« 朝時間 | トップページ | 春 »

bear fruit

言語と認知に関するセミナーで,"bear fruit"という言葉が出てきた.

"bear fruit"は,「果物の実が生る」という意味から,「努力が実を結ぶ」という意味でも使われる. 他にも似たような表現として,"fruit of labor"「勤労の成果」,"fruit of your effort"「努力の成果」などがある. このように,語にはたいてい複数の意味があり,それらが相互に関連している. このことを"polysemy"(多義性)という. という話をしていたときに,ある一人のクラスメイトがこんな質問をした. 「この場合,なぜメタファーは『果物』であるべきなのだろうか?『野菜』ではだめなのだろうか?」

ぐお. なんでそんなこと思いつくんでしょうね. このクラスメイトの質問から,「こうこうこういう理由で野菜ではだめなのである」的な白熱した議論が展開される. 果物 vs. 野菜. 「あなたはどう思う?」と聞かれましても. 知らん. 熱く語っている人々を見て,何だかとても変わった人たちだなぁと冷めた目で観察してしまう. しかし,自分もこのクラスの一員なのだった. 自分も変わった人なのだ.

確かに,「野菜の実が生る」も「果物の実が生る」も実が生るプロセスとしては変わりはない. しかし,チェリーやストロベリーが生る過程と,ナスビやジャガイモが生る過程を想像してみた場合,何となく前者の方が「実を結ぶ」メタファーとして成功している気がする. そして,「実を結ぶ」という行為を豊かに美しく表現できる気がする. ナスビさんとジャガイモさんに失礼だけれども. そういえば,"fruitful"「実り多い」という語も美しいと思う. "Wishing you a fruitful time"「実り多い時間になりますように」. やはり果物の勝ちだ.

努力の実りを実感できたときはとてもうれしい. 

日本にいるお友達のUちゃんから「応募していた大学院から合格通知が届いた」と連絡があった. 応募前からのプロセスのことを聞いていただけに,自分のことのようにうれしく思った. しかも,応募していた大学院というのはハワイ大学のことなのだ. 来学期からUちゃんがここに来てくれるなんて,自分の家族が来てくれるみたいな感じがしてとてもうれしい. 皇太子奨学金にも合格して,この夏には陛下から奨学金を直接授与されるのだそうだ. これまでこつこつ頑張ってきたご褒美,"bear fruit"だと思う. おめでとう.

initial reportが完成したのでアドバイザーのOrtega先生に読んでもらう. この冬休みから読み続けてきたcontrastive rhetoricやgenre analysisに関する先行研究をまとめたもの. 「ベリーナイス」と言っていただく. それだけかい. しかし,その後,今後の研究の方向性につながるような実り多い話に発展する. 久しぶりにじっくりライティング研究の話ができて,やはり自分はこの道で研究を続けていきたいのだということを実感する. 今回まとめたinitial reportがオーケーかどうか確かめたくて,"Is this report heading in the right direction?"と聞いてみたのだけれど,「right directionかどうかはもう自分で決められなくてはいけないでしょ」と笑顔で返される. ぐお. そうなのか. そうなのだ. 幼稚な質問をしてしまった. でもなんで笑顔なのだ. 先生の笑顔ははっきりいってかわいい. この笑顔にやられてしまったのだなあの人はとかいらんことを考えてしまう. わたしは惑わされないぞ. でもOrtega先生がアドバイザーでよかったと思った. 

SSLWに出していたプロポーザルの結果が来て6月にパデュー大学で発表できることになった. よかった. でもグラントを取らなければイリノイまでたどり着くことは難しいかもしれない. UAのマイルが41,791マイルたまっているのだが,イリノイまでの特典航空券をゲットすることってできるのだろうか. 頑張ってマイルをためている割に,利用方法がいまいちよくわかっていない. うまくいけば,学会の後シカゴに寄ってみたい. CNNやコカコーラ博物館などを見学するのだ. なんかベタだが. 島ではなく本土の文化を満喫するのだ. なんか楽しくなってきた.

今日で2月も終わり.

実り多い週末になりますように. Hope you have a fruitful weekend.

|

« 朝時間 | トップページ | 春 »

コメント

バリュー大学での発表、おめでとうございますcherry

Satchyさんをくだものに例えると、さくらんぼかなと思って。

私のほうは、日本に帰る日(6月)が近づいてきました。慣れてきた頃に帰ることになるのは、ちょっともったいない気もしますが...

でも、帰る日が決まっているのは、正直うれしいです。

スウェーデンで生活してよかったことは、自分の感情をコントロールすることができるようになり、気持ちが楽になったことです。

わたしは、とても感じやすくて、たとえば、悪い感情を持っている人に出会うと、そういうものを感じとってしまって、体の調子が悪くなったりしていました...

悪い感情を持っている人というのは、他人をねたんだり、不愉快にしたり、いじわるをしたりする人のこと。

今は、そういう人と話しても、すぐに忘れることができるようになりました。

自分がしっかりとしていること、自然体でいられることが大切なのかな、と思っています。もっと早くこうなりたかった!

ではまた...

投稿: emmy | 2008年3月 1日 (土) 08:41

【emmyさん】
emmyさん,こんにちは.

さくらんぼですか.うれしいです.ジャガイモじゃなくてよかった.

悪い感情を持っている人,わたしも最近出会いました.でも,そういう感情は,結局は自信のなさの表れなんですよね.自信があれば人をねたむ必要なんてないわけですし.相手にする価値はないと思います.

それよりも,emmyさんがおっしゃるように,自分がしっかりしていること,本当にそれがいちばん大事ですよね.要するに何かを極めるというのは他人との戦いではなく自分との戦いなんですよね.「敵は己にあり」ですね.

3月ですね.そちらは少しずつ春に向かっていますか.

2年前だったかな,国分寺の桜がきれいだったことを思い出しました.おいしいラザニアも.すてきなお宅も.なつかしい.2年って過ぎてしまえばあっという間ですね.

投稿: satchy | 2008年3月 1日 (土) 19:36

「敵は己にあり」
Satchyさんcherry、大人ですね。

まいりました!


投稿: emmy | 2008年3月 1日 (土) 19:44

emmyさん,

恩師の先生がよく言っていた言葉で,体に染み付いてしまってます.わたしが使うにはまだ早すぎるかもしれないですねbearingはずかしい.

投稿: satchy | 2008年3月 2日 (日) 04:44

SATCHYさん、こんにちは。

あまりにも興味深いメタファーだったので、軽く調べたところ、野菜は一年草で果物は多年草を指すことが分かりました。桃栗三年...という日本語からも納得です。また、fruitには野菜を含むともあったので、「実りあるもの」を包括するのですね。

Dissertationをあたためながら書いているSATHCYさんは、これから初めての実をならせようとする果物ですね!お会いしたことがないので、どの果物か選ぶことはできませんが、やはり爽やかなイメージがします。

学会の発表頑張ってきてくださいね。

投稿: ねこたん | 2008年3月 2日 (日) 14:17

野菜と果物というのはファジーなエリアで
スイカはほんまは野菜なんやとか バナナはおやつにはいるかとか(ウソウソ)
いいますね。
定義もややかぶってしまうのでしょうね。
野菜、というのは葉っぱ中心な感じもします。
しかし根菜類は根っこでしょうし 茄子やトマトなんかは
果実、ですよね、きっと?それはつまりはフルーツなんでしょうから
果実イコール果物、ではなく果物プラス野菜の一部は果実、ということか?
随分前 How far do we have to go before you think of us as a vegitable?
なんていうフライドポテトのコマーシャルを見た気がします。
言葉って面白い。分類が微妙、どちらにも当てはまる、とか面白い。
魚と動物と鳥とか。大人と子どもとか。男と女は? 笑

投稿: せつこ | 2008年3月 2日 (日) 23:55

【ねこたんさん】
ねこたんさん,こんにちは.お元気されてますか.

fruitは,「フルーツ」ではなく「実りあるもの」として,vegeを包括するカテゴリーになるのですね.勉強になりました.いつもありがとうございます.

メタファーやカテゴリーの観点から言葉を分析してみると,言葉の意味が恣意的に決まっていることを再認識できますね.言葉っておもしろいですね.

【せつこさん】
せつこさん,こんにちは.

ナスやトマトも「実るもの」としてフルーツの中にcategorizeされるんですね.意味の分類がクリアカットにいかないことがあるのは,言語の恣意性によるものなのでしょうか.時代の変化とともに,言葉も変化し,カテゴリーも変化していくのでしょうかね.性も,男と女というdichotomyでは分けられなくなってきているような...

フライドポテトのCMのフレーズ,おもしろいですね.

投稿: satchy | 2008年3月 3日 (月) 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝時間 | トップページ | 春 »