« 羽田空港にて | トップページ | Paul Matsuda先生が神戸に来られた日 »

論文書けた

先学期のプロジェクトで作ったCALL教材についての論文が完成した。 

Brantmeier先生が「来週、North Carolinaに行く飛行機の中で読んであげるから送ってきなさい」と言ってくれたので遠慮なく送りつけてしまう。 

最近は、ジャーナルに投稿する前に、えらい先生をつかまえてフィードバックくれと論文を送りつけることが習慣になっているようだ。 なんだかんだいって根性すわっていると思う。 

自分としてはこのプロジェクトを今後も続けていきたいと思っていて、その第一段階として取り組んだことを形に残しておきたいので、どうしても出版したい。 

しかし、自分で「おもしろい」と思っていても査読者の方には「おもしろい」と思っていただけないものである。 わたしはまだそんなレベルなのだ。

論文は書いているが、研究らしい研究ができていない。 empirical dataをとって実験をしたいがフィールドがない。 早くコースワークを終えて現場に出たいと思う。 

そういえば、7月末が締め切りの原稿がもう一本あったのを思い出した。 おもしろいエッセイを書きたい。 でも、今は文字を書くのがちょっといやになっている。 そんなわけで今日はぜんぜん書けなかった。 (ブログは書いているのだが)

仕事は楽しいが仕事が趣味になってしまうと精神的に追い詰められたときに逃げ場がなくなる。 どこかに逃げたいと思うが逃げ場所がない。 だから仕方なく仕事する。 そんな毎日。 こんなんでいいのだろうか。 というかこんなふうにずっと生きてきたから今さら変えられないし、本当は変えるつもりもなかったりするのだ。 でも、なんか時々すごくやりきれない気持ちになる。 

|

« 羽田空港にて | トップページ | Paul Matsuda先生が神戸に来られた日 »

コメント

論文かけてよかったねー♪

SATCHYにとって、今の仕事はきっと
ライフワークなはずだよね。
そしたら、仕事=趣味って素晴らしいと思う。
それ以外のことは、趣味ではなくて、気晴らしでいいのではないかな。

そいで、積極的に気晴らしをしていくことは、
人間としてバランスをとるために、必要なことだと思います。

また一緒に気晴らししませう♪

投稿: せつこ | 2007年7月23日 (月) 00:16

【せつこさん】

バランスをとることは大切ですね。また一緒に遊んでください。

投稿: satchy | 2007年7月24日 (火) 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽田空港にて | トップページ | Paul Matsuda先生が神戸に来られた日 »