« 日本語と英語 | トップページ | genius »

貫く

プロジェクトのトピックを変えることにしたので,もう一度最初からliterature reivewsのやり直し

な日々.

前のトピックに関して読んだ文献が無駄になってしまう...とついつい思ってしまうのだけれど,前の作業があったからこそ新しいトピックが生まれたわけであるし無駄になっているものなんて何一つないのだ,と自分に言い聞かせつつ,新しいトピックに関する文献を読み込む日々.

その間,大学は一週間の春休みに入り,世間ではイースター(復活祭)があったりして,周りはホリデームード一色になっている. でもそんなの関係ねぇー. (もう古いでしょうか)

以前はこういう状態を嘆いてばかりだった. 世間がお休みのときもお休みせずいつも勉強している自分を嘆き,勉強しかすることがないつまらない人間だと自分を嘆き,こうしてどんどん世間から隔離され変人になっていくのであろう自分を嘆き,嘆いて嘆いて嘆いてばかりだった. 

しかし,最近は嘆きの回数が少なくなってきたように思う. ようやくあきらめの境地に達したのかもしれない. あるいは,これが自分の生きる道なのだという悟りが開けたのかもしれない. 

ひとつのことを追究するということは,自分の信念を貫くということだから,まず強くなければならない. 自分を嘆いて嘆いて嘆いてばかりいてはだめなのだ. ということが最近になってようやく分かってきたのかもしれない.

ところで,「自分の信念を貫く」ということを徹底した形で実現しておられるのは,「シスター」と呼ばれる方々ではないかと考えさせられる出来事が先日あった.

ハワイ大学で知り合った日本人のお友達で,N県の某カトリック系女子高出身の人がいる. 先生は全員シスターだったそうで. ある日の宗教の授業で,異性(男性)のことが話題になったとき,ある生徒がシスターにこんな質問をしたのだそうだ.

「シスターの好みのタイプの男性はどんな人ですか?」

シスターのこたえ:

「イエス様タイプ」

・・・

ていうか会ったことないでしょうが. 

と思いましたけれども,そんなことはさておき,好みのタイプがイエス様というところに,一生涯を神に仕えるというシスターの強靭な信念が現われていると思ったのだ. 

ひとつのことを追究するということはこういうことなのだと思った. 貫くとはイエス様タイプと答えられるかどうかなのだと.

ちなみにそのお友達に「あなたもイエス様タイプが好み?」とたずねたところ,「タイプとちゃう」と即答した. ちょっと安心した.

信念にもいろいろな形がある.

信念とは自分を支える柱のようなものなので,信念があれば何が起きても自分を見失わずにいられるということなのだろう.

|

« 日本語と英語 | トップページ | genius »

コメント

イースターが終わりましたね。
最近、ルンドは、snowがよく降っています。

私、イースターには興味が持てません。
クリスマスは「イルミネーションがきれい」とか、
「飾り付けがかわいい」とか思うのに、イースターの
たまご、にわとりには、ふーんという感じです。
もちろん、興味があるなしの問題ではないですけどね。

ところで、Satchyは、本当に研究が好きなんですね。
自分を追い込んでいくタイプというか....。

遠い国から、応援しています。


投稿: emmy | 2008年3月27日 (木) 06:36

【emmyさん】
emmyさん,メッセージありがとうございます.お元気ですか.

3月末になっても雪が降るんですね.まだコートが手放せないのかな.早く春が来てほしいですね.

イースターの日に何をするのかとか祝日としての意味とかあまりよく分かっていません.スーパーに行くと,イースターエッグのコーナーがあったりして,ああイースターなのねと思うくらいで.日本に浸透していない慣習だからでしょうかね.

昨年のクリスマスはそちらで過ごされたのですよね.なんだかすてきです,ルンドのクリスマスって.

emmyさんと一緒にヨーロッパ旅行したいです!

投稿: satchy | 2008年3月28日 (金) 19:18

Satchy

ヨーロッパの街並を歩くSatchyを想像してみました。
とても似合うと思います。

ところで、私が前回のコメントで書いた、
「自分を追い込むタイプ」という表現について
人によっては、悪いイメージになるかもしれない
と思って、心配になりました。

自分に厳しい、人一倍きちんとやらないと気が
すまない、とにかく、研究者に合っているという
ことを伝えたかったのですけれど、

もし、気分を悪くしていたら、ごめんなさいshine

emmy


投稿: emmy | 2008年3月29日 (土) 02:03

emmyさん,

いえいえ,ぜんぜん気にしてないですよーwink

研究者に向いているのかなぁ...研究のための研究より,学生さんのためになるような,実践と結びつくような研究でないと,なんかやる気が起こらないですね.

あとは,学会の懇親会があんまり好きじゃないことが問題かと.もっとあうとごーいんぐでないとだめですよねぇ...

ヨーロッパの街並み,いつか歩いてみたいです.

ありがとうございました!

投稿: satchy | 2008年3月29日 (土) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語と英語 | トップページ | genius »