« Big Island | トップページ | Art »

Nature

Dec31_032_2  ビッグアイランドのカイルア・コナという小さな町.

 初めて訪れたあの頃から,もうだいぶ月日が流れているので,この町もずいぶん変わってしまったのだろうなと思っていたら,

 あの頃と全然変わっていなかった.

 この場所からのこの眺め.

 真っ青な海. 海の向こうにそびえるフアラライ山. 

フアラライ山のなだらかな丘陵地帯に広がるコーヒー農園. 海辺にポツポツと立つ小さなカフェと小さなモール.

時の流れとともに,いろいろなものがめまぐるしい勢いで変わっていく中で,あの頃の何も変わらないそのままの町の姿が残っていたことをとてもうれしく思った.

時の流れとともに,人々の嗜好が高級感,セレブ感のあるものへと移っても,人の手を加えることなく昔からの島の姿が,昔からの自然の美しさがそのままの形で残っていることがとても価値あるものに思えた.

Dec31_059 ビッグアイランドは,自然が本当に美しい.

 初めてここを訪れたあの頃と同じように,またあの物語のことを思い出した. 

 『ふしぎな島のフローネ』である.

 子どもの頃,毎週日曜日夜7時半から放送されていた『世界名作劇場』枠のテレビアニメである. 『フランダースの犬』や『アルプスの少女ハイジ』なども,この枠でやっていた. ネロとパトラッシュの友情物語に涙し,クララが歩いたときに涙し,自分の人としての高次の情緒の形成に大きな影響を与えた『世界名作劇場』である. ロッテンマイヤーおばさんみたいな意地悪な大人になりたくないとか思ったものだ. だからあの縦ロールの髪がきらいだった. だいたい,当時のアニメ番組で「縦ロール」というのは,意地悪な女性の象徴だった. そういえば,キャンディキャンディのイライザも縦ロールだった. また言うことが古い.

それはさておき,『ふしぎな島のフローネ』も,この世界名作劇場の中で大好きな番組だった. スイスからオーストラリアへ向かう途中,船が遭難し,無人島へ流れ着いたフローネ一家. 家族は帰れることを信じ,無人島での生活を始める. その無人島での生活の中で描かれていた青い海とヤシの木が,子どもの頃の自分に,「南の島への憧れ」を構築した. 大学2年生のとき,生まれて初めて訪問する「外国」としてビッグアイランドを選んだのは,『ふしぎな島のフローネ』の影響が大きい. 今日も,ビッグアイランドの青い海を見ながらフローネのことを思い出していた. やはり,ここは自分の原点の場所なのかもしれない. 

Dec31_002  ファーマーズマーケットにも足を運んでみた. 

 島で採れる新鮮な果物はどれもとてもおいしそうだった. スーパーで販売されているものより,すごく安い. 

 マンゴがとてもおいしそうだったので一つだけ購入した. 冷蔵庫で冷やして,種を取り出した後,その中にバニラアイスクリームを入れて食べるというのが,地元の食べ方であるらしい. というかどこでも誰でもやっている食べ方のような気もしますが.

購入したのはマンゴ一つだけだったにもかかわらず,お店のお兄さんに,「アリガト」という片言の日本語でお礼を言われ,さらに,手を合わせて拝まれる. チーン. というか,仏様ではないのですけれども. 日本ではお礼のときに手を合わせて拝む習慣があると思っていらっしゃるのかもしれません. この島の人々は,変にすれていないというか,素朴で優しい人が多いような気がしました. 

Dec31_023_3

 ホノルルでは見たことのない美しい色をした鳥を見た.

 何がすごいって体が黄色なのがすごい.

 どうだ黄色だぜという迫力を感じる.

 黄色の鳥なんてペットショップ以外で見たことがない. 黄色の鳥が普通に外を飛んでいるというのがとてもすごいことのように思えた.

この黄色たちは人間をこわがらないようだった. 撮影のため,かなり至近距離にいたのだが,逃げるというよりも,どちらかというと二羽ともいい感じでカメラ目線になっているところに,どうだ黄色だぜという迫力を感じてしまった. さすが黄色である.

ビッグアイランドの美しい自然に癒されている.

|

« Big Island | トップページ | Art »

コメント

明けましておめでとうございます。Big island、お天気がよさそうですね。ファーマーズマーケットの写真に心惹かれました。パイナップルがわさわさと並んでいるのがいいですね。そして黄色の鳥たちもあざやかですね。

今年もよろしくお願いします。どこかでお話できるのを楽しみにしています。

投稿: tressoles | 2009年1月 4日 (日) 00:15

【tressolesさん】
tressolesさん,あけましておめでとうございます.

新年いかがお過ごしですか.

ファーマーズマーケットの雰囲気,南国という感じがしますよね.パイナップルは日本にいたときは,食べると口の中がひりひりしてきて好きな食べ物ではなかったのですが,ハワイで食べるパイナップルは甘くて本当においしいです.マンゴもおいしかったです.

夏にポートランドに行きたいなと考えている私です.

2009年がtressolesさんにとって実り多い素晴らしい一年になりますように.

今年もどうぞよろしくお願いします.

住所などお聞きしたいのでまた改めてメールをさせていただきます.

投稿: satchy | 2009年1月 4日 (日) 03:43

私もよく手を合わせて拝まれます(笑)。
タイの文化とごっちゃになってるのではないでしょうか。“アジアのあいさつの仕方”と勘違いしてるのかもしれませんね。タイでは、こんにちは、さようなら、ありがとう、などとあいさつする時、手を合わせるんですよ(“ワイ”と言います)。

JUSECのスタッフの方が『サッチーさん、お元気かしら?』と言っておられましたよ。

投稿: ヨーコ | 2009年1月 5日 (月) 06:24

【ヨーコさん】
こんにちは.メッセージをありがとうございます.

ワイはタイ人にとってとても大事な挨拶の仕方なのですよね.マクドナルドのドナルドがワイでお客さんを迎えていたのを覚えています.

投稿: satchy | 2009年1月16日 (金) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Big Island | トップページ | Art »