« interstice between Hawaii and Japan | トップページ | 他人の人生にアドバイスするということについて »

日本語について思う

二本目の論文がもうちょっとで完成しそうと思っていたら、某学会のえらい先生からメールが送られてきて、学会のニュースレターにのせる原稿を書いてほしいと頼まれる。 締め切りは7月末。 わお。 先生のメールは、「原稿を書いていただけますか? (中略) それではよろしくお願いします。」で締めくくられていた。 「書いていただけますか?」とたずねた後に、「それではよろしくお願いします」というのは、要するに依頼文ではなく、「書けよ」という命令文なのだと気づく。 そして、日本語の「よろしくお願いします」は非常に便利な言葉なのだと改めて気づく。

日本(関西)に帰ってきてから、人々が「ちゃうちゃう」言ってるのがとても気になる。 「番号間違ってるんちゃう?」「いや、間違ってないんちゃう?」。 今日JRの中で聞いたおばちゃんの会話だ。 関西では「~ちがう?」のことを「ちゃう?」というのだ。 丁寧語の「~ではないですか?」は「~ちゃいますか?」となる。 それでは次の標準語をカジュアル関西弁に訳してみる。 前からチャウチャウ犬が歩いてきたとする。 (標準語)「あれはチャウチャウ犬ではないでしょうか?」「いえ、チャウチャウ犬ではないのではないでしょうか?」 ⇒ (カジュアル関西弁)「あれチャウチャウちゃう?」「チャウチャウちゃうんちゃう?」 となる。 

ばかばかしい。 

しかし、関西を離れるまでは、日本人はみんな「ちゃう?」と言うのだと思っていた。 この6年ほどで外国も含め関西圏以外に住んだおかげで、関西弁をこれまでとは違う「ものさし」で分析できるようになった。  最近、特に耳につくのがこの「チャウチャウちゃうんちゃう?」の「ちゃう」だ。 チャウチャウ犬はもういい。 東京の友達は「ちゃう」って言わない。 そして、これに関連してもう一つ言わせていただくと、東京の男の人はとても美しい話し方をする。 具体的には、文末に終助詞の「ね」とか「の」が付くことだ。 「ちょっと待っててね」とか「何してるの?」とか。 関西だと、「ちょい待っとって」とか「何やってるん?」って言うと思う。 男の人が「~ね」とか「~の?」とか言うのが、関西出身の私にはとてもフェミニンに聞こえるし何かドキッとしてしまう。 日本語も地域によっていろいろなvariationがあるのだなと思う。

July1_001_1 タイトルと関係ないけど、家で飼ってるメダカに赤ちゃんが生まれた。 

めちゃちっちゃい。 でも目がでっかい。 かわいい。

なんか癒される。 

しかし、この写真は、メダカの赤ちゃんよりタニシの方が目立ってしまっている。

|

« interstice between Hawaii and Japan | トップページ | 他人の人生にアドバイスするということについて »

コメント

関西弁でわたしが気になるのは

「血ィでた」「歯ァ痛い」「目ェ噛んで死ね」(失礼)などの
短母音長音化(いやこうは言わんだろけど)ですね。
これって他の地域の人にはかなり下品に聞こえるらしい。慣れの問題ですけどね。

東京、というより横浜弁で、「早く寝なさい」というとき「早く寝な」で止める、というのがあります。
イントネーションを聞けば感じをつかめるとは思うのですが
ヘタすると江戸弁で「てやんでぇ。早く寝なっ!」と言われてるかのような錯覚があります。
でも横浜のそれは、普通の上品なお母さんが子供に言うとき使われるのであります。
最初はびっくりしてなんて横浜は野蛮なところかしら、
こんなとこで子供は育てられない、なんて思いました(自分も港町・神戸の出身なのに)
が今ではすっかり慣れました。
港町は一般的に言葉が荒い、というのは本当ですね。
兵庫神戸のなんどいや、ですからね。

投稿: せつこ | 2007年7月 3日 (火) 11:14

おしさしぶりです!
なんだか日本に帰って来たせいか元気というか、楽しんでるみたいでそれが文章に感じられました。
思わず、一人で笑ってしまいちょっと幸せな気持ちになりました!

また、笑わせてくだされ。

投稿: ピクシエスタ | 2007年7月 4日 (水) 01:45

【せつこさん】
おもしろいお話をありがとうございます。

>港町は一般的に言葉が荒い。

ふーん。横浜にもそんな方言があったんですね。神戸だと「はよ寝ェや」でしょうか。

ところで、「てやんでぇ。早く寝なっ!」と一度でいいから江戸っ子さんに言われてみたいです。かっこよいですねェ。

【ピクシーさん】
どーもです。お元気ですか。

日本に帰ってきてちょっと心が休まりました。自分の国はやっぱりいちばんだなと思います。

またピクシーさんに笑ってもらえるエントリーを書きたいと思います。

投稿: satchy | 2007年7月 5日 (木) 23:47

今は日本にいらっしゃるんですね!

実は私もはるか西の方の出身で言葉使いが多少荒いのです。子ども達の小学校では、関東(ほとんど東京)の方が多く、言葉使いがお上品で私自身四苦八苦することも。

ついでに子ども達の言葉使いも美しくなってます。夏にとーちゃん(夫)が来るのですが、絶対驚くに違いない。まさにJapanese varietiesです!

投稿: ねこたん | 2007年7月 8日 (日) 10:11

今は日本にいらっしゃるんですね!

実は私もはるか西の方の出身で言葉使いが多少荒いのです。子ども達の小学校では、関東(ほとんど東京)の方が多く、言葉使いがお上品で私自身四苦八苦することも。

ついでに子ども達の言葉使いも美しくなってます。夏にとーちゃん(夫)が来るのですが、絶対驚くに違いない。まさにJapanese varietiesです!

投稿: ねこたん | 2007年7月 8日 (日) 10:12

ねこたんさん、

お子様は標準語を習得されているのですね。おもしろいですね。学校で周りの人が使っている言葉に影響を受けるのですね。英語の習得と同じですね。

ねこたんさんのご出身地の方言やアクセント、私はとても好きですよ。

投稿: satchy | 2007年7月10日 (火) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« interstice between Hawaii and Japan | トップページ | 他人の人生にアドバイスするということについて »