« missing you | トップページ | ハロウィンな日 »

pullem' up!

Pullem_up02_t450 "Pullem' Up!"という看板が全米各地に登場しているらしい.

何を言っているかというと,

「ズボンを上げろ」

そんなことを看板に言われたくないという感じですけれども.

「ズボン上げろ」と看板に言われてしまう背景には,

今年の6月にルイジアナ州で『腰パン禁止条例』が施行されたことがあるらしい.

サイズの大きいパンツをずり下げて履くいわゆる「腰パン(saggy pants)」. アメリカの若い男の子たちの間で流行しているストリート・ファッションだ. 下着が露出するため,これが「公衆わいせつ」とみなされ,違反者には罰金が科される. "Pullem' up or pay up."  厳しいところでは禁固6ヶ月の刑が科される. 

『腰パン禁止条例』は,ルイジアナ州につづき全米各地に広がっているらしい.

Bill_003Bill_005  そして,この人も怒っていた.

 ビル・オーライリーだ!

 出た!

 いつも朝見ているGood Morning Americaに突然現れたので,思わずシャッターを切ってしまった.

朝から怒ってました. 

「今や学校は"wild zone"だ."indecent"な若者が多すぎる.けしからん!ズボン上げろオイコラ!」

と怒ってました.(オイコラ!までは言ってなかったと思いますけれども)

しかし,腰パンを履いていただけで「罰金」という条例が個性を尊重するはずのアメリカで施行されたというのはちょっと意外な気がした. 「個性」よりも「公序良俗」を若者に教える必要が出てきているということなのだろうか.

でも,"Pullem' Up!"という看板が街中に登場するというのはアメリカらしいなと思った. 日本でも「腰パン」は若い男の子たちの間で人気のファッションで,そのずり下げられたズボンを怪訝そうな表情で眺めている大人たちは少なくないと思う. が,日本で,「ズボンを上げましょう」なんていう看板が渋谷のスクランブル交差点に登場することはまずないような気がした. 

「個性の尊重」か「公序良俗」か. アメリカも日本も抱えている問題は同じだと思った.

そして,もう一つ思ったことは,

"Pullem' Up!"(上げろ)と言う必要があるのは,男性の腰パンだけではなく,アメリカ人女性のキャミソールもではないかということである.

キャミソールは露出度が高い. アメリカ人女性は体格もよく胸も大きいので,キャミソールを着ると,巨大な物体が露出する. あまりにでかすぎて同じ哺乳類で同じ人間であることがにわかに信じがたくなる. 

下着が露出するのが公序良俗に反するからという理由で腰パンが禁止されたのであれば,巨大な物体をこれ見よがしに露出させるアメリカ人女性のキャミソールも禁止に値するのではないかと思った次第である. 

ただのやっかみだ.

"You're so skinny."って悪かったですね.ふん.

|

« missing you | トップページ | ハロウィンな日 »

コメント

腰パン族はこちらではあまり見かけなかったのですが、この前バスで初めてソイツラと乗り合わせて、「うわっー、これがウワサの!」と見て見ぬフリして内心たいそう驚いてしまいました。

私が住んでいるところはブルックラインといって、ボストン市の西隣、ケンブリッジ市の南にあるのですが、ユダヤ人がいっぱいいるので?(偏見)腰パンのティーンエイジャーはいないのです。

昔、米軍基地の夜間大学に通っていた時、ハイスクールの教室を使っていたのですが、

「こんな服装はするな!」

というイラスト入りの張り紙があったのを思い出しました。その当時はここまで下がってない、まだまだかわいい腰パンだったものです。流行とはかくもエスカレートするんですね。

いやはや。

投稿: ねこたん | 2007年11月 2日 (金) 13:47

ねこたんさん,

こんにちは.

ねこたんさんがいらっしゃる場所はインテリな若者が多いイメージがあります.ねこたんさんがおっしゃるように,腰パン族は街の雰囲気に合わないですね.

ハワイではまだ見かけたことがありません.暑いのでとりあえずTシャツに短パン着ときましょという感じで,みなさんおしゃれにはあまり気を配っていないようです.

米軍基地のハイスクールですか.基地の中に一歩はいるともうそこはアメリカなんですね.とても不思議な感じがします.

流行はエスカレートするんですね,ほんとに.いやはやです.

ボストンの紅葉はきれいですか.おげんきで!

投稿: satchy | 2007年11月 3日 (土) 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« missing you | トップページ | ハロウィンな日 »