« hospitality at the hospital | トップページ | second life »

output rather than input

週末が終わる.

今週末はずっと勉強していた. 正確に言うと,今週末「も」だけど.

金土日とずっと統計のレポートを書いていた.

今回は,factor analysis + multiple regression + MANOVA という三つの手法をコンバインしたこれまでで最も難解なアサインメントだった.

最も難解である上に,ヘック教授がいきなり,"I'm gonna teach you 'independence' from now on."などと言い出し,これまでは授業中にヒントを言ってくれたりしていたのだが,今回は「最初から最後までひとりでやんなさい.ぐっどらっく.」と突き放されてしまった. 

まぁ,最初から最後までひとりで考えるのが本来のやり方であるべきなのでしょうけど.

しかし,"independent learning"のおかげでfactor analysis と multiple regression とMANOVA という三つの手法をコンバインさせることによって,こういう研究ができるのかということがよく分かった.

これまで統計をきちんと学んだことがなかった. 日本の大学院では研究方法の授業が軽視されていて,そういうのは論文をできるだけたくさん読んで「人から盗むものだ」という考え方が先生と院生の間で暗黙の了解として存在していたような気がする.

確かに「人から盗む」ことも大切だと思う. たくさん読んでinductivelyに理解していくというプロセスも必要ではあると思う. しかし,explicitlyに教わりdeductivelyに理解するというプロセスも同時に必要であると思う. 乱暴な言い方をすれば,そのほうが手っ取り早い.

アメリカの大学院のよいところの一つに研究方法の授業が充実していることがあげられると思う. こんな授業が日本の大学院でもあったらよかったなと思うことがある. まだまだ知らないことがたくさんあったことを知った.

このようにわたしはまだまだinputが必要な段階にある. 学生なので当たり前なのだけれど.

しかし,学生といってもこれまで仕事も研究もしてきたわけだから,inputだけではなくoutputもしていかなくてはいけないと思う.

先日,大学で仕事を得ることに関して,ある先生がこんなことを言っていた.

「人は君が何時間費やしたか全く気にしない.input(研究に何時間費やしたか)でなく,output(良い論文を書くこと)を見るものだ」

研究職というのは究極の成果主義であることをあらためて実感した. これも当たり前のことではあるのだけど. 

質の高いoutputができるようになりたいと思う. が,自分には力がないことに気づき始めてもいる. 

力というのは,研究能力に加えて,精神的な強さや身体の強さも含む. どんなに努力をしても報われず思い通りにならない力というものがあると思う.

Oct_21_001今日も,部屋からダイヤモンドヘッドを見てため息をついていた.

こうやってホノルルの景色を見ながらため息をつく生活が後どのくらい続くのだろう.

「でもそんなの関係ねぇー」っていうのが今,日本ではやっているらしい. どんな人がこれをはやらせたのかは不明なのだけど.

「inputよりoutput,でもそんなの関係ねぇー」くらいでいいか.

おっぱっぴー.

(と大学生の人たちがmixiでよく使っているのでまねしてみた)

やっぱり研究には向いてないかもしれない.

|

« hospitality at the hospital | トップページ | second life »

コメント

なぜか、こちらに来てから、2人の先生が授業中に、「研究をしていくにはまず健康管理に気をつけて」といいました。

「フランス人のアメリカ研究者Tocquevilleは病弱だった。残念!長く生きていたら更なる研究成果を挙げただろうに。」だって。

中国で社会学の権威の先生はもう90歳なんだそうです。長生きしていればoutputも増えるってことなんでしょうね。

それにしても中国人の研究者は特に健康に注意しているんだろうか。博士課程の学生への連絡事項メールの最後にも、みんなちゃんと運動して健康に気をつけようね!という内容が書かれてます。

satchyも中国式で行きましょう。お体を大切に!

投稿: Hitomi | 2007年10月22日 (月) 20:55

【Hitomiさん】
中国の方って元気で強い方が多いと思います.特に女の人.

やはり健康が一番ですよね.メールの最後に書く挨拶は中国語でなんて言う(書く)のかちょっと気になりました.「身体健康第一」みたいな.

そういえばレポートは全部漢字なんですね.パソコンはローマ字入力なのだろうかとかそぼくな疑問がたくさんあります.

発音も難しそう.わたしは中国では生きていけないと思います.Hitomiさんはすごい.

身体健康第一でがんばります.ありがとうございました!

投稿: satchy | 2007年10月25日 (木) 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« hospitality at the hospital | トップページ | second life »