« ちいさなしあわせ | トップページ | output rather than input »

hospitality at the hospital

とうとう病院に行って来た.

頭痛に加えて目が痛くなってきた.

痛いとこだらけ.

ほんとにいやになる.

やはりどこまでもどこまでも痛めつけられているような気がする.

頭痛は自分で何とかするしかないと思っていたのだが,目が痛いのはがまんできなかった.

目元がだんだん腫れてきて目の縦幅が通常の2分の1くらいに縮んでしまった.朝起きたときに鏡を見てとても恐ろしい顔が映っていたので恐怖におののいたがそれはまぎれもなく自分の顔だった.

目が腫れていなくても普段から朝起きたときの顔は怖いものがありますよといわれてしまうかもしれないが.

それはさておき.

日本人のドクターのいるクリニックに行って来た.

日本でも病院には眼科と皮膚科以外行ったことがないから緊張した.

でも先生がとてもいい人だったのでほっとした.

なんと同郷の人だった.神戸出身.そして同じ大学に通っていたらしい.

阪急六甲駅や鶴甲団地などかなりローカルな話題で盛り上がる.

恩師の先生に再会したような気持ちになった.

黙って人の話を聞いてくれる人で,とても久しぶりに包み込むような優しさに触れたような気がする.

質問が上手な人で,質問に答えているうちに頭痛とあまり関係ないことまで話してしまった気がする.先生は内科で,メンタルなケアは専門ではないはずだけれど.

目も診てもらった.先生は内科で,眼科医ではないはずだけれど.結膜炎だった.「手をよく洗ってね」と言われてしまう.はい気をつけます.というか小学生か.にゃー.

頭痛に関する診察もしてもらった.それがメインのはずだったのだけれど.CTスキャンを撮ったほうがいいかなと言われる.でも,アメリカの病院でCTスキャンをとるのはとてもお金がかかるらしい.アメリカのドクターは病院には所属せず個人でオフィスを借りて診療を行っているらしく,MRTなど医療機器が必要になった場合,それを病院に「オーダーする」のだという.入院ということになった場合,費用はドクターと病院両方に払わなければならないという.

アメリカの医療費が高額である理由が分かった.日本の病院は便利だと思う.

CTスキャンをどうするかこれから決めなくてはいけない.しかしその前にとりあえずもっと休みなさいと言われる.しばらく勉強は禁止とまで言われてしまう.そう言われましてもですね.そうしたいのはやまやまですが.今週末は因子分析とプロジェクトのプロポーザルを仕上げなければならないし.

と思っていると,先生がゴスペルのコンサートのチケットをくれた.誰かと一緒に行けるように二枚.

優しすぎる.

ここ数ヶ月ずっと痛めつけ続けられてきた気がするが,ここに来てようやくやわらかいクッションの上で休むことを許されたような気持ちになった.固く凍り付いていた雪が春が来て静かに解けていくように,はりつめていたものがすーっと消えていくような気がした.

頭痛が一瞬だけ治った気がした.

鎮痛剤をいただいたのでしばらくはそれで処方することになった.たぶんplaceboだと思うけれど.

それよりも,こうやって凍りついた雪が解けていくように誰かに理解してもらえるような,他者からのattachmentを感じられるような環境で過ごすことによって頭痛は完治するような気がした.

久しぶりに包み込むような優しさに触れることができて心が休まった.

|

« ちいさなしあわせ | トップページ | output rather than input »

コメント

よかったですね。わたしもほっとしました。
ゴスペル楽しんできてください!

CTですが、保険が効けばそうでもないのかもしれないけれど、Billが来て見ないと正確にいくら払うのか分からないのがアメリカの保険システムという気がします。

鎮痛剤とゴスペルと優しいお医者さんの力で治りますように。

投稿: Hitomi | 2007年10月21日 (日) 19:22

頭痛は困ったものですねー。。
とりあえず鎮痛剤で落ち着くといいのだけど。。

勉強もホント無理せずに。
中途半端に。
適当に。
話半分に。(??)
わたしを見なさい!!!

年末日本に帰ったときに、短期だけ
国保に加盟して、あちこち検査したらどうかな。
横浜でやってみない?
いい病院あるんだけどーってわたしゃポン引きか?キャッチか?
しかし知ってる病院だとうそのように物事がスムーズに流れるので、ご一考を。


投稿: せつこ | 2007年10月21日 (日) 19:27

satchy先生

ご無沙汰しています。
おかげさまで開催校として迎えた学会のほうも無事終了しました。

痩せたのですが、食欲の秋ということですぐにリバウンドしてしまいました・・・(汗)。

健康第一ですから、しっかりと食べて、寝て、そして病院に通ってくださいね。

投稿: 鹿太郎 | 2007年10月21日 (日) 20:11

こんばんは!
病院にいかれたことを知り、ほっとしています。
やさしそうな先生でよかったですね。
なかなか休めないとは思いますが、休める時は休んでくださいね。

投稿: American Mike | 2007年10月22日 (月) 20:10

頭痛=精神的なもの・・・・
っていう事も多いけど、良い先生に巡り会えてよかった~
雪が溶けていくようにかぁ~
私もなんだか嬉しくなりました。頑張って!

投稿: タロママ | 2007年10月23日 (火) 09:59

【Hitomiさん】
Hitomiさん,こんにちは.

ありがとうございます.

アメリカの医療制度がいまいちよくわからないでいます.

今回は全額自己負担になってしまったのだけど,領収書を保険会社に送ったらいくらか返ってくるかもしれないし,返ってこないかもしれないし,でもとりあえず送ってみるべしということでした.なんかよーわからんけど,言われたとおりにしてみます.

治療が長くなりそうだとやっぱり日本の病院がいいなと思います.

【せつこさん】
せつこさん!

ありがとうございます.

横浜にいい病院があるんですか.ポン引き...笑いました.でもさすがせつこさん,ネットワーク広いですね.

帰国中だけ国保に加盟できたりするんですか.

またお話聞かせてください.

横浜は病院以外のところにも行ってみたいです.

【鹿太郎先生】
先生,こんにちは.

学会おつかれさまでした.運営側がどのくらい大変かというのは自分も少し経験があるのでとてもよくわかります.やせますね,ほんとに.

食欲の秋ですね.リバウンドなんて気にせず,おいしいもの堪能してください.周りにおいしいお店がたくさんあるのでいいですね.うらやましー.

先生もお元気で.

【American Mikeさん】
Mikeさん,こんにちは.

今感じているしんどさを外国語でうまく伝えられるどうか自信がなかったので(日本語でもうまく伝えられない状態だったので)日本人のドクターのところに行きました.日本人同士だと,言葉にならない部分も汲み取ってもらえるので体調が悪いときはほんとにありがたいなと思いました.

あと二ヶ月がんばれば休みに入ります.それまでもう少しがんばります.

ありがとうございました.

【タロママさん】
タロママさん!

ありがとうございます.

ドクターは,タロ父さんのような,お父さんみたいな温かい人でした.

温かさに包み込まれてほんとに雪が溶けていくみたいな感じでした.

いろいろ心配かけてしまってすみません.

学園祭のひまわりの男の子の写真がインパクトがありすぎて,時々ふと思い出しては吹き出しています.タロママさん,ナイスです.大好きです!

投稿: satchy | 2007年10月23日 (火) 18:23

アメリカの保険制度は保険会社に有利なシステムなんですよー。

簡単に言うと、病院が保険会社に請求できる医療費は、項目ごとに上限が決められているんです。しかし、何の保険にも入っていない個人には上限がないため、実費(?それとも取りたいだけ?)を請求できるシステムなんです。

したがって、保険が適用された場合は、保険会社は病院が請求した金額の何パーセントか(保険の規定するパーセンテージ)を病院に支払い、被保険者は、その残りを病院に払うのです。

つまり、今回のケースは、satchyさんの入っている保険は適用されないんですよね。でも、satchyさんは医療保険に入っているので、病院は、satchyさんに対して、保険会社に請求する金額しか請求できないかもしれない(断定できないのがアメリカの保険 泣)ということなんだと思います。

なので、もしも、もうすでに実費を自己負担しているのなら、satchyさんの入っている保険会社が、病院に取りすぎだ!と請求して、少しsatchyさんに戻してくれるかもしれない、という意味だと思います。

でも、もう支払い済みならば、戻る可能性が高いとは思えないんだけど。

やっぱり、日本の健康保険制度のほうがいいですよね。

投稿: Hitomi | 2007年10月24日 (水) 14:03

たびたびすみません。

さっき、「少し戻してくるかもしれない」と書きましたが、実費と保険会社請求額の差額分を戻してくれるかもしれないという意味です。説明下手でごめんなさ~い。

投稿: Hitomi | 2007年10月24日 (水) 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちいさなしあわせ | トップページ | output rather than input »