« 言語の恣意性について語らせていただく | トップページ | 日本語について思う »

interstice between Hawaii and Japan

帰国して3週間。 いろいろなことに気がついた3週間。 

大阪のアメリカ総領事館でJ1ビザの更新手続きをしたら、翌日の朝早くに新しいビザが自宅に届く。 めちゃ早い。 申請書類の準備はそれなりに時間がかかって大変だったのだけれども、ちゃんと読んだのだろうか。 読んでへんのとちゃう? 面接もかなり適当だった。 面接官のアメリカ人女性はいろいろ質問するわりには人の話を聞いていないようだったし。 しかし"Do you like Hawaii?"という質問に対して"No, I don't."と答えたところ、ここだけかなり食いついてきた。 よくわからない。 しかし、新しいビザが無事に取れてよかった。 これでまた8月から勉強を続けられる。 しかし、実はハワイになんかもう戻りたくないなどという気持ちも心のどこかにあったりする。 日本の生活は快適だ。 しかし、勉強や研究は続けたいし、始めてしまったことを途中でやめるわけにはいかないので、やはりハワイに戻らなければならない。 

そういえば、シャドーイングの教材にトム・クルーズのインタビューが載っていて、「中途半端はいやなんだ」ということを次のように語っていた。 "I can't do something halfway, three-quarters, nine-tenths. If I'm gonna do something I go all the way." (僕は半分とか、4分の3とか、9割とか中途半端なことはできない。もし何かやるのなら、僕は徹底的にそれをやる) "go all the way"(とことんやる)。 この言葉はかっこいいと思う。 一度決めたことは貫かなくてはならないのだ。 

日本に帰ってきたとたんに、ひざの裏とか首に湿疹ができてきた。 もともと皮膚が弱い方なので、毎年春と夏には肌のトラブルに悩まされていたのだけれども、ハワイに行ってからは肌のトラブルとは無縁になった。 湿度が低くて暑くても汗をかかないので肌の面ではハワイの方が合っているのだろう。 ここ数日で急に蒸し暑くなってなんかやりきれなくなっている。 汗を止める薬があったらよいのにと思う。 それにしても日本はこんなに蒸し暑い国でしたっけ。 なんか東南アジアと変わらない気候になってきたような気がする。 短パンにキャミソールにビーサン姿で歩けたらいいと思うけれども、日本ではそういうわけにはいかない。 ハワイにもいいところはあるのだと気づく。

日本にはつくづくモノがあふれていると思う。 街に出るとお店がたくさんあってモノがあふれていて目がチカチカする。 ハワイにもショッピングモールはあるけれども、店の種類と数は日本ほどバラエティにとんでいないし規模も小さい。 個人的には、日本のドラッグストアと電化製品店はすごいと思う。 なんでもある。 こんなのとかこんなのほしい。 日本は豊かな国なのだと思う。 そして、サービスは世界一だと思う。 店員さんが深々とお辞儀をしてくださる。 「おかげさまで」の精神の表れだ。 誇るべき日本文化だと思う。 

|

« 言語の恣意性について語らせていただく | トップページ | 日本語について思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言語の恣意性について語らせていただく | トップページ | 日本語について思う »