« メタファー | トップページ | Carpe Diem »

人にほめられるより人をほめられる人が賢者

韓国人の女の子に「かわいいサンダル履いてるね」と言ってほめてもらった.

日ごろ,人にほめられることがあまりないので,なんか照れくさかったけどなんかうれしくなった.

June_9_001_2 「神戸にはかわいい靴のお店がたくさんあるんですよ」という話をしたら,「神戸はおしゃれで素敵な町だって聞いてるよ」と,今度は自分の出身地のことをほめてもらって,またなんかうれしくなった.

自分が好きなものや大切にしているものをほめてもらえると純粋にうれしい.

ほめ上手な人ってすてきだと思う.

「人にほめられる人より人をほめられる人が賢者」という言葉が表しているように,

人のことを素直にほめられる人は自分に自信のある人なのだと思う.だからそういう人はいつもきらきら輝いている.

反面,いつも人と自分を比べ人を蹴落とすようなことばかり考えている人は,自分に自信のない人なのだと思う.

匿名でブログに誹謗・中傷にあたるような書き込みをして楽しんでいる人がそういう人だ.

匿名にすれば何を書いてもいいと考えているところがみっともない.

匿名にすれば身元がばれないだろうと考えているところも浅はかだ.こんなに近くに住んでいるのだからどこから書き込みがされたかなんてことはすぐにわかってしまうのだ.

そんなみっともない人にはなりたくない.

わたしも自分に自信はないけれども,人と自分を比べたりはしないということは自信を持って言える.

人を蹴落とす暇があったら,本の一冊でも読んで自分を高めたい.

人のよいところを見つけたら素直にほめられる人になりたい.

それを積極的に吸収して自分を高めていきたい.

中身を磨いて歳をとってもサンダルが似合う人でいたい.

|

« メタファー | トップページ | Carpe Diem »

コメント

”人を蹴落とす暇があったら,本の一冊でも読んで自分を高めたい.”

素敵です、Satchyさん!

図書館の話なんですが、interlibrary loan、船に乗ってハワイにやってくるんですか?そう思うと、なんか面白い気がしてきます。

宇田医学の図書館、国内だと一番、北米だと3番名に蔵書数が多いとどこかで読んだ記憶があります。なんですが、たまに行方不明になっていたり。今、借りようと思っていた本が行方不明で、今interlibrary loanを頼んで、待っているところです。その前は、なぜか、 一部のvol.だけなくて、仕方なく、隣の大学の図書館にお邪魔して、コピーしてきました。

投稿: masaki | 2008年2月22日 (金) 05:46

Satchyさんすごい。尊敬します。私など自信がなく人と自分を比べて落ち込んでばかりですから、見習わなくてはいけません。そうですよね、本の一冊でも読まなくてはいけませんね。匿名で中傷を書いていく方は実はうらやましい&怖いんでしょうね。だってSatchyさんは人のことを気にせずマイペースで自分のゴールへ向かっているのですから。
それにしてもサンダルですかーうらやましい。こちらはまだダウンジャケット&ブーツですよ。晴れては来ましたが・・・・

投稿: tressoles | 2008年2月23日 (土) 00:23

【masakiさん】
今借りてる本は,Missouri-Columbia Univから来ているみたいです.船だと時間かかりそうですね.飛行機でしょうかね.運ばれてくる過程を想像すると何だか面白いですね.

探していた本が図書館にあることがわかって喜んだのもつかの間,それが行方不明だったりすると,なんでやねんとツッコミをいれたくなりますね.意外と多いんですよね.

文献,隣の大学にあったみたいでよかったですね.

【tressolesさん】
こんにちは,tressolesさん.

わたしも落ち込むこと多いです.でも,それが相手をねたむというネガティブな方向に向かわずに,自分をもっと高めようというポジティブな方向に向かうというのはtressolesさんも同じですよね:) 自分にできることには限りがあることがわかってきたのでマイペースでやってます.

この冬,日本に帰ったとき久しぶりに足の指が隠れる靴を履いて,靴擦れを起こしました.年中サンダルなので足の指がびっくりしたみたいです.なんか原始的ですよね.島の人って感じですよね.

冬があるとブーツやコートでおしゃれが楽しめるからいいですね.でもそんなこと言ってられないくらい寒そうですね...

春が待ち遠しいですね.そちらでは桜が咲いたりするのかな.

投稿: satchy | 2008年2月23日 (土) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メタファー | トップページ | Carpe Diem »