« パデューでリスに会う | トップページ | 「形」に残す »

You're in good hands

Sep3_001  ホノルルに戻ってきた.

 インディアナポリス⇒アトランタ経由で帰ってきた.

 降りる空港によって同じアメリカでも違う文化があると思った. 

 パデューを出てホノルルの家に到着したときには22時間が経過していた.

アメリカは広いと思った.

インディアナとハワイの時差は6時間.

ハワイに到着すると携帯電話の時間が自動的にハワイ時間に変わるのが不思議だと思った.

指導教授のOrtega先生に学会の報告メールを送ったところ,すぐに返事が来て,「発表がうまくいったみたいでよかった.Manchon先生やMatsuda先生とお話ができてよかった.Congratulations!」と言っていただく.

"Congratulations!"というのはちょっと言いすぎだと思ったけれど,こうして教え子の成果を自分のことのように喜んでくださるのはありがたいことだと思った.

学会では,会う人会う人みんながOrtega先生のことを知っていて,みんなが口をそろえていう言葉があった.

"You're in good hands."

「素晴らしい先生に指導してもらえていいですね」という意味だと思う. Ortega先生の知名度と業界での評価を体感した三日間だった.

そして,これまで自分は間違った考え方をしていたのかもしれないと思った三日間だった.

Ortega先生がわたしによく言う言葉がある. 「自分を知ってもらう努力をしなさい」ということだ. 「学会でも発表だけで終わるのではなく,積極的に人に話しかけて,自分の存在をアピールしてきなさい」ということだ.

正直なところ,「自分を知ってもらう」ために知らない人に話しかけるというのが得意ではない. そういうことをしなくてもいい論文を書いて出版していけば自然に自分のことを知ってもらえるようになると思っていた. 昔の大黒摩季さんがそうだったように. 誰が大黒摩季やねん. というツッコミをここで入れていただけたのでしょうか. ありがとうございます. 「メディアには出ないがヒットを飛ばす」ってかっこいいなと.

でも,先生が言う「知ってもらう」というのはそういうことではないのだと気づいた. lived intellectualsと交流することで学ぶことがたくさんある. 「知の創造」とは,この交流から生まれるものなのだと.

そして,研究者だけではなく教育者になろうとしているのであれば,自分の存在が業界で知られているか知られていないかということは,教えている学生にとっても大事なことなのだと思った. 

2年前にハワイに来てから,いろいろな出来事があり,穴があったらずっとそこに閉じこもっていたい冬眠中のリスみたいな性格になってしまった. このままではいけないと思った. 

インディアナで冬眠から目覚められた気がする. 

|

« パデューでリスに会う | トップページ | 「形」に残す »

コメント

satchyさん、お帰りなさい。そして、学会発表が無事成功なさったとのことで、本当に自分のことのように嬉しいです!!努力を重ねてこられたsatcyさんがいよいよこれからさらに大きく花開かれるお姿を拝見するのが楽しみです!また、(私には難しくて分からないと思うのですが)差し支えなければ発表された資料があれば頂けないかとも思っています。勉強させて下さい!オルテガ先生もお喜びで本当に良かったです。本当のモナリザスマイルでお会いになるのをお待ちになっているでしょうね!

投稿: S.Kawanami | 2008年6月13日 (金) 18:00

>ハワイに到着すると携帯電話の時間が自動的にハワイ時間に変わるのが不思議だと思った.

えっ、それは不思議?
すごい機能ですね。。


>自分の存在が業界で知られているか知られていないかということは,
教えている学生にとっても大事なことなのだと思った. 


教育者という仕事は、奥が深いですね。。


>「自分を知ってもらう」

仕事をしていく上では、必要なことですね。
知らないなら知ってもらった方が、
絶対良い方向に行くと思いますよ。


私もあまり自分をプッシュ・・と思うと
う〜〜んどうしようと思うときがありますが
知ってもらわなければ何も始まらないと
考えてアピールをします。。
相手の勝手な想像で自分という存在価値を
決められたくもありませんから・・ね。

satchyさんも、自分のスタイルでアピールしてみてください。。
(ちょっとお節介だったかな?)

投稿: nepcom | 2008年6月13日 (金) 21:08

【Kawanami先生】
先生,こんにちは.お元気ですか.

いつも優しいお言葉ありがとうございます.とてもうれしいです.成功だったのかどうかよくわかりませんが,去年よりはうまくいったかなという感触です.ゆっくりですが,一歩一歩前に進んでいきたいです.

本当のモナリザスマイル,想像してみましたがやはり少しこわいです.なぜだろう.

またメールさせていただきますね.

【nepcomさん】
nepcomさん,こんにちは.

そうですね,自分を知ってもらう,仕事をしていく上では必要なことですね.

「相手の勝手な想像で自分という存在価値を
決められたくもありませんから」という言葉を聞いてハッとしました.本当に,その通りですね.

自分を変えていくよう努力しようと思いました.

全然お節介じゃないです.ありがたいです.いつも本当にありがとうございます.

投稿: satchy | 2008年6月14日 (土) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パデューでリスに会う | トップページ | 「形」に残す »