« ハワイ・ワードセンターにて執筆など | トップページ | これから社会人になる人たちへのアドバイス »

来学期からPhD in SLSに移る件について

現在所属しているEnglish DepartmentのPh.D. in Composition & Rhetoricのプログラムから,Ph.D. in Second Language Studies (SLS) の方へ移ることになりました.

ハワイ大学の中でのプログラム変更ですので,来学期からもハワイに残ることになります.

「早くアメリカにおいでよ」と言ってくださっていたアメリカ本土在住のみなさま.(ハワイも一応アメリカだと思うのですけれども) 結局アメリカには行かないことにしました. 

「来学期からどこに行くの?」と心配してくださっていた日本のみなさま. 結局ハワイに残ることにしました. 

トランスファーの準備にあたっては,たくさんの方々に相談にのっていただき,また励ましの言葉をいただいたりして,本当に助けられました. ありがとうございました. 

パデュー大学とアリゾナ州立大学とハワイ大学のSLSの3つのプログラムからオファーをいただき,どこに進むべきか1ヶ月ほど悩みました. パデューに行けばライティングに特化した研究ができる. アリゾナ州立に行けばライティングと応用言語学が共存したプログラムで研究ができる. ハワイ大のSLSは,TESOLとテスティング,リサーチ・メソッド関係の科目が充実しているし,他学部の授業も履修できるので,広い視野からライティング研究を見直すことができる. 

そして,いろいろ考えた結果,幅広くTESOLの知識を身につけ,さらにリサーチ・メソッドとテスティングの基盤ができれば,自分のフィールドをもっと広げていけそうな気がしたので,ハワイ大のSLSに進むことに決めました. 昨年,Second Language Writingの授業でお世話になったDr. Lourdes Ortegaにアドバイザーになっていただくことができました.

そして,現実的な問題として,今の私には,アメリカ本土に引越しするためのパッキングを一人でし,家探しを一人でし,新しい場所で生活するための様々な事務的な手続きを一人でし,といった一連の仕事をこなすための体力と気力が残っていなかったということもあります. この9ヶ月で私はすっかり弱ってしまいました. 生きているのがやっとという状態の日もあり,そんなときは誰か手伝ってくれる人でもいればなぁと思ったり.

いろいろと大変なこともありますが,こうして好きな研究ができる状況に感謝をしなくてはいけないと思います. そして,支えてくださっている方々がいることに感謝をしなくてはいけないと思います. 最近どうも「しんどい」とか「もういや」とかネガティブなことを口にすることが多くなっているような気がするので改めなければいけないと思います. こうして元気に生きていられることにも感謝をしなくてはいけないと思います.

来学期から新しいプログラムでまたがんばります.

|

« ハワイ・ワードセンターにて執筆など | トップページ | これから社会人になる人たちへのアドバイス »

コメント

ご無沙汰しております。ハワイに残ることにしたんですね。決断なさるまでいろいろ大変だったことと思いますが、どの道を選択するにしろ、最善の道がそこにあると、よく言います。がんばってくださいね^^。応援しております。

投稿: まるがり てつお | 2007年5月27日 (日) 00:30

がんばってください!
何もできませんが、応援だけはし続けます☆

投稿: berry | 2007年5月27日 (日) 06:14

SATCHYさん

私もこの9ヶ月間がむしゃらでした。辛いことも多く、人にあまり頼らない性分がたたってか、キツイ思いも多々ありました。

こんな時、ブリジット・ジョーンズを見習って「自分を笑う」ようにしています。「何やってんのー、お前」みたいな。お互い健康第一に頑張りましょう。

米国本土からも応援しています!

投稿: ねこたん | 2007年5月27日 (日) 10:32

SATCHYさん

私もこの9ヶ月間がむしゃらでした。辛いことも多く、人にあまり頼らない性分がたたってか、キツイ思いも多々ありました。

こんな時、ブリジット・ジョーンズを見習って「自分を笑う」ようにしています。「何やってんのー、お前」みたいな。お互い健康第一に頑張りましょう。

米国本土からも応援しています!

投稿: ねこたん | 2007年5月27日 (日) 10:32

SATCHYさん

私もこの9ヶ月間がむしゃらでした。辛いことも多く、人にあまり頼らない性分がたたってか、キツイ思いも多々ありました。

こんな時、ブリジット・ジョーンズを見習って「自分を笑う」ようにしています。「何やってんのー、お前」みたいな。お互い健康第一に頑張りましょう。

米国本土からも応援しています!

投稿: ねこたん | 2007年5月27日 (日) 10:33

そうだったんですかぁ~~
でもAll decisions are good decisions に決まっています。
and you make it happenです。
環境をあまり変えなくて正解かも。疲れますから。。
ネガティブね、私も自分がネガティブ王子ではないか、なんて思う今日この頃よ~~。
でも a negative times a negative equls a positive.ですから。
久々に映画Stand and Deliver(邦題堕ちこぼれの天使達)またの名をアメリカ版ドラゴン桜、からのセリフです。
ここでは単に数学的な意味ですけどね。

投稿: せつこ | 2007年5月28日 (月) 00:11

satchyさんお疲れ様です。私もネガティブになりがちですー。けど、せつこさんの

a negative times a negative equls a positive

を読んで、ネガティブも掛ければポジティブかぁ~、じゃあネガティブなときはネガティブ重ねればいいんだわ。無理しなくていいんだと思いました。

投稿: Hitomi | 2007年5月28日 (月) 12:03

【てつお先生】
こんにちは先生.お元気ですか.

いつもあたたかい応援メッセージをありがとうございます.

来学期から自分の研究の方向性と合った場所でさらに力をつけて,早く先生のように現場に復帰できればと思います.

お忙しい毎日を送られていることと思います.日記を楽しみにしていますので,また時々近況を聞かせてくださいね.

【berryさん】
何もできないなんてことはないですよ~.若いのにしっかりものberryさんには,いつも力をもらっています.

いつもありがとうね.

【ねこたんさん】
ありがとうございます.

ねこたんさんは私なんかよりももっと大変な9ヶ月だったことと思います.どうやって毎日のコミットメントをhandleされていたのかお聞きしたいです.

私もブリジットを見習ってポジティブに生きていきたいと思います.

ねこたんさんのアメリカ本土からの近況報告もいつも楽しみにしていますので.

【せつこさん】
a negative times a negative equals a positive.

なるほど,そう考えればいいのですね.そういえば,negativeなことが重なった後には,positiveなことが起こっているような気がします.人生ってそういうふうにできているのですね.

勉強になります!

いつもありがとうございます,せつこさん.

【Hitomiさん】
お元気されてますか.

そうですね,これまでの人生を振り返ると,確かに,ネガティブ×ネガティブ=ポジティブという構図でいろいろな出来事が説明できるような気がします.やっぱり人生山あり谷ありなのですね.

しんどいことも次へのstepping stoneと考えればいいのですね.

投稿: satchy | 2007年5月29日 (火) 15:20

お疲れ様でした。色々な選択肢がある中で、「ここ」って決められたのには色々理由があると思いますので、意志を強く持ってがんばってくださいね。応援しています。

投稿: American Mike | 2007年6月 6日 (水) 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワイ・ワードセンターにて執筆など | トップページ | これから社会人になる人たちへのアドバイス »