« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

dissertation committee

今年の秋に博士論文のプロポーザル・ディフェンスをすることになっている.

プロポーザルは,博士論文の最初の三章(Introduction, Literature Reviews, Methods)を書くことになっている. つまり,「自分が行う研究の目的はこうこうで,その研究の意義はこうこうで,その研究をこうこうこういう方法で行います」ということを具体的に詳しく書く.

プロポーザル・ディフェンスでは,そのことについて(研究の目的,意義,方法)発表する. Committeeの先生方にOKをもらえれば,そこで初めて正式に博士論文研究のスタートとなる.

ハワイ大学SLSの博士課程では,Commiteeに入っていただく先生は5名ということになっている. internal(SLSのファカルティ)が4名,external(他学部のファカルティ)が1名という構成である.

自分のCommiteeに入っていただく5名の先生をどうやって選ぶかなのだが,ハワイ大のSLSでは,学生本人がアンオフィシャルな形でまず先生方一人ひとりにコンタクトを取り,「私のDissertation Commiteeに入っていただけませんか?」とお願いする. そこでOKが出れば,指導教授が正式にオファーを出すという形になっている.

ディフェンスに向けて,9月からCommiteeの会合を定期的に行うことになっているので,5名の先生をこの夏中に決めなければならなかった. 自分の研究領域に近いことを専門にされている先生を選ぶのだが,お願いしたかった先生が来学期はサバティカルでハワイにいないことが判明したり,外部の先生にいたっては丁重にお断りされてしまうこともあったりで,この「お願い行脚」が結構大変だった. 人にものを頼むのはとても難しくとても神経を使う. 

でも,本日やっと5人目の先生が決まった. さきほどプロポーザルのドラフトをお渡ししてきた. 少しほっとした. アメリカの大学の先生は8ヶ月契約らしく,大学が夏休みの間は"off duty"となっている. そんな中,時間を割いてくださった. ありがたい. 

この4月下旬から「お願い行脚」を開始した. 英語の依頼表現,"I was wondering if you could..."とか"Do you think that it would be possible for you to..."とかを使わない日はなかったように思う. 目上の人にお願いをするときの言葉選びは日本語でもそうだが英語でも難しい. 上記の依頼表現でなぜ"I was wondering"と過去形にするのかというと,過去形にすることで,相手に「依頼を断る余地」を与えているのだそうだ. だから過去形にすることでより丁寧なニュアンスが出せるという.   

正直なところ気疲れした. が,これも自分にとってよい勉強になっているのだと思う. 指導教授のOrtega先生は,「最初はあなたが全部ひとりでやるのよ」とおっしゃった. もしかすると,わたしに勉強の機会を与えていたのかもしれない. もしかすると先生は本当にモナリザなのかもしれない. 

新しいことをやる度,こわいと思うし気疲れしてクタクタになる. でも,それを乗り越える度,だんだん度胸がついていっている気がする. 

| | コメント (3)

window shopping

June15_002  日曜日.

 買うものがあったのでワイキキのロイヤルハワイアン・ショッピングセンターに行ってきた.

 White House Black Market の前を通ると,ウィンドウ越しに,かわいいワンピースが4着飾られていた.

かわいすぎて立ち止まって見とれてしまう.

どれもかわいいが,真ん中の白いのとグレーのが特にかわいい.

2着ともほしい.

中に入ってお値段を見てみた.

うにゃ.

そしてすぐに出てきた.

ざんねん.

くやしいので写真を撮ってきた.

早くハワイから逃れて毎月お給料がもらえる生活に戻らなければと思った.

Daiei_001 その後,8番バスに乗ってアラモアナ・ショッピングセンターへ移動.

 Tumiの前を通ると,ウィンドウ越しに,素敵な革の白いバッグが飾られていた.

 素敵すぎて立ち止まって見とれてしまう.

食い入るように見つめていると,中から店員さんが出てきて,「このバッグ,今日買うとお買い得ですよ」という. えーっそれはらっきーと思って中に入って説明を聞く.

この素敵な革の白いバッグは$850.

うにゃ.

でもお買い得なんですよね,何がお買い得なの?と思っていると,

「このバッグとプラスもう1つバッグを買っていただくと,2つ目のバッグは$100引きになります」 

2つ目かい.

1つ目引いてよと思った.

この戦略にまんまとのせられ2つ目のバッグを購入する方がいったいどのくらいおられるのか,庶民にはよくわからないと思った. 

これがTumiのバッグではなく,たとえばヤマザキ食パンとかハウスのジャワカレーだったとしたら,「2つ買うとお買い得ですよ」と言われれば必ず2つ買っていたと思うが. レベルが違いすぎます.

さらに店員さんが強調する.

「今日までですよ.明日には2つ目のバッグを買っても$100引きにはなりませんよ」

その前に1つ目が買えませんから.

ぜんぜんお買い得ちゃうやんと思った.

そして,そそくさと店を出できた.

While House Black MarketのグレーのワンピースとTumiの白いバッグを合わせたらかわいいだろうなと思った.

早くハワイから逃れて毎月お給料がもらえる生活に戻らなければと思った.

June15_006

 その後,雑貨のお店に行く.

 雑貨のお店というとハワイではたいていお土産屋さんになるのだけれども.

 ありきたりなお土産品ばかりだったけれど,ひとつ目に留まったものがあった.

 イルカのペーパーウェイト. 

かわいい.

同じものが日本の八景島シーパラダイスあたりで販売されている可能性があるが,「八景島」ではなく"HAWAII"と書かれている点で,イルカの質が八景島とは異なる. つまり,この写真のイルカはエサをもらわなくてもジャンプができるんですよというプチ自慢ができる点である. 

ばかばかしい.

ということで今日はこのイルカさんのペーパーウェイトだけ買って帰ってきた.

なんか地味ですね.

でも,日曜の午後の"ウィンドウ"ショッピングはたのしかった.

| | コメント (3)

「形」に残す

June13_001 海の見えるスターバックスで執筆活動な一日を過ごす.

 先日の学会で発表したものを論文にまとめている.

 学会発表はその場でオーディエンスの方と交流ができるというよい面があるが,研究成果としてはその場限りになってしまうところがある. つまり,発表したものがtangibleな「形」として残らない.

一方,書き言葉としてジャーナルに掲載されれば,それは後世までずっと「形」として残ることになる. 2008年6月に発表したものが,来年も5年後も10年後も20年後もずっと読まれ続けることになる. 何物にも代えられない財産だと思う. 書き言葉の威力はすごい. 

しかしながら,最近は出してもなかなか通らない状態が続いている. 売れない作家のような状態である. ラップトップを持ってオアフ島をさまよう毎日である. 今日はワードセンターあたりをさまよっていたのだが,前から歩いてきたポリネシア系の女性のTシャツに日本語のロゴが書かれているなと思ってよく見てみると,

ば・か・た・れ

と書かれていた. ラップトップをかかえてオアフ島をさまよい歩く自分に向けられた言葉のような気がして何だか悲しくなってしまった. ほっといてくれ. というか,あなた意味分からなくてそのTシャツ着てるでしょう,ばかたれ,と思った. というか,一体誰がこんなTシャツ作ったのだ,ばかたれ,と思った.

売れっ子作家になりたい. いや,売れっ子でなくてもいいのだが,せっかく時間をかけてやっているので,それを「形」として残したいのだ. 今年は必ず「形」にしたい.

しかし,先日の学会では,いろいろな人との出会いがあったという意味での「形」は残せたような気がする. ペンシルベニア大学でPhDをしている韓国人の方と仲良くなった. あ,また韓国人. しかし,この方は大人の男性で,韓国人の若い女性に特有の「じゃじじゅじぇじょー」っていうアクの強さがなく安心してお話ができる. 「じゃじじゅじぇじょー」って何や. この方は日本に留学経験があるそうで日本語が少しだけわかるようだった. 日本ではホームステイをしていたというので,「日本のどちらで?」とたずねたところ,「大阪の神崎川」とのことだった. かんざきがわ. これまたしぶいところに. というか神崎川ってどこやという話です. 知らないけど名前がしぶい. 

この韓国人の方いわく,神崎川には居酒屋がたくさんあるのだそうだ. 「アイ・ラブ・イザカヤ」とか言ってるので,へーそうなんだと思って,「どんな居酒屋メニューが好きですか?」と質問してみたところ,

カ・イ・バ・シ・ラ

と即答した. 返事早い. よっぽど好きなんですね. え?でも「カ・イ・バ・シ・ラ」って「貝柱」のことですよね? これまたしぶいものがお好きで. 神崎川に続いてしぶすぎです. というか,好きな日本料理が「貝柱」なんていう外国人に初めて出会いました. しぶすぎて少しだけ笑えます. 

こうやって,外国の方と日本についてお話をしていると,日本のこと,また日本人としての自分自身を客観的に考察する目を養える.

たとえば,「ば・か・た・れ」とは関西人にとって最大限の侮辱言葉だということである. 関西人は,「バカ」と言われると激怒するが,「アホ」は愛のあるツッコミのこもった言葉として解釈するという不思議な特性を持っている. その「バカ」に「タレ」が付随しているのである. 何ということだ. けしからん.

それと,「カ・イ・バ・シ・ラ」に関しては,これはおそらく「ホタテ」のことを意味していると解釈しているのだが違うのだろうか. いや,「ホタテ」に限定するものではないような気もする. たとえば「ムール貝」とかでもよいのではないか. わからなくなってきた. 韓国人のお友達と交流したことで,「貝柱」についてあまりにも無知だった自分に気づく. 勉強しなければ.

June13_004 何でも勉強だ. こうやって人と交流することで,今まで考えもしなかったことを考えるようになる. おもしろい. 

 人との交流が生み出す「形」. 書き言葉でなくてもこれも財産だと思う. 

 夜7時,ホノルルでいちばん好きな場所にて.

 まだ明るい. 日が長くなった.

 青い空と昇りかけの月がきれいだった. 

 これも写真にとって文章に書くと「形」になり「財産」になる. 

 見たもの感じたこと学んだこと,何でもできるだけ「形」に残していきたいと思う.

 

 

| | コメント (6)

You're in good hands

Sep3_001  ホノルルに戻ってきた.

 インディアナポリス⇒アトランタ経由で帰ってきた.

 降りる空港によって同じアメリカでも違う文化があると思った. 

 パデューを出てホノルルの家に到着したときには22時間が経過していた.

アメリカは広いと思った.

インディアナとハワイの時差は6時間.

ハワイに到着すると携帯電話の時間が自動的にハワイ時間に変わるのが不思議だと思った.

指導教授のOrtega先生に学会の報告メールを送ったところ,すぐに返事が来て,「発表がうまくいったみたいでよかった.Manchon先生やMatsuda先生とお話ができてよかった.Congratulations!」と言っていただく.

"Congratulations!"というのはちょっと言いすぎだと思ったけれど,こうして教え子の成果を自分のことのように喜んでくださるのはありがたいことだと思った.

学会では,会う人会う人みんながOrtega先生のことを知っていて,みんなが口をそろえていう言葉があった.

"You're in good hands."

「素晴らしい先生に指導してもらえていいですね」という意味だと思う. Ortega先生の知名度と業界での評価を体感した三日間だった.

そして,これまで自分は間違った考え方をしていたのかもしれないと思った三日間だった.

Ortega先生がわたしによく言う言葉がある. 「自分を知ってもらう努力をしなさい」ということだ. 「学会でも発表だけで終わるのではなく,積極的に人に話しかけて,自分の存在をアピールしてきなさい」ということだ.

正直なところ,「自分を知ってもらう」ために知らない人に話しかけるというのが得意ではない. そういうことをしなくてもいい論文を書いて出版していけば自然に自分のことを知ってもらえるようになると思っていた. 昔の大黒摩季さんがそうだったように. 誰が大黒摩季やねん. というツッコミをここで入れていただけたのでしょうか. ありがとうございます. 「メディアには出ないがヒットを飛ばす」ってかっこいいなと.

でも,先生が言う「知ってもらう」というのはそういうことではないのだと気づいた. lived intellectualsと交流することで学ぶことがたくさんある. 「知の創造」とは,この交流から生まれるものなのだと.

そして,研究者だけではなく教育者になろうとしているのであれば,自分の存在が業界で知られているか知られていないかということは,教えている学生にとっても大事なことなのだと思った. 

2年前にハワイに来てから,いろいろな出来事があり,穴があったらずっとそこに閉じこもっていたい冬眠中のリスみたいな性格になってしまった. このままではいけないと思った. 

インディアナで冬眠から目覚められた気がする. 

| | コメント (3)

パデューでリスに会う

Purdue4_003Purdue4_002パデュー大学のキャンパスを歩いていたら,

小動物が前を通り過ぎたので何かと思ったら,

リスだった.

すごいすごい.

背中かいてる.

かゆそう.

かわいい.

野生のリスを見るとアメリカにいるって感じがする.

リスがいるキャンパスっていいなと思う.

勉強で苦しい時にリスを見ると癒されそうだ.

子供のころにリスを飼っていたことを思いだした.

運動が好きなリスでケージの中の回し車でいつも暴走していた.

いつも回して回して回しまくっていたので,「必殺回転暴走リス」と呼んで笑っていた. ひどい飼い主だ.

「なかなか健康によさそうだわね」と母親がよく言っていた. 今思えばそういう問題じゃないような気もしますけども.

このパデューのリスだって突然ケージの中に閉じ込められたらきっと回し車で暴走するに違いないと思ったりした.

熊が出ると聞いていたインディアナだったが,熊には出会わず代わりにリスに出会えた.

リスでよかった.

数日間の滞在だったがパデュー大学に来ることができてとてもよかった.

| | コメント (5)

学会終了

Purdue_007 三日間の学会が終了した.

 記念すべき学会になった.

 コーパス・プロジェクトについての発表をPaul Matsuda先生が聞きに来てくれたことと発表の後でコメントをいただけたのがうれしかった.

 オーディエンスの方からパワポのスライドを送ってほしいと言われたのもうれしかった. 少しはおもしろいと思ってもらえたのかなという感触.

発表してよかった.

今回はレセプションにも参加した.

席につくと隣にいた女性が話しかけてきてくれた. 名札を見ると"Barbara Kroll"と書いてあってびっくりする. 本物のBarbara Krollだ! 即カメラを取り出し一緒に写真を撮っていただく. 隣でチョコレート・アイスクリームをガツガツ食べているBarbara Krollの姿を見て,Barbara Krollもチョコアイスとか食べるのねと思ったりする. Barbara Krollという名札を見なければ普通のおばちゃんがチョコアイスをガツガツ食べているだけなのだが,Barbara Krollという名札をつけているというだけでチョコアイスをガツガツ食べる姿に付加価値がつくような気がしてしまう. 著名になるとはこういうことなのだな,きっと.

Purdue2_005_7   そして,もっとも会いたいと思っていたスペイン人の研究者3人組 Roca de Larios, Manchon, & Murphyとお話しすることにも成功した. MA論文の時にこの方々のフレームワークを使ってライティング・プロセスの研究をした. その論文が最初のデビュー作につながったこともあり,自分の研究の方向性に最も影響を与えた学者さんたちでもある. そしてこの方々は指導教授のOrtega先生のお友達でもある. みんなスペイン人. スペイン人に縁があるのかもしれない. だからどうなのと聞かれても困るのだが.

この3人と一緒に写真が撮れるなんてMAをしていた頃は夢にも思わなかった. とてもうれしい.

他の大学院でPhDをしているお友達もできた. "I lost my hair"ってしょっちゅう言う男の人がいて何と言って慰めたらいいのか分からなくて困った. 確かにちょっと薄かった. でもここで髪の相談をされましても. 興味分野が似ていて共同で何かリサーチできればいいですねという話になった. たのもしい. 髪は気にしません.

Purdue2_008 レセプションの後,Paul Matsuda先生に町の酒場に連れて行っていただく. 町の酒場って. 町のバーといいましょう. 町って.

 アメリカンなバーだった.

 お客さんが白人ばかりでびっくりしてしまう. 店内のTVで野球観戦とかしている. わーアメリカやーと思う. 

 そして,アメリカンなお食事をいただく. 

アメリカ人らしいことをしている気がした. 

揚げ物を食べただけですけど.

とても楽しい三日間だった. 

| | コメント (3)

パデュー大学

インディアナに到着.

インディアナポリス空港から車を走らせること約2時間.

途中は本当に「森」だった.

どこまでも緑が広がる.

大自然.

そりゃ「熊」もいるでしょうと思った.

そして,パデュー大学に到着.

Purdue_002

Purdue_004

なんて美しいキャンパス.

歴史を感じさせるレンガ作りの建物と

まぶしいくらいの新緑と澄んだ青空の見事なコントラスト.

すばらしい.

心が穏やかになる.

ハワイ大学もパデュー大学も同じ州立大学であるにもかかわらず,この差は一体何なのだと考えてみる.

わかった.

ここには虫がいない.

道を歩いていて何度もゴッキーとすれ違ったり,ゴッキーを避けるために小ジャンプをするということはなさそうだ.

そして,ここには鳩もいない.

オープンカフェで食事をしていて鳩の集団に取り囲まれるということはなさそうだ.

そして,どこを見てもヤシの木がない.

ヤシの木のやる気のない感じが好きではない. 光合成を行うのが面倒なので葉を少なめにしました,枝もいりません,そしてまっすぐ立つのが面倒なのでちょっと曲がってます,という感じのあのけだるい感じが好きではない.

パデューの木には葉がたくさん生えている. 光合成もばっちり. 枝もある. やる気が感じられる.

虫と鳩とヤシの木から解放されるだけでこんなにも心が落ち着くのかと思った. 

Purdue1_001 学会期間中は,キャンパスの中にあるPurdue Union Club Hotelに宿泊することになっている.

こちらの建物も趣があって美しい.

一階にはスターバックスが入っている. 

キャンパスにスタバがあるという点においても,ハワイ大学は負けているぞと思った.

そして,同じ一階にある"Pappy's Sweet Shop"のsmokehouse burgerがとてもおいしくてびっくりした. 

バーガーとか食べたのは何年ぶりだろう. アメリカ人らしいことをしている気がした. 

ハンバーガー食べただけですけど.

到着一日目にしてすでにかなり楽しんでいる.

明日は発表.

| | コメント (2)

インディアナへ

June3_006June3_005 ホノルル国際空港.

これからインディアナのWest Lafayetteへ.

ホノルル空港へ向かう途中,タクシー・ドライバーのおじさんに「どちらへ行かれるのですか?」とたずねられたので,「インディアナのWest Lafayetteというところです」と答えたところ,

"West Lafayette !!"

と驚嘆の声を上げられ,その後,「あそこは相当田舎ですよ」,「本当に田舎ですよ」と,"country(田舎)"という名詞を何度も何度も連発される.

そして,聞いてもいないのに「West Lafayetteがいかに田舎であるか」について一方的に説明される.

何なんでしょうか.

「でもショッピングモールくらいはあるでしょう?」とたずねたところ,

「ない」

と即答される.

そして,「モールはないけどwoods(森)がある」

と言われる.

...

モールはないけど「博物館」とか「美術館」とかがあると言うのかと思ったら「森」ですか.

全然うれしくない.

相当田舎であるらしいことが分かってきた.

そして,さらに追い討ちをかけるようにこんなことを言われる.

「熊がいますよ」

えーーっっ

熊がいますよって簡単に言いますけども,命にかかわる問題じゃないですか.

こわくなってきました.

でも今回は学会に行くのであって森に行くわけじゃないですし. 

West Lafayette,どんなところなのだろう.

いってきます.

| | コメント (4)

生まれた順で見るアメリカ式相性診断

Book3  最近,アメリカで話題になっている本がある.

  The Birth Order Book of Love

  「Birth Order(生まれた順)」は,恋愛関係の重要な予測変数となる,というもの.

 筆者のWilliam Cane氏は,「生まれた順」と男女間の「相性」について,有名人カップルを例に挙げ,次のように説明している.

 ブラット・ピット(長男)+アンジェリーナ・ジョリー(末っ子)=お兄さんと妹のような関係.もっとも相性のいい組み合わせ.

 ビル・クリントン(長男)+ヒラリー・クリントン(長女)=どちらも強い.どちらも強いのでお互いを尊重しあう良い関係が築ける.

そういわれてみれば...

この二大カップルに限定して言えば,確かに生まれた順と相性は関係があるのかもしれない,と思わされる.

もちろん,相性には,生まれた順以外にも重要な予測変数がたくさんある. 「生まれた順」は,そのたくさんの予測変数のうちの「ひとつ」として考えなければならない.

ということを理解したうえでこの本を読むと,とても面白いのではないかと思った.

読んでみたくなってきた.

「真ん中」については何と書かれているのだろう. 

姉も弟も20代のわりと早い時期に人生の伴侶を見つけることに成功した. 「真ん中」だけが30代に突入した今でもまだ成功していない. なぜなのだ.

この本は,そんなちょっと気の毒な「真ん中」さんの素朴な疑問にアメリカンな率直さでここぞとばかりに遠慮なく答えてくれるに違いない.

読んでみたくなってきた.

「真ん中」は,マイペースで自分を貫く人が多いと一般的にいわれる. 心理学者の依田明先生によると,「気に入らないと黙り込む」というのも「真ん中」の特徴なのだそうだ. 

あたっている. 

おや今書いていて気づいたが,「自分を貫き気に入らないと黙り込む」というのは,要するに「ただのワガママな人」ではないか. 

だからだめだったのか. 

と今気づきました.

おそい.

でもあきらめません(何をや). こうした「自分を貫き気に入らないと黙り込む」という特徴を持つ「真ん中」と最も相性が良いのはどの生まれ順のお方なのだろうか. 

読んでみたくなってきた.

この本には,生まれた順と相性に関することだけではなく,しあわせになるためのヒントなんていうものも書かれているらしい.

しあわせになるためのヒント.

読みますよ,読みますよ,ぜったい.

| | コメント (2)

serendipity

May18_001_7April30_005_5あたらしいピアス.

あたらしいサンダル.

買ってきた物をこうして写真に撮っているとき,とてもしあわせな気持ちになる.

ハワイに来て初めて自分の物を買った. 

そして,ハワイに来て初めてMacy'sでお買い物をした.

授業期間中はショッピングに出かける余裕がない. ハワイの人々は下着みたいな(だらしない)格好で外を歩いているので自分もだんだんおしゃれに対する意識が低くなっていく. しかし,休みに入って久しぶりにデパートをのぞいてみると,きれいなものかわいいものすてきなものがたくさん並んでいて,わくわくそわそわしてしまう.

普段行かない場所に行くと予期せぬ掘り出し物に出会えることがある.

セレンディピティー(serendipity: 予期せぬ掘り出し物,偶然の発見)だ.

マノアの山の中にひきこもらず,たまには街にお買い物に出かけていき,美しいものにふれて心を磨かなければと思う.

日本にいたときは普通にお買い物にも出かけていたのだけれど. 当たり前だった日常が当たり前でなくなっている. ところでお買い物というと,新宿南口で降りて,紀伊国屋で本を買って,その後高島屋に行くというコースが好きだった. TAKE-UPに行きたい. 新宿南口を出ると,いつもポケットティッシュをたくさんもらえた. 日本は無料でポケットティッシュが手に入る良い国だと思う. 

あたらしいピアスとサンダルうれしい.

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »