« ライティング研究の仲間にいれていただく | トップページ | 試験勉強にあたりプリントを整理してみる »

こんなハワイでの春学期最後の日曜

週末図書館にこもり,すさまじい勢いで重回帰分析のレポートを書き上げた. ふぅ.

重回帰分析は数学の世界なので,データを分析しているときは,普段使っている脳の部位とは異なる部位が働いているような気がする. 具体的には,右脳と左脳のありとあらゆる部分が使用されているような気がする. ここ数日,頭全体が何か重い物体に押さえつけられているように痛む. 

そして,頭マッサージがクセになってきた. 頭にはツボがたくさんあるのですね. これまで頭のツボを押さえてみることなんて一度もなかったのですが. ツボを刺激すると頭がとてもスッキリする. なんかオバサンみたいですか. 一人で頭マッサージをしている自分の姿はちょっと悲しいものがあると思いました. はぁ. せつないですね.

しかし,重回帰分析を学んだことによって,今後の研究に使えそうなとてもいいアイデアが浮かんだのだ. むふ. やはり教育系の学問に統計の知識は必要だ. 来学期はさらに上のレベルの統計の授業を履修することにした. 頭マッサージのクセは当分治らなくなるだろう. もはやオバサンだ.

April_12_004書いたレポートをもう一度見直すため,スタバに行く. アメリカのスタバの「ソーセージ&エッグ・サンド」はおいしいと思う. 最近のささやかな楽しみになっていたりする. よくスタバに行っているので店員さんとも知り合いになったり. でも,ひとり感じの悪い女性店員がいますが. 男性客と女性客で態度がガラリと変わる. 声のトーンも変わる. たとえば,注文した後,男性客には 笑顔で"Have a nice day, sir."とか言ってるのに,女性客にはだまっておつりを渡すのみ. UAの客室乗務員と同じだ. 「ビーフとチキンがございますが」と言ったときの顔がわたしにはとても恐ろしく見える. しかし,男性客に対しては,「ビーフとチキン」と言ったときのトーンが高くなるのだ. そしてすごい笑顔だったりする. 女ってこわいと思う.

プロフェッショナルであるべき場に,「女」を全面に出すことをわたしはあまりよろしくないことだと思っている. わたしは男子学生と女子学生で自分の態度を変えるようなことはしたことがない(と思う). 

そんなことを思いつつ,また頭のツボ押しをしてしまっている春学期最後の日曜の夜. あともう少し.

|

« ライティング研究の仲間にいれていただく | トップページ | 試験勉強にあたりプリントを整理してみる »

コメント

レポートお疲れ様でした。統計って何かすごい難しいそうで、実際難しいと思いますが、来学期もさらに上級のクラスをとられるとはすごいモチベーションだと思います。

頭マッサージいいですねえ。具体的にどのようにやられているのですか?今度ブログで紹介してください!

人間十人十色ですね。色々な人がいると思いますが、SatchyさんはSatchyさんらしく・・・でいいと思います。

あと後もう少しですね。Good Luck!


投稿: American Mike | 2007年5月 1日 (火) 08:57

American Mikeさん

ありがとうございます.

頭マッサージの紹介ですか.ちょっとはずかしいですね.

以前,「はなまるマーケット」(ご存知ですか?)で岡江さんとヤッくんが紹介していたことがあるんですよ.それを思い出してやってみました.

統計の勉強は頭痛を伴いますが,文系の私には,統計の論理明快さが新鮮だったりもします.せっかくイントロを終えたので次のレベルのものもやってみたくなりました.

投稿: satchy | 2007年5月 2日 (水) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/14900248

この記事へのトラックバック一覧です: こんなハワイでの春学期最後の日曜:

« ライティング研究の仲間にいれていただく | トップページ | 試験勉強にあたりプリントを整理してみる »