« びわっち | トップページ | bear fruit »

リキッド・マウス

June14_001 新しいマウスを買った.

 Pat Says Now の"liquid mouse"(リキッド・マウス)である. リキッド・マウスなんて何かファンデーションみたいだ. 

 そんなことより,このリキッド・マウスの中にはブルーの液体が入っている. だからリキッドなんだけど. それはともかく,そのブルーの液体の中に何か黄色い物体がプヨプヨ浮かんでいるのである. よく見ると,オレンジ色の口ばしがついている. な,な,なんとアヒルではないか. これはすごい. かわいすぎるではないか. 

自分はどちらかというと慎重な人間な方(だと思う)なので,いわゆる衝動買いというものをしたことがないのだが,このアヒル・マウスだけは,見た瞬間にわたしの心をとらえ離さなかった. そして,即購入することを決意させた. このアヒルが,はるか彼方,スイッッツアーランドからやって来たということも,その価値を倍増させた. スイッッツアーランドである. というか,スイスだけど. Pat Says Nowというのはスイスの会社らしい. 

仕事上,マウスを触らない日は一日もないし,授業のない日は一日中触っていることも多い. たかがマウス,されどマウスである. こんなにかわいいアヒル・マウスがいつも手元にあったら,パソコンを開くのが楽しみになりそうだし,毎日の仕事がはかどりそうである. このちょっとマヌケなアヒルの顔にも癒される. 

実は最近,パソコンを打ったりマウスをクリックすることがちょっと苦痛になってきている. というのも,この大学へ来てから手荒れがひどく,指先がボロボロになっていて,何かに触れるだけで痛いのである. 手荒れの主な原因は,この大学の教室はすべて黒板で,授業を進行するために教員は「チョーク」を使わなければならないという点にある. この「チョーク」という物体は,意外に皮膚を乾燥させる. 肌の弱い教員には大敵なのである. そんなわけで,最近は,ボロボロになった指先を守るため,百円ショップで購入した「白い手袋」をはめ,まるでバスガイドさんのごとく,手を上げたり下げたりしながら授業を展開している. 「あちらに見えますのは○○でございます」とか言ったりして. 結構気に入ってるやんか. というのは冗談だが,最近は白い手袋がないとパソコンも打てない状態になっていて,デスクワークをするのが億劫になってきている. 黒板とチョークを廃止し,ハワイ大学のようにホワイトボードとマーカーにしてくれたら手荒れに悩まされずに済むのにと思ったりする. イギリスの教育現場で最近登場した電子黒板というものも,日本でぜひ導入してもらいたいと思う. が,そんなことをあーだこーだ言っていてもどうしようもない. 今のわたしは黒板とチョークと戦うしかないのである.

そんな中,このアヒル・マウスに出会えたことで,ちょっと明るい気持ちになれた. 

吸い込まれそうな神秘的な青い液体の中でプカプカ浮かぶ黄色いアヒル.

指先がボロボロになったり,他にもいろいろなことがあるけれど,あまり深刻に考えずプカプカ浮かんでいる感じで楽しくやっていけばいいんじゃないと言われているような気がする.

|

« びわっち | トップページ | bear fruit »

コメント

チョークなんですが、チョークホルダーを使ったら、直接、チョークを持たなくてすみますよ。ペン型のだったり、すっごいシンプルなものあるみたいなので。

けど、黒板消しとかするときに、やっぱり、バスガイド手袋は必要になっちゃうかもしれませんね。

それか、いざとなったら、PowerPointでレクチャーしちゃうとか。

そのマウス、もし使っていたら、アヒルさんが気になって、ずっと眺めちゃいそうですw

投稿: masaki | 2009年6月14日 (日) 18:10

既にご存知かもしれませんが、チョークホルダー、おすすめです。短くなったチョークも、ペン型のホルダーに差し込むとぎりぎりまで使うことが出来て節約にもなります。

中学時代の先生もよく手荒れがするとおっしゃって、手袋とチョークホルダーを2・3個いつももっていらっしゃいました。中にはペンホルダーの側面に磁石がついているものも。科学の先生はカラーごとにわけて4本ぐらい常に懐に入れていらして、必殺仕事人の必殺道具みたいでした。

ホルダーは大学・大学関係のお店で販売されていなければ、恐らく銀座のItoyaならみつかるはずだと思います。

手袋は100円ショップのものを私も使っています。

アヒルのマウスですが、とてもかわいいですね。私も液体の中に何かが入っているものが大好きです。

あまりきれいなお話ではないのですが、先日地蔵通りでお手洗い洗浄用のたわしの柄+たわしを入れるための容器が透明になっているものを見つけました。よくみると、中に貝殻や砂、青いビーズが沢山浮いているので思わず買ってしまいました。どうしてもお手洗い以外のところで単なるケースとして使用したかったので、たわしだけはお手洗いに置いて容器は自分の部屋でペンたてとして使っています。

他の人は知らなくても、私は事実を知っているし、イメージがよくないので毎回見るたびに気になっています。

今気がついたのですが、既にチョークホルダーの件に関して適切なアドバイスをなさっていらっしゃる方がいらしたのに余計なことを書いてすみません。折角打ったので残させていただきますが、すみません。


投稿: girigiri | 2009年6月15日 (月) 13:47

【masakiさん】
masakiさん,こんにちは.お返事が遅くなってしまってごめんなさい.

そうなんです,リキッド・マウスの中のアヒルさん,かわいいので仕事中もじっと見てしまいます.液体の中に浮いているのでマウスを使っていると向きが変わるのですが,常にこちらを向くように動かしてしまいます.

チョークホルダー,探してみます.なかなか見つからないのですよね.

ありがとうございました.

投稿: satchy | 2009年6月19日 (金) 19:51

【girigiriさん】
girigiriさん,こんにちは.お元気ですか.お返事遅くなってしまってごめんなさい.

貝殻や砂、青いビーズが浮いているペン立てなんてかわいいね!今の時期にぴったりのデザインで.でも,もともとはお手洗い洗浄用なんかい!というツッコミがこのあたりで入るべきなのでしょうか.どうもすみません.

地蔵通りで見つけた…というのも素敵です.貝殻に青いビーズというメタファーとちょっとギャップがあっていいですね.じぞー

ペン立てにお手洗い洗浄に,青いビーズに地蔵通りにと,ギャップが満載でおもしろかったです.さすがgirigiriさんです.

チョークホルダー,教えてくださってありがとう.探してみますね.地蔵通りに掘り出し物があるかな.

良い週末をね.

投稿: satchy | 2009年6月19日 (金) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びわっち | トップページ | bear fruit »