« HARIBO | トップページ | ハロウィン »

第二言語

Oct_4_001 論述試験の提出期限が近づいてきた.

 3問ともほぼ形にはなったものの,指定されたページ数を大幅に超えてしまい,今度は削るのに苦戦している. 

 限られたスペースで,適切な英語を使い,しかも説得力のある議論をするのは本当に難しい. 

さらに一度書いたものを削るという作業は,最初に書いた文章にとらわれてしまうので代替案がなかなか浮かんでこない. 変えれば変えるほど変な英語になっていくような気がする. 

改めて,第二言語(英語)で書くことの難しさを痛感している. 

先日,日本の大学へ留学を考えているアメリカ人学生の日本語添削を頼まれた人が,そのアメリカ人が使う日本語があまりにも古く,時折,「時代劇」のような表現が登場してびっくりした,という話をしていた. 日本の古典文学が専門のアメリカ人とのことで,古典文学で使用されている表現をそのまま留学志望書に使ってしまったのだろう. 「貴校に応募させていただきたく存じ奉りまする」とか書いていたのだろうか. 受け取り手はびっくりすることだろう. というか,本当にそんなことを書いていたとしたら普通におもしろいです.

そういえば,以前,ワイキキのスタバでアイスラテを注文したら,日本語学習者だと思われるアメリカ人の店員さんに「かしこまった!」と言われたことがあるのを思い出した. 武士かい. 「かしこまった」と言われるとやっぱり時代劇っぽく聞こえます. ます形を使うか使わないかの差なのだが. 第二言語を使いこなすというのはやはり難しいことなのだ.

そんな日本語学習者のアメリカ人の話を思い出しつつ,自分も第二言語で同じようなことをやっているのかもしれないと思うと恐ろしくなってきた. 論述試験はコミティの先生5人の目に一度にさらされることになる. 恐れ入り奉り候. 時代劇はもういいんだが,とにかくプレッシャーが大きい.

英語が上手に書けるようになりたい.

|

« HARIBO | トップページ | ハロウィン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HARIBO | トップページ | ハロウィン »