« commemorative stamp | トップページ | グループワーク »

discourse community

April26 アイス・ソイ・ラテ @ Glazer's Coffee

 ハワイ大学の近く,サウス・キング・ストリート沿いにある小さなカフェ.

 大学近くということもあって,お客さんのほぼ8-9割がハワイ大の学生だと思われる. みんな勉強しているのでとても静か. 店内は大きな窓があって明るい日差しが差し込んでいる. 勉強には最高の場所.

 韓国人が経営しているようで,スタッフはみんな韓国人のようだ. あ,また韓国人ネタ.

 でもここの韓国人スタッフの女性はみんなとても優しくて感じがいい. 

B0095621_11243961 マスターの韓国人男性もとても優しくて,長居しても嫌な顔ひとつせず,お水の差し入れをしてくれたりする. いつも「オミジュ!」と言って大きなグラス一杯のお水を持ってきてくれる. 突然背後から「オミジュ!」と言って現われるのでビックリしてしまうのだけども. オミジュ! オミや.

 窓側のブラインドを閉めるときには,「シツレイシマス!」と言ってくれる. 中学生のとき部活の後輩に言われて以来のような気がします. シツレイシマス! しかし,日本人には日本語で話しかけようとするこの気遣い. なんかうれしくなってしまう.

大学の外に出ると,お国柄に対する固定観念がくつがえされることが多い. 同じ韓国人でも,どのディスコース・コミュニティに属しているかによって受ける印象が変わってくる. ある集団に共通するディスコースとは,「国」というマクロなレベルではなく,「大学」とか「カフェ」といったミクロなレベルで形成されるということなのかもしれない.

従って,「○○国の人」とか「○○国の文化」について語るときには,その人たちがどの国出身なのかということよりは,どんなディスコース・コミュニティに属しているのかを見る必要があるということだろう. ここ数日,その自信家ぶりが話題になっていた韓国人女性は「海外の大学に留学している韓国人」という枠組みで見るべきで,他の韓国人コミュニティに必ずしも一般化できるわけではない,という認識が必要なのだろう. 

しかし,Glazer's Coffeeは韓国人の耳には「グレイザーズ・コーヒー」も「グレイじゃーじゅ・コーヒー」も同じに聞こえるという点では,ディスコース・コミュニティを超えてすべての韓国人に一般化できる現象と言えるだろう. オミジュとオミズも同じに聞こえるのだ. 日本人の耳に「ライト(right:右)」と「ライト(light:明かり)」が同じに聞こえるのと同じ現象である. 

ハワイ大の韓国人女性たちもきっと「グレイじゃーじゅ・コーヒー」って言うのだろう. 「グレイじゃーじゅ・コーヒー」ってなんか濁っている感じがする. 飲みたくない.

「グレイって言ってみろ」っていじめたくなってきた. また言ってる. 

discourse communityによる違いについて思考をめぐらせた日.

|

« commemorative stamp | トップページ | グループワーク »

コメント

フィッシュの代わりにピッシュ、イフの代わりにイプってのもありますね。なんだか舌ったらずに聞こえますよね、彼ら。いい人だとなんてかわいい・・・なんて思えちゃいます。日本食では「とんかちゅ」が好き!とかいっているクラスメート昔いました。

ぜんぜん関係ないですが、私の敵(?)クラスメートは中国人です。中国人の英語の特徴は・・・わかりません。本人曰く「私のペーパーはネイティブが書いたのかっていつもびっくりされるのよ!」らしいです。(どうせペーパーはいつもコメントされるよーだ・・・という私は心の中でつぶやいてます)

投稿: tressoles | 2008年4月28日 (月) 05:02

satchyさん、こんにちは。

>日本人の耳に「ライト(right:右)」と「ライト(light:明かり)」が同じに聞こえるのと同じ現象である. 

そう、同じに聞こえますね。
話の中で出てくる分には、わかるけど、
さぁ〜どっち?って言われると・・
わかんないです。

二つの単語を続けて言ってもらえば
なんとか聞き比べられますが・・。

その他にも早口でしゃべられたら
区別がつかないのがreadとlead、fryとfly、prayとplayなどなど。。

投稿: nepcom | 2008年4月29日 (火) 19:01

tressolesさん,ありがとうございます.

「とんかちゅ」かわいいですね.

中国人も韓国人も女性は強いなぁと思います.「ネイティブが書いたのかってびっくりされるのよ」って,それが真実だとしたら,あえてそんなことは言わないような気がします.なんで自分で言ってしまうんですかね.哀れです.

中国でもメインランドの方と台湾の方で,違いがあるような気がします.台湾の人は日本人と共通する何かがあるような気がするのですが.

お国柄ってあるんでしょうね.

投稿: satchy | 2008年4月29日 (火) 19:07

nepcomさん,こんにちは.お元気ですか.

「カタカナ」が英語の発音の障害になっているようなところがありますよね.

rightの方は,最初にウ~と犬が唸るような音を出してその口の形のままで「ライト!」と言うと,正しいrの音になると思います.ひどい説明でごめんなさい.ウ~ライト!

nepcomさん,Glazer's Coffeeには行かれていましたか?

投稿: satchy | 2008年4月29日 (火) 19:24

はじめまして。
僕は現在日本の大学院で社会言語学&SLAを勉強していて、ハワイのSLSに入学すべく準備をしています。
satchyさんのブログを読むと、いろんな点で共感できるので、読んでいるとなんだか自然とストレス発散と似たような気分になります。笑
ステレオタイプの助長は良くないんでしょうけど、僕も韓国人の方たちの間にネガティブな共通点を発見してしまうことが少なくないです。
でも本当に気の合う韓国人の友人もいるので、やっぱり一般化するには危険性が高いですね!


投稿: Nicholas | 2008年4月29日 (火) 21:07

Nicholasさん,コメントをありがとうございます.

ネガティブな共通点を発見してしまうことが少なくないというのはとても共感できます.一般化するのは危険ですが,やはりお国柄というものがあるのかもしれないですね.

留学準備,がんばってくださいね.

投稿: satchy | 2008年5月 1日 (木) 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« commemorative stamp | トップページ | グループワーク »