« 二日目 | トップページ | チーズケーキ@Cafe Laufer »

一週間

ハワイに戻って一週間が過ぎ,ようやく時差ボケが治りつつある. 体内時計が日本モードに設定されたままになっていて,朝方4時くらいまで起きている生活が続いていたのだが,さすがに疲れがたまってきて,二日前は2時,昨日は1時に眠ることができた. よかった. しかし時差ボケ克服に他の人はどのくらい時間がかかっているのだろうかとふと思う. 自分の場合は一週間. ということをある人に話したところ,「多少年齢を経ているのが原因でしょう」と言われてしまう. 丁寧だがグサリとつきささる言葉. ぐぉ. 

キャンパスを歩いていると,某プログラムのMAコースで勉強している若い日本人の女の子(たぶん23~4歳くらいなのだと思う)に,「satchyさーん.あけおめことよろでーす☆」と声をかけられる. む.あけおめことよろ? 日本語の音声に間違いないのだが,一瞬何を言われたのかわからずとまどってしまう. ああそうだ. これは「あけましておめでとうございます.今年もよろしくお願い致します」という新年の挨拶の短縮形なのだった. 主に10代から20代の若者の間で使用されているらしい. 知ってはいたけれども実際に使用される場面に遭遇したのは初めてだ. なんて返せばいいのだろう. 「こちらこそ,あけおめことよろ~」とか言うのだろうか. でもなんか若者言葉を一生懸命真似して使おうとしてるおばさんみたいだからやめた. ところでこの人の干支はもしかしてわたしと同じなのではないかと考え始めるとなんか悲しくなってきた. ぐぉ.

Schmidt先生のクラスで読むことになっている文献がPDFファイルで送られてきた. Peter Robinson & Nick Ellis共著,"Handbook of Cognitive Linguistics and Second Language Acquisition"という本で来年出版されるらしい. まだ出版されてない貴重な文献をこうして読ませていただけるのはありがたい. でも,セミナー一回分の文献が3チャプター,200ページくらいあるのですけど,ちょっと暴力的ではないでしょうか. これを各自でプリントアウトってのもちょっと暴力的なような. そして,紙はすぐになくなるわインクカートリッジはすぐになくなるわで地球環境に優しくない授業だと思いました. 

しかし,読んでみたところ,この本は暴力的行為に耐えるだけの価値は十分にあると思った. 自分には認知言語学のバックグランドがないのでついていけるかどうか心配だったが,結局は認知心理学の理論と重なる部分がとても多く,去年のEDEP661で学んだことが生かせそうだ. 学問というのはこうやって見えないところで必ず繋がっているのだということを知る."making the connections" これができたときに「学んでいる」という気がする.

統計のZhang先生のところに質問に行く. 白い紙と鉛筆と消しゴムを取り出し丁寧に説明してくださる. 白い紙と鉛筆と消しゴムという道具を使って教えてもらうのは高校生の時以来かもしれない. なんか昔懐かしくてうれしくなる. ちなみに鉛筆削りもありました. 電気で動くやつ. 懐かしすぎる. 先生は中国の人だし,古典的なアプローチを大切にされる方なので,勉強道具もやはり古典的なのだろう. 先生が老子みたいに見えてきた. 老子って見たことないですけど. 30分くらいお話したあとで,「あなたが今やるべきなのはZ-testの復習ですよ. ほら,あなたの質問を見直してみるとすべてZ-testに関連しているでしょう?」と助言してくださる. ほんとだ. 自分で気がつかなかったけど言われてみると疑問点の根源にあるものは確かにZ-testだ. こんなふうに数分で相手の抱えている問題点や弱点を見抜けるなんてやはり老子だ. 今学期もまた素晴らしい先生に出会えた. うれしい.

こうして一週目が無事に終わった. 特に忙しかったわけではないけど時差ボケと睡眠不足で疲れがたまっている感じ. 先週ハワイに戻ってから一度もグローサリーに行ってないので冷蔵庫の中には日本から買ってきたメロンパンとその他菓子パン各種しか入っていない. 食料品を買いに行かなければ. しかしスーパーに行きたくてもスーパーは遠くにしかない. 悲しい. 共同キッチンで料理をすることがなくなってしまったので,同じ寮の人に「satchyさんはどうやって生きているのですか?」的な質問をされてしまう. 悲しい. 何も食べていないのではないかと心配してくださったのだろう. 共同キッチンっていうのがどうも慣れなくて自分の部屋で簡単に作れるものしか食べなくなってしまった. キッチン付きのお部屋に住むのが夢です. 悲しい. 月曜日が祝日で連休になるから頑張ってスーパーに行ってこよう.

Mr. Childrenの「しるし」という曲を聴いた. 初めて聴いたけどなんか涙が出そうになった. 短い言葉で心に響いてくる. 心に響くのは,ここでもやはり自分のコンテキストとの関連付けが行われているからなのだろう. making the connections. 言葉の力は偉大だと思った. そんな一週間.

|

« 二日目 | トップページ | チーズケーキ@Cafe Laufer »

コメント

Satchyのブログ読むと、自分も頑張らなきゃって、いつも思います。もっと努力しなきゃいけないなと、思い知らせれてます(笑)。

あけおめ。友達からのメールに書いてあって、僕もこれに対して、なんて言ったら良いか分かりませんでした。あけましておめでとうって書くのがそんなにめんどくさいのかっと、思ってしまいました。日本人、いろいろ略して言うのが好きだから、仕方ないのかもしれなけど、あけおもは、僕的にはありあり得ないです。即却下!

そういえば、抹茶のお菓子、もう、全部食べ終わってしまいました。後に残しておくという習慣があったら良かったんですけど、もう、今はおなかの中にはいてしまって、手遅れです。

投稿: masaki | 2008年1月20日 (日) 16:16

こんにちは、nepcomです。

怒濤のごとく、ハワイ生活が始まったという感じでしょうか・・??
食料の買い出しはお済みですか?

さて、私も「あけおめことよろ」・・という言葉・・
今年も新年早々から仕事場で聞きました。。

情報化社会・・時間が勝負?
現代に生きる人は忙しいから・・?
なぜか、省略言語や頭文字言語が
蔓延している日本(日本だけではないでしょうが・・)。。

時の流れは年々早く感じられますが、
時候の挨拶は、きちんと聞きたいものですね。

コミュニケーションに深みが無くなってしまい、
人とのつきあいが希薄になっていくような危機感を感じます。

人生の旅をもっと心に刻み込んで、
日々の生活をしたい・・
そんな気持ちにさせてくれるこの唄に最近再び嵌っています。
竹内まりや「人生の扉」

http://jp.youtube.com/watch?v=bNPr7gGDdXA&feature=related

投稿: nepcom | 2008年1月21日 (月) 00:18

ご無沙汰しています。
Peter Robinson & Nick Ellis共著,"Handbook of Cognitive Linguistics and Second Language Acquisition"ですか・・・すごく面白そうですね。
そのような未出版の文献を読めるのはすごくうらやましいです!!

投稿: American Mike | 2008年1月21日 (月) 16:19

1回の授業で200ページだなんて… 彼はディスカッションとか好きそうだけど、生徒の頭に知識を残すってことをもうちょっと考えてほしいですよね。そんなにがむしゃらに読んでも、知識は右から左へ受け流されてしまう…!もしかして日本通の彼はムーディのファン?!ちなみに、ムーディはNY行った友達の小学校の同級生らしいです。滋賀出身って珍しい。

昨日は付き合ってもらってありがとうございました!また違うケーキにトライしましょうね。んでもまー、気をつけてても、どうしても自分の暗い将来の話になってしまってすいません(涙)。今日は明るい話をしようって思って行ったんですが。次回は明るい話、もしくは明るく話せるようにがんばりまーす。

投稿: Mari | 2008年1月21日 (月) 17:07

今、気がついたんですが、Satchyさんを呼び捨てにしてますね、上に書いたやつ。
そんなつもりは無かったんですが。。。
うる覚えの記憶によると、Satchyさんと書いたつもりが、spellingを間違っていて、消した後、どうにかなっちゃったんでしょうね。
呼び捨てするつもりがなかったことを伝えたくて、また、コメントしてちゃってます。

ピンクのiPod、かわいいですよね。それに、ほかの色より、sleekな感じがするのは、僕だけかな。

それにしても、一回のセミナーで200ページって、かなりの量ですね。いったい、何時間あったら、読み終えられるのか、考えたくない量ですね。

投稿: masaki | 2008年1月21日 (月) 17:53

【masakiさん】
こんにちは.

そんなふうに言っていただけて恐縮してます.自分としてはお笑い系のブログを目指しているのですけれど.

「あけおめ」はわたしも即却下です.だいたい日本のメディアは軽くてばかばかしいものをハイライティングしすぎだと思います.

抹茶のお菓子を送ってくださるなんていいご両親ですね.

もひとつ返事かきました↓

【nepcomさん】
こんにちは.

わたしも同じように感じます.挨拶はやっぱり心をこめてきちんとしたい...と思います.

竹内まりや,「人生の扉」,いい曲ですね.

お仕事お忙しそうですね.この時期の外出はつらいと思います.風邪をひかないようにしてくださいね.

【american mikeさん】
おひさしぶりです.お元気ですか.

未出版のものを読ませていただけてほんとにありがたいです.cognitive lingからのアプローチの本はまだほとんど出ていないと思いますし.

今年もどうぞよろしくお願いします.

【mariさん】
左へ受け流す...ムーディの話を共有できる人がこんな身近なところにいてくれたとは.うれしいです.滋賀県出身なんだ.知らなかったよ.チャラチャっチャっチャラっチャー.

将来の話をしてるとわたしも暗くなります.まぁ,誰でも同じようなものだと思うよ.見通しが明るいことが確実な人は少ないと思う.ぜひまた将来について語りましょう!

mariさんは若いのに人に媚びず芯がしっかりしててかっこよいと思います.そんなmariさんがぽてとちっぷの話をよくしてるのがかわゆい.すてきです.またあそぼうね.

【masakiさん】
呼び捨ていいですよ.ぜんぜん気にしてませんでした.

ご丁寧にコメント書いてくださってありがとう.

ipodのピンクすごくかわいいです.今度アップルストアに行って見てみます.

そちらは雪がすごそうですね.お体に気をつけて.

投稿: satchy | 2008年1月21日 (月) 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二日目 | トップページ | チーズケーキ@Cafe Laufer »