日から一日も出席していないのである. 10月8日:「ぜんそくのため」,10月15日:「友人の結婚式のため」,10月22日:「新型インフルエンザ」(中略)11月16日:「お葬式に出席したため」,11月23日:「インフルエンザB型」.(中略)12月10日:「銀行へ教育ローンを借りにいったため」,12月24日:「ふたたぶぜんそくが出たため」・・・という感じ. 

なんだかとても多忙な学生のようです.

というか木曜の夜に誰が結婚式すんねんって思いましたけど.

というか木曜の夜に誰が銀行に教育ローン借りに行くねんって思いましたけど. 

というか体弱いんですね.

というかほんの数週間の間に冠婚葬祭多いですね.

こんなウソを平気でつけてしまうその非常識さ. その上,衝撃だったのは,こんな信憑性のない届に保護者の署名と印鑑があったことである. ちょっと理解に苦しむ. なんでこんな学生を入れてしまったのか大学の選抜制度にも疑問を感じる.  

こんな欠席届が出されても,欠席を配慮する理由はなく,もちろん評価は「不可」である. しかし,「不可を出す」=「また来年の再履修クラスでこの人にお目にかからなければならない」という図式が,さらなるストレスとなって頭の中をかけめぐる. 彼の中に変化をもたらすべく教育者として彼と向き合ってべきなのだろうが,その一方で,もうこんな非常識な学生は救いようがないから見捨ててもいいのではないかという気持ちもないわけではない. 

学生を見ていると,一人ひとり本当に違っていて,人間って本当にいろんな人がいるんだなということを感じる. あまりに低レベルな13回分の欠席届を見ていると,"Tom and John"=「トムとジェリー」ってもしかしてアリじゃないか?って思えてくる. 

疲れた体と心に,キットカットのみそ風味がじわっと染みる. 

| | コメント (8)

Mac Debut

Dscf3491_4

2009年秋学期の授業がすべて終了.

昨日から学期末試験が始まった.

試行錯誤の一年で,ちゃんと成果が出せたのかどうか分からないけれど,なんとかここまで無事にたどり着けたことがうれしい.

今日で5科目のテストが終了. 残りあと3科目.

採点を待っている答案用紙の束を横目に,昨年11月に買ってから置きっぱなしになっていたMacをいじってあそんでいる. 

iPhotoの機能が充実していておもしろい. 早速,先日行った"No Man's Land" (@フランス大使館)で撮った一枚をedge blurに編集してみた. すごくたのしい.

きれいなWebページを作ってみたい.今日,Creative Suite 4 Web Premiumも注文してきました.

なんか世界が広がりそうな気がしてきた. 

| | コメント (2)

No Man's Land

Jan26_001_3Jan26_034_2フランス大使館で開催されているアート展に行って来た.

"No Man's Land"

大使館の機能は敷地内に新築した新庁舎に移転済み. 近く取り壊される旧館が会場となっている. 取り壊しまでの間に,この旧館を使って何かできないかということになり,日仏アートの交流の場としての"No Man's Land"が実現したという. エクセローーン.

新庁舎に移転して誰もいなくなったその土地は,まさに"No Man's Land". 残された旧館の歴史の堆積とともに,敷地内全体が芸術作品に変身していた.

大使館の中に入れる,ということだけでもこのアート展の価値は大きい. 普通の人が大使館の奥に足を踏み入れる機会はまずないからだ. そんなわけで,JR恵比寿駅から30分くらい歩いて(バスに乗るべきだった)やっと大使館に到着したと思ったら,ものすごい行列が. そこからまた30分くらい並んでようやく大使館正面玄関へ. シュペーーブ.

Jan26_004_2Jan26_003_2正面玄関を入ると,建物の側面に描かれた巨大なグラフティアートが目に飛び込んできた. 大使館の建物にこんな落書きしたら怒られますよ. この落書きは,フランスでグラフィティ・アートの先駆者とされるスピーディ・グラフィトー氏が描いたらしい. グラフィトー氏によるグラフティってなんかオヤジギャグみたいです. それはともかく,このグラフィティは何となく「寂しげな」感じがして,それが旧館の色褪せた風合いにうまくマッチングしていると思いました. 人間が作り出すあらゆる事象の内には本質的に芸術性が含まれている,それゆえに落書きも芸術作品になるのだということが,この落書きを見ているとよく分かります.

Jan26_041_3Jan26_025_3廊下の壁にも,さまざまなアーティストが自在にペイントを施していた. 中でもわたしが気になった絵は,「Tokyo」とか「Sushi Bar」とか「アーバン」とか「銀河」とか整合性の全然ない日本語文字があちらこちらに描かれている絵だった. なんで「Sushi Bar」と「銀河」なんですかね. そんな不思議さも芸術になってしまうから不思議だ.

Jan26_014_2Jan26_017_2館内には,大学教員の研究室サイズの小部屋がたくさんあり,それぞれの個室でユニークな作品が展示されていた. この小部屋は外交上の秘密の会話がリークしないようあらゆる電波が遮断できるような作りになっているらしい. この小部屋では一体どんな極秘情報が話し合われたのだろうか. そんなことを考えていると,自分みたいな普通の人がこの部屋に足を踏み入れていることがとても不思議に思えてきた. 外交官が使っていたと思われるデスクには,今やなぜか羊さんが並べられ,天井からはなぜかレインコートとかランドセルとか靴がぶらさげられている. すごく不思議な空間だ.

Jan26_037旧館の最上階,いちばん奥の個室には,白いふかふかのカーペットが敷き詰められていた. 荷物がすべて運び出され誰もいなくなった空っぽの空間からも優雅で重厚な感じが伝わってくる. 部屋の入り口に掲げられていた名札には,"Les Ambassadeur"の文字が. 駐日フランス大使. わー大使のお部屋. なんかすごいところに自分は今いるのだという気がしてきて,部屋そのものが芸術作品のように思えてきた. それにしても大使くらいのポジションになると部屋に白いカーペットを敷いてもらえるのですね. 階級社会を地で行く外交官の世界が白いカーペットに現われていると思いました. 

Jan26_031大使のお部屋のお隣は,グレーのカーペットでした. このお部屋は,特に何かの展示がされていたわけではないのだが,広い部屋にひっそりと残された椅子と,無造作に束ねられたケーブルが,アート展のタイトルになっていた"No Man's Land"を象徴しているような気がして,すべての作品の中で最も印象に残った. どんな人がこの椅子に座っていたのかなとか,この窓から見える景色をどんな気持ちで眺めていたのかなとか,この部屋の過去の様子に思いを馳せていると,ポツンと残された椅子とケーブルにはとてつもない歴史が詰まっていて,椅子とケーブルが歴史の堆積そのもののように思えてきた. 一時代を終えて今は取り壊しを待っているだけと思うと何となく寂しい気持ちになった. 

こんな気持ちにさせられるアート展を経験したのは初めてのような気がする. もうすぐ取り壊される場だからこそ感じ取れる何かが作品ひとつひとつにあったと思うし,もうすぐ取り壊される場だからこそ実現したアート展だと思う. 

フランスが「文化の国」と言われる理由が"No Man's Land"に行って分かった.

| | コメント (4)

こんな金曜日

1・2限と授業.

ランチをとってから,13時~16時まで月曜日の授業準備.

16時~18時まで学期末試験の作成.

18時から火曜日の授業準備を始め,気がついたらやはりいつもの時間になっている. ただいま20時半.

一つ一つのことに時間をかけすぎかもしれない. でも,いつもそう思っているけど,なかなか自分のやり方を変えられない.

今日も21時に大学を出るバスに乗って,帰宅するのは22時過ぎになるだろう.

年末にした中間テストの採点がまだ80人分残っている. 月曜日に返したいのでまた週末もお仕事しなくてはいけない.

研究もしなくてはいけない. 

仕事も研究も好きだけど,ときどき,ぽっかりと穴に落ちたような孤独を感じる. 

一生懸命生きていたら,そのうち穴から抜け出せる日が来るだろうか.

Dec26_013  お友達がプレゼントしてくれたネコちゃん.

| | コメント (8)

福財布

Jan6_043 新しい年を迎え,お財布を新調する.

 COACHの新作デザイン.

 新作のロゴは,ちょっと視力検査ぽく見えないこともなく,ついつい「右」とか「左」とか「上」とか「下」とか言って人差し指をクネクネしてしまいそうですが(いやしないかな),やっぱりCOACHは上品で華やかで素敵だと思います. COACHのものは一つも持っていなかったので,ちょっと大人の仲間入りができたような気分でうれしい.

前に使っていたお財布は,1998年にマレーシアのペナン島で購入したものだった. なんでペナン島. それはともかく,1998年というと,ちょうど一回り前である. 長年愛用してきたが,さすがに12年も使っているとくたびれてきてしまい,思い切って新調することにした. ピカピカの新しいCOACHのお財布を見ていると,なんか今年はお金が貯まりそうな気がしてきた. これまでお金が貯まらなかったのは,ペナン島で購入したこのくたびれたお財布が原因だったのかもしれない. なんでペナン島なの. もういい.

ペナン島で買ったお財布(まだ言ってる)を使い続けたこの12年間は,ふりかえってみると,自己投資の期間だった. 働いてお給料をもらっては,サイマルアカデミーで英語のトレーニングを受けたり,YWCAの日本語教師養成講座420時間に通って日本語教師の資格を取ったりした. そして,オーストラリア,ハワイと2回も大学院留学をした. なので,お金が出て行くばかりだった. 「新年にお財布を新調するとお金が貯まる」という言い伝えにかけて,これからの12年は,このCOACHのお財布で貯蓄に励むことにする. お金持ちになるぞー.

そういえば,COACH三ノ宮そごう店の店員さんも,「昨年のお正月にCOACHの新作お財布を購入したお客さまで,『お金が貯まった!』とおっしゃっていた方がなんと二人もいたんですよー」って甲高い言っていましたし. 二人かい. そんなセールストークがわたしに通用すると思っているのかい?と思いましたが,結局購入しました. 三人目になるぞー.

お金のことも含め,これからはもう夢ばかり見続けるのではなく,現実と向き合っていかなくてはいけないと思う. 博士号のこと,仕事のこと,住む家のこと,保険のこと,老後のこと,結婚のこと,などなど. 最近は,ネコとアヒルが力を合わせて幸せを招いてくれる保険があるらしいが本当なのだろうか. ネコとアヒルですよ. ところで,新年にいただく年賀状は,この頃,ご家族連名のものがほとんどになった. 「結婚しました」とか「赤ちゃんが産まれました」とか「二人目ができました」とか,家族の絆のあたたかさがじわじわと伝わってくる年賀状. 大切なお友達が幸せになってくれるのはとてもうれしいことで,本当によかったねと心から思う. でも,その一方で,自分だけが山の奥深くに閉じ込められてしまったような寂しさがじわじわとあふれてくる. このお正月は特にそういう気持ちになった. わたしがあてにできるのは,もはやネコとアヒルだけということなのだろうか. あーふらっく.

画家の平山郁夫さんの奥様は,平山さんと同じ美術学校の同級生で,学生時代は平山さんより奥様の方が断然絵は上手だったらしい. しかし,平山さんとの結婚と同時に奥様が選んだ道は,「平山さんの最高のアシスタントになること」だったのだという. 孤独な山の中から出てくるためには,「最高のアシスタント」になることを恐れない勇気,そして愛情と優しさが必要なのかもしれない. ネコとアヒルが力を合わせるというのも結局はそういうことなのだろう. 自分に欠落しているものばかりだ. しかし,自分に「最高のアシスタント」がつとまるのだろうか. 3連休も結局締め切りに追われている仕事があって大学に来ていたし,これ以上仕事が増えることはちょっと考えられないので,どちらかというとこちらが最高のアシスタントを雇いたいくらいだ. なんてことを言っているからだめなのだろうが. 

新しいお財布とともに,自分自身も少しずつ変わる努力をしないといけないと思う. 

新しいお財布と新しい自分.

福こーい.

| | コメント (2)

賀詞交歓会

Jan7_008_2 賀詞交歓会に参加してきた.

 全学部の教職員が百周年記念講堂に集まり,理事長と学長の「新年挨拶」を拝聴する. 今年の箱根駅伝では,本学の学生が大活躍し,見事シード権を獲得したこともあり,理事長も学長も「新年挨拶」というか「箱根駅伝」の話に終始していたような気がするけれど. 大学の名前が二日間宣伝され続け,しかも毎年あれだけ高い視聴率をマークしていることを考えると,箱根駅伝は大学にとって計り知れないほど巨大な「宣伝効果」があるのだろう. 

理事長も学長も自分たちが走ったわけじゃないのに大興奮. 自分はこの大学に来てまだ一年目なので,それほど愛校心もなく,箱根駅伝も「あれ,うちの大学が出てる」という感じだったのだが,賀詞交歓会に選手たちが現われると,いちばん先に選手のところに行って一緒に写真を撮ってもらったわたくしです. ミーハーかい. カメラを向けられると選手がみんないっせいにピースをしたので,つられて一緒にピースをしてしまいました. 日本人の若者ってカメラを向けるとなぜ「ピース」ってするのでしょうか. とても不思議な習慣だと思います. 自分もやってしまったけど. それにしても箱根駅伝を走った選手のみなさん,とてもいい表情をされてました. 選手のうち3人が4年生. 卒業後はどんな道に進んでいくのでしょうか. 箱根駅伝を走ったという経験は,彼らの未来への礎となり人生の支えとなっていくことでしょう.

Jan7_009 賀詞交歓会の後,所属している学部の女性教員と女性職員で構成されるという「ビジョ会」という会の新年会に誘っていただく. え?ビジョ会? わーい美女(ビジョ)の仲間に入れてもらえたと喜んでいると,いいえ,「美女(ビジョ)」じゃなくて「微女(ビジョ)」です,と訂正される. そんな. 微えむ女(ホホエム・オンナ)と書いて「微女会」. 「ホホエム・オンナの会」ってなんかモナリザの集合みたいでちょっと怖い気がしたけど,みなさん「微女会」にふさわしく,微笑みの美しい方ばかりでした. こんな素敵な会の仲間に入れていただけて光栄です. 普段はなかなかゆっくりお話しする機会がないので,先生方や職員さんの新たな一面を発見することができたりして,大変有意義な時間を過ごせた. 場所は大学近くのイタリアンへ. トマトソースのニョッキ. 美味でした. そして,ニョッキは「ニョッコ」の複数形だということを教えていただいた. 間違えて「ニョッコ」とオーダーしてしまったら,お皿に一つだけしか入れてくれないのかもしれない. そんな. 使用頻度は極めて低い単語かもしれない.

Jan7_004 「微女会」の新年会を企画してくださった図書館長のYさんに「お年賀」としてトラのキャンディをいただく. かわいいかわいいかわいい. 五円玉が一緒についていたりして,小さな心遣いに感動してしまった. 今年は「ご縁」があるのかもしれない. えー. 昨年のお正月はハワイにいたので,日本のお正月の風習って「まごころ」に包まれていてあったかくていいなと改めて思った. 

 微女会の新年会のあとは大学に戻って仕事をするつもりだったけれど,微女なみなさんとのお話が楽しくて結局場所をカフェに移して夜まで話し込んでしまった. 新年だからいいですよね. とても楽しいひとときでした.

Jan7_013  夕方,みなさんと駅ビルの屋上庭園に上がってみたら,目の前に富士山が.

 オレンジ色に染まった夕日の中にぼんやりと浮かぶマウント・フジ. 遠く離れていて小さくしか見えないのに何かとてつもなく大きな力をもらえた気がした. 今年も一発ドーンとやったれと言われている気がした. 

この場所からこんなにクリアに富士山が見えることはめったにないということだった. なんかついている. 今年はいい年になるかもしれない. いや,いい年に自分でしていかなくてはいけないのだろうけれど. ドーンとやったります.

本年もよろしくお願いいたします.

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »