« 晩ごはん | トップページ | 前置詞と副詞の心を知る »

ハワイアンキルト

Mar18_003   ハワイアンキルトのお店に行ったら,こんなにかわいいものを見つけてしまった.

 手のひらサイズの小さなきんちゃく袋.

 何に使うか決めていないけど,かわいいので買ってしまった.

 手縫いって心がこもっていてあったかい. 

ここのお店のLance(ランス)さんとは最近お友達の紹介で知り合いになりました. 座間アメリカンスクール出身の日系の方で日本語がとてもお上手. 日本の名前は「乱津(らんつ)」さん. ランス→らんつ→乱津. なるほどなぁ. しかし,こんなに渋いお名前の人に出会ったのは初めてです. 名字は桂というそうで. 桂乱津. きゃっこいー.

お顔も「桂乱津」というイメージにぴったりの渋いお顔をされています. 極道系の映画には必ず出てくる「竹内力」の目をさらにするどくした感じ. 髪は金髪. 一見,やや恐怖感を与えるお顔をされているので,日本人のお友達の間で「ワイキキの帝王」などというニックネームをつけられているそうで. ぷぷ. ちょっと顔がコワイ人がいるとすぐに「○○の帝王」って呼びたくなるのは日本人の習性なのでしょうかね.

そんなランス(乱津)さんもお仕事はキルトショップ店員&キルトの先生. かわいい. でもお顔の印象とは違って,とっても優しくて人に気配りのできるとってもあたたかい,まさにハワイアンキルトみたいな方です. キルトの講習会を開いているらしいので,夏休みに習いに行くことにしました.

ハワイアンキルトにご興味のある方はぜひランスさんのこちらのお店に行ってあげてください. オーナーさんが東京,高円寺の方で,お店は高円寺にもあるそうです. これまた渋い. あとは倉敷店もあるそうです.

今日から新しい一週間のスタートですね. そして4月のスタート. よいことがたくさんあるぬくもりにあふれた一週間になりますように.

|

« 晩ごはん | トップページ | 前置詞と副詞の心を知る »

コメント

こんにちは
また遊びに来ました。

サマータイムになって、とても日が長くなった気がして、うれしくなります。

ルンドは、今、春の花(紫色)が咲いていて、ああ、春だなぁって感じます。晴れていれば、窓から見る景色は、暖かそうに見えて、だまされそうになります。でも、まだまだ冬のコートや手袋が必要です。

ハワイは、どんなところで「春」を感じるのでしょう?

投稿: emmy | 2008年4月 2日 (水) 03:15

emmyさん,

こんにちは.

ルンドはまだコートや手袋が必要なんですね.でも,花が咲いたり,日が長くなってきたり,少しずつ季節は春に向かっているのですね.冬が長い分,春の訪れの兆しが見えるのは,ルンドに人々にとって本当に嬉しいことなのでしょうね.

日本ほどはっきりした四季ではありませんが,ハワイにも一応四季があるようで,3-5月は"spring"と呼ばれています.この時期になると咲く花がいくつかあるようです.代表的なのはジャカランダという花で,世界三大花木の一つだそうです.日本の人が桜を見て春を感じるように,ハワイの人はジャカランダを見て春を感じるのかもしれません.でも,花を見て感動するといったような高次の情緒は,日本人特有のもののような気もします.ハワイの人はジャカランダの花見とかしそうにないです.日焼けするし.

一年中暖かいところで暮らしてもうすぐ二年になろうとしているので,冬に適応できない体になっているかもしれません.ルンドに行ったら普通の道で遭難してしまいそうです.

ルンドからの春便り楽しみにしていますねー.

投稿: satchy | 2008年4月 2日 (水) 17:45

へ~じゃぁ、ハワイは今、春なんだぁ~
日本では、新生活のスタートの時期ですよ。
初々しい人が一杯で、可愛いです。
そして、このハワイアンキルトも可愛い!!
このブルーが爽やかですね
乱津さん=キルトを想像して、なんだか楽しくなりました。

投稿: タロママ | 2008年4月 4日 (金) 07:56

タロママさん,

こんにちは,タロママさん.

4月になりましたね.新鮮な気持ちになれる季節ですね.新しいスタッフさんが加わって,よりよい環境になればいいですね.

ハワイアンキルト,タロママさんもお好きだろうなと思っていました.乱津さん,「顔は竹内力なのだけど職業はキルトの先生」というギャップがすてきだと思いました.でも,普段はキルトバッグは持ち歩かないのだそうです.「それどうしたの?」「オレが作った」ってかっこいいと思うんですけどね.

よい週末をお過ごしくださいね.

投稿: satchy | 2008年4月 6日 (日) 03:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩ごはん | トップページ | 前置詞と副詞の心を知る »