« trajectory | トップページ | latent variables behind classification »

python

コーパスの授業でPythonというプログラミング言語を勉強中.

Pythonでプログラムが書けるようになると,コーパスを作ったり,コーパスを解析することができるようになるらしい.

プロジェクトでは,EAP (English for Academic Purposes)の授業の教材として使うコーパスを作りたいと思っていて,これがうまくいったら来年のSSLWで発表したいと思っていて,そのためにもPythonはちゃんと身につけたいと思っている.

と,かっこいいこと書いてみたけど,Pythonは難しい.

月曜日に「Pythonとは」という講義があり,教授によるハンドアウトの「朗読」を聞かせていただき,二日後の水曜日にラボに連行されいきなりプログラムを書けと言われ...

ても書けるわけねーだろオイコラ.

だいたい調子に乗ってるのだ.

「ボクの教育哲学は『ソクラテス・メソッド』なんだ」とか言って,ただの手抜きでアンプロフェッショナルなだけではないか.

だいたい30過ぎの若さで「ソクラテス・メソッド」とか言ってるあたりが気に入らない.

だから "if they are 65 or older, tell them they should make funeral arrangements."というプログラムを書けなんて問題を出すのだ. よくもまぁこんな例を思いつくものだとある意味感心してしまう.

"if they are older than 21 but younger than 65, tell them they are middle-aged."というプログラムを書けという問題もあった.失礼な.「中年」で悪かったですね.ちゅーねん.

という具合に,ソクラテスなコーパスの先生に対してやや不満がつのってきているのだけれども,

自分はコーパスのバックグラウンドがないので,Pythonが難しいと思うのは,自分の知識不足・練習不足が大きいのだろう. したがって,ちょっとだけむかつくけど,ただ,だまってやるのみである.

そして,完璧なプログラムを書いてこのソクラテスなコーパスの先生を見返してやるのだという変な意地が出てきた.

今日,授業の後ラボに行って練習した. 上の二つの問題,「65歳以上なら葬式の手配しなさい」というのと「21歳以上65歳以下ならあなたは中年ですよ」というプログラムは書けた. 内容はともかく,エラーなしでインプットが出てきてくれたらすごくうれしくなる. 

プログラミング言語も外国語と似ているのかもしれない. まず単語と文法をちゃんと理解して使えるようになることが大切なのだろう. 

Pythonの日本語版チュートリアルを見つけたので,これでちょっと理解できるかもしれない. ステップ・バイ・ステップで解説してくれている. 「今言ったことが分からなかった人へ.分からなければ考えなかったらいいだけですよ.」とか親切に書いてくれている. 「分からなければ考えなかったらいい」というのは「え?そんな適当な」と思ってしまうのだけれども,見方を変えれば「分からなければ考えなかったらいい」というのは理解できないことの苦しみから解放されるための簡潔明快で見事なストラテジーだと言える.

よく分からないが.

Pythonに苦しめられた一週間が終わった.

くたくた.

今週もおつかれさまでした.

|

« trajectory | トップページ | latent variables behind classification »

コメント

おつかれさまでした。

たぶんPythonもコーパスを作ったり・解析したりする手段のひとつなのですけれども、何かひとつ知っているといいと思います。逆に言うと、Javaでも何でもコーパスは作れると思います。コーパスってなんだかよく分からないのですけれど。

googleがウェブページを対象にした日本語のn-gramデータの公開をしていて(http://googlejapan.blogspot.com/2007/11/n-gram.html)、話題になってますね。英語についても公開されているみたいです。これを使って英語がネイティブじゃない人でも英語で日記が書ける!、とかだと面白いのですけれど。

投稿: しらいし | 2007年11月10日 (土) 21:44

しらいしさん,こんにちは.

googleのn-gramデータ,日本語版ができたのですね.おもしろいですね.

コーパスのコンコーダンスは,英語で論文を書くときにとても役立ちそうな気がします.もちろん日記も.プロジェクトではそういうコーパスを作りたいと思っています.が,あと一ヶ月でできるのかなという感じですけども.

JavaとかRubyとかC++とかいろいろな言語があるんですね.Pythonは聞いたことがありませんでした.せっかく始めたので続けていきたいと思います.中国語とかフランス語を習うよりだんぜんおもしろいと思います.

ではでは.

投稿: satchy | 2007年11月11日 (日) 17:55

いやーどんどん賢くなっていくsatchy...
私バカのままだけど仲良くしてね 爆

しかし30過ぎの若造、むかつきますね。
調子にのんなこのAHONDARAですよね。
自分とて学校出え出えのくせに。
ソクラテスなんて60年早いわ!

しかもそんなage discriminationなんだかいやだな。プンプン。

投稿: せつこ | 2007年11月12日 (月) 10:36

せつこさん.

lingとapplied lingのアプローチの違いもあるのかもしれないけれど...でもインプットがなければアウトプットもないですよね.プンプン.


投稿: satchy | 2007年11月13日 (火) 04:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« trajectory | トップページ | latent variables behind classification »