« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

Oahu's hidden treasure

Sep27_007今日は土曜日.

マノアの山の中にあるWai'oli Tea Roomというカフェに行きました.

木々の生い茂る森林植物園のようなところにぽつんと看板が立っていて,その横の道を登っていくと白い建物とチャペルがありました.

まさにオアフ島のhidden treasureという感じ. 

Sep27_003ランチにベーコン&レタス&チキン&トマトのサンドイッチを食べました.

がっつり.

アメリカンサイズでした.

食べても食べても減らないので,途中,ハトに略奪されそうになりました. オープンカフェでの食事に付き物といえば,オーストラリアでは「ハエ」でしたが,ハワイでは「ハト」です. この島には本当に多くのハトポッポが生息しておりその数はおそらく人口より多いと思われます. ですので,ハワイのハトッポッポたちは人間より自分たちの方が偉いと思っていて,人間を怖がりません. ぽっぽっぽ.

Sep27_002

そして,デザートにマンゴ・ムースを食べました.

がっつり.

アメリカンサイズでした.

見た目の美しさにはこだわらないところもアメリカンだと思いました. 四箇所に無造作に置かれた赤いソースの意味について考えてしまいました. 東京の資生堂パーラーではこのようなケーキにお目にかかることはないような気がしました. 

食べても食べても減らないので,またハトッポッポに襲われそうになりました. ぽっぽっぽ.

ハトポッポとアメリカンサイズのことはさておき,サンドイッチもマンゴムースもとてもおいしかったです.

オアフ島といえば,ワイキキの海がまず思い浮かびますが,マノアの山もなかなかよいところです.

Sep27_008久しぶりに空を見上げてみました.

ハワイの空はいつも青くてきれいです.

雨がよく降るので緑もきれい. lush greeneryという感じ.

今日はひさしぶりにリラックスできました.

| | コメント (3)

slowing down the pace

元通りの元気な自分に戻るのに時間がかかっている.

勉強にも影響が出始めていて,このままでは全部中途半端になってしまいそうなので,今学期は4科目履修していたのだけれど,一つ減らして3科目に集中することにした. そして,そのうちの一つの授業のプロジェクトを来年のSSLWで発表できるよう頑張ることにした.

できるだけ早くコースワークを終わらせようと焦っていたのだけれども,ちょっとペースを落とすことにした.

そしたらちょっと気持ちが楽になった.

焦っていろいろなことをやっても急に力がつくわけではないし.

もともと頭もそんなによくないのでキャパシティにも限界があるわけで.

先週末,某ジャーナルのエディターから論文の審査結果が届いた.

コンポジションのフィールドでは世界的に名の知れたジャーナルに果敢にも挑んだわけだが,やはり世界の壁は高かった.

二人のreviewersからのコメントも一緒に送られてきた. とても勉強になった. でも,わたしにはこれ以上このトピックを膨らませていける力がないし,新しい視点を取り入れられるだけの経験もない. 書き直してまた投稿というチャンスもないわけではないけれど,そのためには,もっとコンポジションのフィールドでの経験が必要な気がする.

2007年は何も出版できずに終わってしまうことになった. 2007だけ穴が開いてしまうのが悲しい. でも,これも自分の力不足なのだからしょうがない話で.

こんな出来事もあって,どうせ力ないんだし,焦ってあれこれやろうとしてもあまり意味ないなと思った.

だからペースを落とすことにした.

しかし,二人のreviewersの先生方には,「ご多忙中のところ,こんな論文を読ませてしまってごめんなさい.ほんまにすんません.」と土下座して謝りたい感じ.

論文が通らなかったなどというみっともないニュースを公共の場にさらしている自分は何者なのだろう.

でも,もういいのだ. かっこつけたってしようがない. どうせ力ないんだし.

最近,負けず嫌いを全面に出して「私はこんなにすごいのよ」光線を出しまくりの人をよく見かける. 話を聞く限り確かにすごいのかもしれないが,興味ないです. 負けとか勝ちとか別にどっちでもいいです. どうせわたしはできない人なのだし. 自分の話ばっかりする人は苦手です. なんかこんな無意味な競争社会がばかばかしく思えて,とても疲れてきたから,思いきり自分の能力のなさを露呈してみた. 

| | コメント (7)

headache

結局,病院に行けないまま週が明けてしまった.

ホノルルの病院だとどこに行けばいいのだろうと人に聞いてみたりググってみたりしたけど,今の症状だとどこの病院が適切なのか結局よく分からなかった. 

それに外国の病院にひとりで行くのがちょっと怖かったりする.

何か大きな病気だと分かったとき誰かの肩をかりて泣きたいと思うが,誰の肩もない.

そんなのはさみしすぎる.

とりあえずもう一週間様子を見てまた考えよう.

今日は朝からTextSTATと格闘していた.

コーパスの授業でこのTextSTATというソフトを使っている. regular expressionsとかpart-of-speech-tagsを使って,指定された品詞や単語の頻度を調べるというのをやっている. \b[a-zA-Z0-9+]\bとか書いたりしている. 言語学というよりはプログラミングのスキルが求められているような気がする. 月曜日の1時間半のレクチャーを受け,水曜日のラボでいきなり難解なsearch patternsを書かせるという,まじですか?といった感じの残酷な授業. 

1時間半の授業だけで「わかれー,わかるのじゃ!書けー,書くのじゃ!」と言われましても. 仕方ないのでとりあえずああでもないこうでもないといろんなフォーミュラを考えて打ち出してみる. たいてい"0 hit"となり,そのたびまじですか?と泣きたくなる. 時にはあまりにもおかしなフォーミュラだったためにソフトがクラッシュしてしまい,まじですか?と泣き崩れたくなる. 

先生は若くて男前で性格もよく頭もいいというパーフェクトな人なので誰も何も文句は言わない. それがちょっとむかつくのだけど. 先日,アラモアナショッピングセンターでガールフレンドと手をつないで歩いているところを目撃してしまった. なんかしらんけどむかついた. 

そんなこんなで今日はTextSTATと格闘する一日となってしまった. 

レクチャーでは新しい項目に入りますます難解になってきた. 「わかれー,わかるのじゃ!」と言われましても,もう無理なような気がいたします. 今度の水曜日は何を書かされるのだろう. 若くて男前だからって調子に乗ってる. むかついてきた.

頭痛は治らないような気がしてきた.

| | コメント (3)

trying to get back on track

少し回復してきたので,木曜の夜からPCに向かい,必死になってMANOVAのレポートを書き上げる.

統計がおもしろくなってきた. 答がひとつで求める対象がはっきりしているので,分かったときに分かったと自身ではっきりと認識できるのがよい. また,精神論とか観念論の入る余地のない論理明快さがとても気持ちいい. 理系に向いているのかもしれない. 遺伝子的にいうと半分は理系の血が流れているのだし. と,やや調子に乗り始めている傾向あり.

二日遅れてMANOVAのレポートをHeck教授のオフィスに持っていく. 顔はこわいけどとても優しいHeck先生. 学会発表があってレポートが間に合わないかもと事情を説明すると,"No worries. It's not a big deal."と言ってくれた. ほんとにいい人. 少し立ち話をして,ここぞとばかりにリサーチメソッドについての質問をしたら,scalingの参考書を紹介してくださった. ラッキーだった. 早速Amazonで購入.

Tblt 今日は土曜日. 相変わらず頭痛がひどくて休もうと思ったけど,ハワイ大でTBLT conferenceが開催されていて,二年に一度のチャンスということもあって参加してきた. 

森(キャンパス)を抜けて,East West Roadに出たところにあるImin International Conference Centerという国際会議場がTBLTの開催場所. このあたり,普段あまり通らないけど緑にあふれていてまぶしいくらいの美しさでした.

会場で,東京の大学で仕事をしていたときに同僚だった先生と再会. その先生の共同研究者の方々を紹介してもらって,一緒にランチをとったりして,とても勉強になったし楽しかった. いろんな発表を聞いて刺激も受けました. もっとやらなきゃなぁと思ったり. PhDの先輩方が学会運営のアシスタントをされているのを見て,えらいなぁ私にはできないなぁと思ったり. 世の中には素晴らしい人たちがたくさんいるのだなぁと改めて思ったり. 

休まないで学会に参加してよかった.

この調子でget back on trackといきたいところです.

しかし,頭いたい.

今日も学会中,頭が半分にパカっと割れてしまうんじゃないかと思うくらいの激痛が襲ってきた. いったい何なのだろう,この頭痛の原因は.

やはり病院に行ったほうがいいのかな. 病院に行く習慣がないから何かこわい.

というか最近,痛いだのしんどいだの泣き言が多くて,心配かけてしまってすみません.

私にとって書くことはtherapeutic effectがあり,文章にすることで気持ちが休まります. 

正直に書きすぎなところがありますがお許しください.

| | コメント (4)

still unwell

Sep16_002

風邪と頭痛が治らなくて困っている.

同じ階に住んでいる日本人のお友達が風邪薬や梅干しなどをもってきてくださった.

ほんとにありがたい.

こんなに優しい人たちと知り合えて,これだけでもハワイに来たかいがあったと思う.

こんなものまで写真撮ってる変なやつと言われてしまいそうですけれども. 変なやつなのですけれども. とてもうれしかったので忘れないように写真撮っておこうと思いました. ありがとうございます.

火曜日にハワイに戻ってからますます体調が悪化して,この二日間は起き上がることさえできず,とうとう授業を休んでしまった.

授業休むのはあまり好きじゃないのだが,今回だけは無理だった.

学期中の学会発表と海外遠征はわたしにはやっぱりきつかった.

休んでいるとどんどん遅れをとってしまう. すでに提出期限を過ぎている課題がいくつかある.

でも,とてもしんどくて頭が働かない.

困りました.

どうしたらいいのだろう.

体力が衰えてきているのかな. こんなに体が疲れることをこれまで経験したことがなくてどうしたらいいのか分からなくなっている.

健康で元気な体が今いちばんほしい. 

| | コメント (7)

空港にて

三日間の学会が終わり、これからホノルルへ。

学会ではたくさんの人たちと知り合いになれてよかった。

Kobayashi & Rinnertの発表はおもしろかった。

Miyuki Sasaki先生と名刺交換もできた。

大変実り多いものだった。

しかし、たくさんの人と知り合いになった分、見なくていい裏社会を見てしまった気がする。

ちょっとしんどいなと思った。

そして、三日間はりつめていた緊張の糸がぷつんと切れて疲れがどっと出てきた。

気力で抑えていた風邪がまたぶり返してきた。

昨夜は帰宅中突然大雨にみまわれずぶぬれになった。

ずぶぬれになりながらなんか知らないけど涙が出てきた。

神様はどこまでもどこまでもわたしを痛めつけるのだなと思ったりした。

何で私だけこんな目にあわなければいけないのかと思ったりした。

2年前の今日この世を去ってしまった友達のところに行きたいという気持ちが出てきてしまうのはよくないことなのだろうかと思ったりした。

自力で生きていくというのは容易なことではないと最近思う。

がんばってもがんばっても成果が出ずお金も入ってこず責任は全部自分にふりかかってくる。

つらくてもしんどくても自分で自分をケアしなければならない。

海を越えてでも支えるために傍らにいてくれるとか言ってくれる人がいればよかったなと思う。

もうホノルルに帰りたくないと昨夜思った。

でも、谷亮子選手が金メダルを取った瞬間を見て、このすさまじい精神力をわたしも見習わなければならないと思った。

だからホノルルに帰ろうと思った。

今の気持ちを忘れないように空港でこのエントリーを綴っている。

ところで、マイルがたまってユナイテッドのプレミアになれた。

プレミアになるとカウンターの人の扱いがぜんぜん違う。

生きているとこうやっていいこともあるんだ。

7時間後にはホノルルに到着する。

またがんばらなければならない。

| | コメント (10)

発表が終わった日

発表が終わった。

ちょうど一年前に始めたプロジェクト。今日こうしてSSLWで発表できたことで、一年間取り組んできたことを一つの形にできたような気がする。

Sslw_002学会が終わって、先生と一緒に名古屋学院大学を出て駅に向かわずに反対方向に歩いていくと、「白鳥物語」というすごく素敵なレストランを見つけて、中に入ると煮物とかお魚とか和食のビュッフェがあって、デザートコーナーにはわらびもちがあったりして、すごくおいしくてとても幸せな気持ちになって発表のごほうびをいただいた気がした。

勝手にごほうびとか言ってますけれども。

Sslw_003なんだかなぁ...

発表してよかったと思うけど、あまり達成感はない。

レベルの低さをひしひしと感じてしまった。

でも決して手を抜いているわけではない。あれが自分にできる精一杯だった。そのことがさらに追い討ちをかける。

頑張ることや努力することだけではだめなところに来てしまった気がする。

それにしてもつかれた。

| | コメント (4)

ハワイでかぜをひいて心細くなっている人

Sep3_002 常夏のハワイで風邪を引いてゴホゴホいってる人がいる.

週末から熱が下がらずフラダンスじゃないけどフラフラしている.

ノドがいたくてイガイガしている.

普段から遅い頭の回転がさらに遅くなりイライラしている.

大事な学会前にこんなことになるなんてついてないとメソメソしている.

ひとりなので病気になると心細くてシクシク泣いている.

「こんなときに....たらいいのにな」

というはかない願望がグルグルと頭の中をかけめぐる.

「結局その程度の存在なんだよ.早く気づけよ.」

もうひとりの自分が夢見ている自分に語りかける.

頭の中で分かっていても理性と感情のコントロールが難しい時がある.

要するに寂しいんだ.

寂しい.

病気になったらよけいに心細くなって寂しくなる.

寂しいから「こんなときに....たらいいのにな」と夢見てしまうのだ.

でもどうしようもない.

寂しいけど自分にとって今何が一番大切なのかということは見失わずにいたい.

そうでなければすべてのものを失くしてしまう気がする.

今週末は学会で日本へ. 寂しいとか言ってる場合じゃなかった.

| | コメント (10)

Week 3 終了

三週目が終わった.

くたくた.

4科目履修して研究もしてという生活がちょっときつくなってきた.

毎日くたくたになっている.

毎日吸い取られていっている感じがする.

きつく絞られて水分がなくなった雑巾みたいに思えてきた.

夜は夜でカナシバリにあうようになってしまった. ぐわーんという耳鳴りがして体が動かなくなる. カナシバリってこわい. だからあまり眠れない.

いったい何が楽しくてこんな生活を送っているのだろう

とよく思う.

けれども,朝になるとむくりと起き上がってやっぱり大学に行っている.

支えているのは逃げたくないしあきらめたくないという信念だけだと思う.

違う支えがほしくなることもある.

でも仕方ない. 自分で選んだことだし. 自分の人生は自分で舵を取っていかないと.

去年から同じようなことをいつも言っている気がする. 自分を奮起させるための場としてブログを使わないでいいような,心にゆとりを持って暮らせる日々がいつか訪れてほしいなと思う.

| | コメント (8)

今日のワイキキ

9月の第一月曜日はLabor Dayで祝日です.

Sep3_001大学もお休みなのでワイキキに行きました.

でも目的地はビーチではなく例によってスタバです. 水着ではなくPCと本を持って. 

同じようにPCを持ち込んで勉強している人々がいるスタバがあって,そこに行くと程よい緊張感のおかげで仕事に集中できます. 今日は朝から晩までそのスタバで資料を作ったり原稿を書いたりして過ごしました.

アメリカのスタバでは注文した後に名前を聞かれます. コーヒーができあがったら名前を呼んでくれるシステム. アメリカなのでたいていファーストネームを言いますが,日本人観光客の方はYour name?と聞かれたらやはり日本式にファミリーネームの方を言ってしまうようです. もちろんそれで全然問題ないのですが. でも,今日スタバで,「ヤマモトー!ヤマモトー!」ってアメリカ人のスタバ店員が叫んでいるのを聞いてなんかおもしろいなと思いました. ちなみに先日は「フルカワー!フルカワー!」でした. 山本さんと古川さん. 呼び捨てにされるとちょっといやですね. アメリカ人には分からないのでしょうが.

Sep3_004山本さんと古川さん,ネタにしてしまってすみません.

山本さんと古川さんの話はさておき,海がとてもきれいでした.

日差しがとても強いけれど,さわやかな気持ちいい風が吹いていて,ハワイはいいところなんだなと改めて思いました.

今日,仕事中にふと「この木何の木気になる木」でおなじみの日立の樹があるモアナルア・ガーデンに行ってみたいと思いました. 

学会が終わったら行ってみたいです.

山本さんと古川さんは見に行ったのかな. まだ言っている.

| | コメント (4)

Week 2 終了

二週目が終わった.

くたくた.

新しいプロジェクトのために新しいことをいくつか始めたこともあって,たくさん本を読まなければならないし,理解に時間がかかるので考える時間も増える. 具体的には寝ている時間以外はいつも何かを読んでいるか書いているかそうでなければ何かを考えている.

読めー,読むのじゃ. ピシっピシっ.

考えろー,考えるのじゃ. ピシっピシっ.

な毎日.

ムチ打たれる毎日.

あるセミナーでブログを使用したインタラクティブな授業が展開されている. book reviewをブログに投稿しクラスメイトとシェアするというものだ. コメントなども自由に書き込める. こうしたインタラクションを通して共に学び成長していくことを目指すsociocultural approachである. クラスメイトのreviewから学ぶことは多い. セメスターが終わってもWWW上にこのブログを残しておけるという点で,クラスメイト全員が参加して作り上げたブログが一生の財産になるのだろう.

このようにブログを使用したsociocultural approachには良い面がたくさんある.

しかし,良い面ばかりではない.

ethicalな面での問題点もたくさんあると思うが,それらはほとんど議論されずに良い面ばかりが強調され流行となり,教室現場で使用されていると思う.

従って良い面があることも認めつつ,わたしはブログを使用した授業というのがあまり好きになれないでいる.

好きになれないことを強制的にやらされるのはストレスになる.

といいつつ,ちゃんと二つ目のreviewも投稿しましたけど.

そんなしんどさもあって,統計やテスティングやコーパスの授業の論理明快さが心地よくなってきた. インタラクションを強制されることはないし,一人でじっくり思考する時間を持たせてくれる. 

でもMANOVAは難しい. 早速,9月19日にレポート提出になっているけど,9月1日の時点でほとんど分かっていない状態ですけど,どーせーちゅうんでしょうか.

9月15日から18日まで学会で日本に帰国することになっているのに. 飛行機の中でレポートを書くことになるのだろうか. チキンかビーフかとか言ってる場合じゃないぞ. がおー.

そいでもってその学会準備がほとんど進んでいないことも苦しみの原因になっている. 今週末と来週末が勝負だ.

そんなわけで,9月19日まで

考えろー,考えるのじゃ. ピシっピシっ.

書けー,書くのじゃ. ピシっピシっ.

な毎日となりそうだ. 

しかし学会といえども日本に帰れるのはうれしい. おいしいメロンパンが食べたい.

| | コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »