« 力のある人々 | トップページ | 第二言語 »

HARIBO

Sep19_010

 日本にいる甥っ子くんのお誕生日が近づいているのと,ハロウィンが近いということもあって,お菓子を送った.

 HARIBOのグミやマンゴのゼリーなど.

 HARIBOのグミはおいしくて子どもだけでなく大人にも人気がある. でも,普通のグミより硬くて,食べ過ぎると顎が疲れてそのうち顎が外れそうになる,と食べ過ぎたことのある大人の人が言っていた. どんだけ食べてるねんちゅう話です. 自分のことでした.

HARIBOのグミは,もともと,「子どもの咀嚼力を強める」キャンディとして開発されたものらしい. なるほど,そりゃ顎も外れるはずです. 外れたんかい. 咀嚼力咀嚼力.

最近知ったのですが,HARIBO(ハリボー)というのはドイツの会社だったのですね. ハンス・リーゲルという人物が設立した会社で,ハリボーという社名は,ハンスの「」,リーゲルの「」から来ているのだそうだ. あれ,でも最後の「ボー」はどこから来たの?と思っていると,ドイツの都市「ボン」の「」から来ていることが分かった. なんか「ボ」だけ適当ですね. どうでもいいけど. 

HARIBOのグミたちは,ホノルルから約5日ほどで神戸の甥っ子くんのところに到着したらしい. 甥っ子くんの母親の携帯から「アメちゃん,たくさんありがとう」というメッセージが届いた. かわいい. 子どもってほんとうにかわいいですね. でも「アメちゃん」って.

関西では,いわゆるキャンディや飴のことを「アメちゃん」とちゃん付けで呼ぶ. 東京で生活するようになって,何かの文脈で「アメちゃん」という言葉を使用したとき,「なぜタダの飴に『ちゃん』をつけるのですか?」と真顔で質問されたことがある. なぜと聞かれましても. アメちゃんはアメちゃんですから. 

甥っ子くんが「アメちゃん」というのを聞き,ああやっぱり関西の子どもなのねとほほえましく思った. でもグミなんですけどね. HARIBOの硬いグミで咀嚼力を鍛えて,強く元気な男の子に育ってほしい.

|

« 力のある人々 | トップページ | 第二言語 »

コメント

HARIBO、あたしも大好き。こどもらも好きで、よく買うよ。ヒューゴはちっちゃいクマの形のやつが特に好き。ひとつひとつが小さいし甘すぎないし固めだから子どもにもいいよねってちょうどともだちと話してたとこだったよ、租借力強化のため開発?!かー。そこまで考えて作られてたのかー。やるなー、ハ、リ、ボー。
あめちゃん喜んだだろな、おいっこちゃんたち。絶対嬉しいよね、ハワイからの贈り物。

そういえば「飴」って広東語でも、ちゃん付け、だよー。似てるね。ジャッキーの話すの聞いてると他に小さい動物とか鳥とかも、ちゃん付けて呼んでる。「ちゃん」が付くと、なんか会話が硬くならんっていうか、雰囲気和むよね。

投稿: あきしぃ | 2008年10月31日 (金) 20:38

【あきしぃさん】
あきしぃさん,ハリボー.いや,ハロー.

そうなんだ,あきしぃさんのところのボクちゃんもHARIBOファンだったんだね.小さいクマさんの形のやつ,かわいいよね.咀嚼力を鍛えてたくましい男の子に育ってほしい.

でも,あきしぃさん,咀嚼が「租借」になってる.ちょっとうけてしまいました.ごめんなさい.

広東語でも飴をちゃん付けで呼ぶなんておもしろいね.そういえば,ジャッキーは大阪人ぽい気もする.頭がきれて商売が上手そうという意味で.あとはおもしろいところ.

また話そうね.

投稿: satchy | 2008年11月 3日 (月) 19:31

ほんとだ‥咀嚼が租借になってるっ!租借ってどういう意味??漢字で書けって言われたらどっちも書けないよー。
でもうけてくれたならまぁいいかー笑。

投稿: あきしぃ | 2008年11月 4日 (火) 08:49

あきしぃさん,ありがとう.私もどちらも漢字書けないよー.「租借」は何だかとても古い時代の言葉のような気がしておかしくなってしまいました.荘園とか墾田とかがあった時代(平安時代?).守護とか地頭とか.コメントありがとうね.

投稿: satchy | 2008年11月 4日 (火) 16:46

I guess that to get the home loans from banks you must have a firm reason. But, one time I have got a college loan, just because I was willing to buy a car.

投稿: Gilliam35MADELYN | 2011年8月12日 (金) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 力のある人々 | トップページ | 第二言語 »