« Paul Matsuda先生が神戸に来られた日 | トップページ | 研究に関する大学院生の事情 »

教え子が結婚し夫婦になり親になり

10年前、バックパックを背負って予備校に通っていた「ゆみちゃん」という女の子と「ゆうさん」という男の子。

当時、私は院生をしながらその予備校で英語を教えていた。 ゆみちゃんもゆうさんも私の生徒だった(ぜんぜん先生らしくなかったけど)。 二人は付き合っていて、いつも一緒に勉強していた。

その二人が10年たって夫婦になり、そして、一歳の男の子のママとパパになっていた。

10年ぶりに二人に再会。 そして、お子さんにも。 ゆみちゃんにそっくり。 かわいい。 ゆみちゃんに似ているので余計にかわいく思える。

二人ともぜんぜん変わってなかった。 10年の月日が流れたなんて信じられないくらい。 でも、予備校生だった二人はあの後、大学に入り大学を卒業し社会人になり、そして結婚して夫婦になり子どもができて親になり… その変化と成長を思うと、確実に10年という月日が流れていたことを感じざるを得ない。

Yumi_008 10年前は、10年後に二人が夫婦になっているなんて想像もしなかった。 

そして10年後に自分が二人の子どもと公園で遊んでいる姿なんて想像もしなかった。

いやー、ほんと感慨深い。 

Yumi_009 そして、10年前は、10年後にゆみちゃんが手料理でもてなしてくれるようになるとは想像もしなかった。

ゆみちゃん特性のチンジャオロース。 ほんとにおいしかった。 立派なお母さんになってえらいよほんとにと思った。 この写真は一生の宝物です。 いやー、ほんと感慨深い。

自分が教えていた子どもたちが成長していく姿ほどうれしいものはないですね。 先生というのは素晴らしい職業だと思います。

それにしても、教え子にまで先を越されるようになってしまったのか。

ちと悔しいぞー。

でも、今はとりあえずハワイ大学が私の帰りを待ってくれているからそれで辛抱しましょう。 おーい。

|

« Paul Matsuda先生が神戸に来られた日 | トップページ | 研究に関する大学院生の事情 »

コメント

10年という歳月は、こんなにも変化するんですね・・・・
振り返っても、私は何も変わっていないなぁ・・・(あ!、いや・・・年をとって体も重くなった・・・・)
これから、先の10年。大事に過ごさなきゃ、また同じ事をしてるんだろうなぁ・・・・
10年について、かんがえさせられました♪

投稿: タロママ | 2007年7月27日 (金) 23:55

あっ!!!ご飯が逆だ〜〜〜〜!!
ミクシーさまさまでしたね。
10年ってでも環境は色々変わっているけど。。
何だろ・・・。。。。
中身は変わってなかった。そんな気がする。
3人+凛と話していて10年前となんら変わりなかったと思う。10年前にワ〜プしてたのかな?
とてもいい日々を過ごさせてもらいました。
ありがとうね。サッチー☆

投稿: ゆみこ | 2007年7月28日 (土) 23:05

【タロママさん】
こんにちはタロママさん。

高校を卒業してから30歳くらいになるまでのの間っていちばん変化のある年月なのかもしれないですね。その間に社会人になったり、結婚したり、親になったりという大きな節目があるからなんでしょうね。

わたしも自分自身の10年を振り返りました。基本的に中身はあんまり変わってないような気がしました。相変わらず弱虫です。

【ゆみちゃん】
こちらこそ、ほんとにいい一日を過ごすことができました。

二人と話していると時間が10年前にリセットされたような感覚になりました。でも、ゆみちゃんがキッチンに立っていたり、ゆーさんが日曜大工をしていたりする姿を見て、ああやっぱり10年たったんだなー二人とも大人になったんだなーってしみじみ思いました。

それに、凛くんの存在。なんかわからへんけど、凛くんが自分の甥っ子のように思えてしまったよ。かわいすぎる。

また会いましょうねー!

投稿: satchy | 2007年7月29日 (日) 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Paul Matsuda先生が神戸に来られた日 | トップページ | 研究に関する大学院生の事情 »