« Art | トップページ | Back in Oahu »

Memory

Dec31_006 コナ空港に向かう前に,カイルアコナ桟橋を散歩した.

 ここからの眺めが昔から好きである.

 山と海と空という何でもない風景なのかもしれないけれど,左側に見える白い小さな教会が,この風景をカイルアコナ色にしていると思う.

 この白い小さな教会は,モクアイカウア教会といって,カイルアコナのランドマーク的な建物になっている.

またいつかここに戻ってきたいと思った. 

昨日訪れたアートギャラリーで,この桟橋からの風景を描いた絵を見つけた.

Penny Gupton さんというコナ在住の画家による水彩画.

この絵に魅了された. 

あなたのために描いた絵ですよと言われている気がした. えー.

絵の撮影は著作権の問題が生じるのでここに掲載できないのが残念なのだけれど.

一晩寝て考えて翌朝も気になって仕方がなかったら買いに行こうと決め,その日はいったんギャラリーを出た. が,その夜も翌朝も,やはりこの絵のことが気になって仕方なかったので,買って帰ることを決断した. そして,ギャラリーまで走る. 別に走らなくても. 残っていてよかった. 絵を包んでもらい,桟橋を散歩しながらこの絵に描かれた風景を眺めた. やはりここからの眺めが好きだと思った.

今年は新しいことを始めることになる. その新しい環境にこの絵を飾ろうと思った. 方向性を見失いそうになったとき,このカイルアコナの風景を見ればいつも原点・初心に戻れそうな気がする. 時に立ち止まり,振り返り,そしてまた前進する,という着実な歩み方をしていきたいと思う.

ビッグアイランドを旅することができてよかった.

|

« Art | トップページ | Back in Oahu »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Art | トップページ | Back in Oahu »