« back pain | トップページ | 文章読本さん江 »

日本のパンについて語らせていただく

日本に一時帰国するたび楽しみにしていることがある.

パンを食べることだ.

なんだハワイにだってパンはあるじゃないかとよく言われる.

が,あちらのパンはおいしくない. おいしくないので買わなくなる. 買わないので食べなくなる. 

食パンなど日本の食パンと同じ形をしているのだけれど,日本の食パンと同じ味を期待しながら食べていると,期待している味と異なる味がしてくる. なんか変な味がするのだ. 説明できないけど. 一体どのような原料を使いどのような製造過程を経ればこのような変な味を実現することができるのだろうかと常々不思議に思っている. 

さらに,アメリカにはいわゆる「菓子パン」というものが存在しない.

類似品があるとすれば,レーズンパンとかジャムパンくとかシナモンロールくらいだ. だいたいアメリカ人がちょっと創意工夫して変わったパンをこしらえようとするとこの程度なのだ. 何かあればレーズンかジャムかシナモンなのだ. このくらいしか思いつかないのでしょうきっと. それが,日本に帰ってくるとどうでしょうかこの菓子パンの種類の豊富さ. メロンパン,あんパン,チーズ蒸しパン,クリームパン,デニッシュパン,カレーパン,焼きソバパン,コーンとマヨネーズがのっかったパン,・・・ すごすぎる. 常にあれこれ創意工夫し新しい味を追究している. すばらしい. 

July8_003

 新しい味を追求しているパンのお店が神戸にはたくさんある. 老舗のフロインドリーブをはじめ,カスカードやドンクやイスズベーカリーなどなど. 神戸の人のパンの消費量は日本一だとよく聞く. 

 わたしが好きなのは,Fredsのチーズスターというパンである(写真左). なんかしらんけど星の形をしているのだ. めっちゃかわいいではないか. さらに,このパンのすごいところは食感である. なんかしらんけどすごくモチモチしていているのだ. お餅みたいなのである. なんなんだこれは. どうやって実現しているのだろう.

写真右はカレーパンである. 言われなくても分かりますか. チーズスターに比べてカレーパンは普通である. 特にどうということのない普通のカレーパンなのであるが,ハワイでは絶対に手に入らないものだいうことを考えると,パンの中にカレーを挟みそれを油で揚げるという発想に改めて感動する. そして,ありがとうカレーパンという感謝の気持ちでカレーパンをいただくことができる. そこにいけば当たり前に手に入るものが当たり前に手に入らなくなった時,そのものの価値に改めて感謝をすることができる. そのことをカレーパンが教えてくれた.

だいたい「パン」という題材であんたどんだけ文章書いてんねんというツッコミがこのあたりではいるのでしょうか. ありがとうございます. それくらいパンには思い入れがあるということで. それにしても最近パンの値段が上がっているのですね. カレーパンひとつのお値段が200円. 驚きです. 「昔は100円でカレーパンが食べられたのよ」なんていうと年寄り扱いされてしまう時代がやってくるのでしょう. きっとそんなこと言ってるおばあちゃんになりそうですけれども.

ハワイに帰ったらまたパンが食べられなくなる. 日常生活で自分の好きなものが好きなときに食べられないということが心理的ストレスの遠因になっているように思う. スーツケースに入れられるだけパンを買って帰ろうと思う. ペーターのおばあさんに食べさせてあげるために白パンをこっそり持ち出していたハイジみたいだ. ホノルル空港に着いたらロッテンマイヤーみたいなこわい検疫官がいてパンを取り上げられるかもしれない. カレーパンの中には牛肉が入っているから持ち込みはだめとか言うのだ. ロッテンマイヤーめ. でも今回もあきらめずたくさん持って帰るつもりだ. がんばれハイジ. だれがハイジやねん.

だいたいパンという題材でどんだけ書いてるんでしょうか. くだらない. 

日本のパンは大好きです.

|

« back pain | トップページ | 文章読本さん江 »

コメント

横浜も神戸に負けず劣らず美味しいパン屋が多いです。
私の家の近所にも本当にいっぱい。
三月にニューヨークに行ったときは素敵なベーカリーがあちこちにあって
なかなか美味しいデニッシュがあったけど、ハワイでは難しいのかな。
アメリカではマフィンやクッキーは色々あるけどね。
カレーパン持ち込み決行、ガンバレrock
ロッテンマイヤー女史に負けるなrock
「アーデルハイド!」とかって呼び止められても断固持ち込みだrock

投稿: せつこ | 2008年7月21日 (月) 20:59

日本の菓子パンは、確かにおいしいですよね。
カレーパン、焼きそばパン、コロッケパン、
マカロニサラダパン、ハムカツパンetc.
パンとおかずの融合種類が多いのが特徴。

そして、メロンパン・・、これも日本の菓子パンとしては
秀逸な一品だと思います。

今日の昼ご飯は、菓子パンにしてみようと思います。

投稿: nepcom | 2008年7月22日 (火) 08:15

さっちーさん、こんにちは!

かなりつっこみを入れつつ読ませてもらいました。やっぱ、さっちーさん、最高です!

食の(量じゃなくて、種類)制限って、心理的負担が相当ありますよね。私には、一番つらいことです。。食に関しては相当コンサバで、中東や北欧で暮らしてたときも、常にキッチンで自由に自炊できるところに滞在しました。それができなくなると、中華料理屋に駆け込んだりしてました。
 だから、移住のたびに、行商のおばさんさながら、調味料をどっさりnote

 それは、さておき、あとでメールします!
 

投稿: うらん | 2008年7月23日 (水) 09:19

【せつこさん】
せつこさん,こんにちは.

神戸,横浜に限らず日本のパンはおいしいですね.

ニューヨーク,行ってみたいです.

【nepcomさん】
nepcomさん,こんにちは.お元気ですか.

お惣菜パン,おいしいですね.日本に帰ってきてパン屋さんに行くと本当にいろいろな種類のパンがあって感動してしまいます.

お昼ごはん,菓子パンを召し上がられたのでしょうか.


【うらんちゃん】
うらんちゃん,元気ですか.コメントありがとう.

調味料は大事ですね.特に中東や北欧になると日本の調味料なんて手に入らないのでしょうし.うらんちゃんはどんな環境にもすぐに順応できてえらいなぁと思います.

毎日忙しくしていることと思います.もうすぐですね!

投稿: satchy | 2008年7月25日 (金) 22:22

中国、韓国系ベーカリーだと、日本のベーカリーと同じ感じで、菓子パンとかお惣菜パン売っているんだけど、以前、チャイナタウンでお惣菜パン食べて、かなり、油っぽくて、それ以来、こっちでは、普通のベーカリーにしかいってませんね。

こっちのベーカリーの菓子パンみたいなので多いのは、Danish pastries、scones、chocolate croissantsとかかなぁ。

日本の菓子パンで今一番食べたいもの、カニパン。足を一個ずつとって、食べたいです(笑)。

投稿: masaki | 2008年7月27日 (日) 01:16

【masakiさん】
masakiさん,こんにちは.

中国、韓国系ベーカリーにがっかりした経験,わたしにもあります.見た目は日本のパンに似ているのだけれど,味は・・・

カニパンと聞いたときカニの入ったパンなのかと思いました.そうじゃなくて,カニの形をしたパンですね..そういえば昔よく見たような気がします.

masakiさんもパンお好きですか.


投稿: satchy | 2008年7月30日 (水) 13:30

カニパン、かなり、パサパサ、ソボソボした感じのパンですね。まぁ、あれをパンと呼ぶのはどうかなとたまに思います。

けど、タラバガニのクリームコロッケパンとかあったら、買っちゃいそうな気がします(笑)。もう、食べれないんですけどね。

ぼくは、パン、めっちゃ好きですよ。パンが主食になってもよいくらい。食パン、フランスパン、菓子パン、お惣菜パン、食えと言われれば、ひたすら食べられるかも。けど、最近は、パンのほうが、食費がかかるのと、食べ過ぎちゃうので、ここのところ、パン類は口にしてないですね。

投稿: masaki | 2008年7月31日 (木) 12:58

【masakiさん】
masakiさん,返信ありがとうございます.

タラバガニのクリームコロッケパンなんてあったらほんとにいいですね.

最近パンのお値段が上がっているし,確かに食費がかかりますね.ハワイに戻ってきて,これからしばらく美味しいパンが食べられなくなりますが,そういう面ではよかったかもと思います:-)

お元気でお過ごしくださいね.

投稿: satchy | 2008年8月 2日 (土) 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« back pain | トップページ | 文章読本さん江 »