« こんな土曜日 | トップページ | healing »

life

May9_002  出窓で育てている四つ葉のクローバー.

 最近,花が咲き始めました.

 他の茎からも小さいつぼみがポツポツと顔を出し始めていて,これからしばらくの間,クローバーのミニお花畑が楽しめそうである.

 子どもの頃は,このクローバーの白いお花でネックレスを作り,飼っていたワンコの首にかけてやったりしたものだ. かけてやると言っても,ワンコの方は「おいおい,なにしよんねん」といわんばかりにすごくいやがっていたような気がするけれど. ネックレスをかけるために必死になったワンコとの格闘シーンを思い出すとちょっと笑えてくる. そこまでしてネックレスかけなくても. 愉快な思い出である. しかし,和風の柴犬にクローバーの花のネックレスはやはり合わなかったかもしれない,と今思えてきた. ワンワン.

それにしても,3月に買ってきたときはあんなに可憐で小さかった四つ葉のクローバーがこんなにも大きくなり,花を咲かせるくらいにまで成長した姿を見て,植物も生きているんだ,ということを感じるし,その生命力に感動してしまう. そして,こんな小さな体の中にどのくらいの細胞があって,その細胞の中にはどのくらいのDNAが詰まっているのだろうという疑問に思いを馳せてみたりする.

「一人の人間が持っているDNAを一直線に伸ばしたらどのくらいの長さになるか?」という記事が,先日の日経新聞の文化面に掲載されていた(永田和宏,『体のなかの数字』 2009年5月10日).

なんと,その総延長は一千億キロメートル,実に地球と太陽を二,三百往復もできる長さになるらしい.

わたしというこんなちっぽけな人間が,地球と太陽を二,三百往復という天文学的な長さの遺伝子の紐を体の中に抱え込んでいるという事実を知り,生きているってすごいことなんだと思ったし,命の重みを改めて感じたりした.

この四つ葉のクローバーのDNAも一直線につなぎ合わせたら相当な長さになるのだろうか.

人間と同様,植物も「生きている」のだから大事に育ててあげなくては…という気持ちになった.

Life is beautiful.

|

« こんな土曜日 | トップページ | healing »

コメント

すっごーい!
3月にUPされていたクローバーがこんなに~それも花を咲かせたなんて~
育てた甲斐がありましたね~
愛情をかけたら、それだけこたえてくれるんですね~
DNAってすごいんだぁ~
あらためて実感ですね♪

投稿: タロママ | 2009年5月17日 (日) 22:40

サッチーさんの四葉の話題の日記を読んでから、子どもと出かけると四つ葉探しをするようになりました。
そして先日、なんと!五つ葉と四つ葉を見つけました。見つけると採らずにいられず、家に持って帰って押し花にして飾りました。
それにしても、いまはちゃんと四つ葉のクローバーが生える種があるなんてすごいですよね。私が子どもの時は、四つ葉の種として売っていても、生えてきたのは全部三つ葉でしたよ。

投稿: Hitomi | 2009年5月18日 (月) 01:25

【タロママさん】
タロママさん,お元気ですか.お返事が遅れてしまってごめんなさい.

「愛情をかけたら,それだけこたえてくれる」って本当にその通りですね.植物も生きているんだなぁという当たり前の事実に改めて気づかされています.

もう少し家にいられたら,他にもいろいろな植物を育てたいのですが.ベランダや出窓で比較的簡単に育てられる植物やお野菜があればまた教えてください.

なんかいそがしくてちょっとまいってます….またタロママさんのブログにもおじゃましますね!

投稿: satchy | 2009年5月24日 (日) 14:06

【Hitomiさん】
Hitomiさん,お元気ですか.お返事が遅くなってしまってごめんなさい.

四つ葉のクローバー見つけたときって感動しますね.砂漠の砂の中から宝石を見つけ出したときに相当するような大きな感動.(ちょっと大げさかな)五つ葉まで見つかったなんて,それはきっと幸運の前兆ですね.よかった!

押し花にするなんて素敵です.子供さんが喜ばれたことでしょうね.私も作ってみようかなと思います.

最近いかがお過ごしですか.またメールさせていただきますね.お元気で.

投稿: satchy | 2009年5月24日 (日) 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな土曜日 | トップページ | healing »